俳優リアム・ヘムズワースと破局後、新たな恋人としてリアリティ番組で知られるケイトリン・カーターとの“熱愛”が報じられていたマイリー・サイラス。しかしここに来て各メディアは、2人の関係があっけなく破局を迎えてしまったことを伝えている。

2010年公開の映画『ラストソング』での共演がきっかけで交際をスタートさせ、以降およそ10年の間に婚約、破局、復縁を経て、昨年のクリスマス直前にゴールインしたマイリー・サイラスとリアム・ヘムズワース。しかし2人の結婚生活はわずか8か月ほどで破局を迎え、そのあっけない結末は世界を驚かせた。

束縛されるのが嫌いで自由奔放なイメージのあるマイリーは、ある雑誌のインタビュー

「私は典型的な“妻”っていう括りにはおさまらないの。」

「世間は私がエプロン姿で夕食を作ってるなんて思ってないでしょう?」

「結婚した相手は異性だけど、女性にだって今でも性的な魅力を感じるわ。」

と明かした過去があるが、リアムとの破局報道直後には、マイリーとほぼ時を同じくしてパートナーのブロディ・ジェンナーと破局した友人ケイトリン・カーターと恋仲になり、休暇先のイタリアで2人のキス写真を激写された。その後もお揃いのファッションに身を包み外出する姿などが度々目撃され、ケイトリンはマイリーの“新恋人”と報じられてきた。

しかし現地時間21日には『Entertainment Tonight』など多数のメディアが、マイリーとケイトリンが早くも破局を迎えたことを伝えた。関係者が同メディアに明かしたところによれば、

「マイリーとケイトリンは、もう恋愛関係にはありません。2人は辛い時期をともに乗り越えようと支え合っていましたが、“友達”としての関係がベストとの決断に至ったようです。」

とのことだ。また『PEOPLE.com』は、

「マイリーは真剣な交際を望んでいません。」

「マイリーとケイトリンは毎日一緒に過ごしていましたが、マイリーはそんな生活を続けたいと思っていたわけではありませんよ。」

「今のマイリーはキャリアを最優先したいと考えているのです。」

と別の関係者のコメントを伝えている。

ケイトリンとの破局報道の翌日には、ラスベガスで開催された『iHeartRadio』のミュージックフェスティバルに出演したマイリー。全身を黒のレザーに包み、『We Can’t Stop』『Wrecking Ball』『Nothing Breaks Like the Heart』などを熱唱、渾身のパフォーマンスで会場を大いに盛り上げた。

わずか1か月半の間に2度の別れを経験したマイリー・サイラスだが、破局を芸の肥やしにし、エンターテイナーとしてさらなる飛躍を遂げることをファンも期待しているだろう。

画像は『Miley Cyrus 2019年9月22日Instagram「“I hate talkin shit but uhhhhh”」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト