4回1死満塁で山川が中前へ2点適時打を放つ

■楽天 – 西武(23日・楽天生命パーク

 優勝へのマジックを「3」としている西武が、欲しかった先制点を奪い取った、23日、敵地・楽天生命パークでの楽天戦。4回に山川の中前適時打で先制した。2連敗中と優勝へ足踏みをしている西武が優勝に向けて、主砲のバットでまずは先制に成功した。

 4回、1死一塁から楽天先発・岸から中村、外崎が2者連続四球を選び満塁のチャンスを作ると、6番・山川が初球のストレートを弾き返し中前に運んだ。2人の走者が生還し、先制2点適時打を放った。2人が生還したのを見届けると、山川は一塁ベース上でベンチに向かってガッツポーズ。ベンチのナインも身を乗り出して喜んだ。

 2点の援護をもらった西武先発・本田は、直後の楽天の攻撃を3者凡退に抑えるなど4回まで1安打無四死球の快投。試合の流れを作る投球を続けている。楽天に敗れてソフトバンクオリックスに勝つと、西武のマジックが消滅、ソフトバンクマジックが再点灯する重要な一戦。ソフトバンクが序盤で大量5点をリードしていただけに、大きな先制点になった。(安藤かなみ / Kanami Ando)

先制タイムリーを放った西武・山川穂高【画像:パーソル パ・リーグTV】