全国的に強風 被災地の千葉も注意を

北日本は大荒れ 暴風、高波にも警戒

画像

台風17号は今日(23日)午前9時、能登沖で温帯低気圧に変わりました。ただ、温帯低気圧に変わっても油断はできません。このあとも最大風速25m/sの勢力を保ったまま、北日本へ接近する見込みです。

今日午後1時までに島根県浜田市で35.1m/s、愛媛県西宇和郡伊方町34.8m/s、石川県金沢市は28.8m/sの最大瞬間風速を観測。関東でも東京で20.9m/s、被災地千葉市も21.3m/sの強風が吹きました。

今夜から明日(24日)にかけて、低気圧が北日本を通過するため、このあと低気圧が接近する北海道や東北を中心に暴風が吹き荒れ、瞬間的には35m/sに達する風が予想されています。沿岸の海域は波が高まり、東北の日本海側で6m、北海道は最大5mの波が予想されます。明日にかけて、北日本では暴風やうねりを伴った高波に警戒が必要です。

また低気圧から離れている千葉県など被災地も今夜遅くにかけて、陸上でも10m/sを超える強風が吹く予想です。復興作業に支障をきたす恐れもありますので、作業を行う際は十分に注意してください。千葉県内では30℃前後の暑さとなっているため、熱中症にも気をつけてお過ごしください。

全国的に強風 被災地の千葉も注意を