今まで付き合った年上の彼氏から「めんどくさい」と言われてしまったことありませんか?

それってもしかして、年上男性の気持ちを理解していないことが原因かもしれません。

具体的には、年下の彼女と付き合ってめんどくさいことというのはどういったことなのでしょうか。男性にお話を聞いてきましたのでご紹介します。

感情のコントロールができない

「感情のコントロールができない女性とかいるでしょ。そういうことって年齢とともに上手くなっていくもんだと思うんですけど、年下の彼女と付き合うと、そういう相手の感情に振り回されるのがしんどいです」(Mさん・27歳男性)

年上の彼氏からすると、年下の彼女が感情的になることが時にめんどくさいと感じる様子。

例えば、「会いたい」と何度もLINEを送ってしまったり、ちょっとしたことで不機嫌になり、「どうしたの?」と聞いても「別に」としか言わなかったり。

こういったことが続くと、「めんどくさい」と感じて別れを考えてしまうようです。

「仕事より私を優先して!」という態度

「俺も社会人の端くれですから、仕事よりも彼女を優先することってできないじゃないですか。彼女もそれを分かった振りをしながら、態度にそれが出てるとかめんどくさいなと感じます」(Nさん・28歳男性)

例えば、急に彼に仕事の電話が来て、予定していたデートキャンセルになってしまったとき、「ごめん」という彼に対して「仕事なら仕方ないじゃん」といいつつも、ぷいっとそっぽを向いてすねたりしていませんか?

「別に気にしてないけどさ」というセリフが気にしている証拠。彼が仕事をしやすいように送り出してあげた方が愛されることは間違いありません。

金銭的な負担

「年上の女性と付き合うよりも、年下の女性と付き合った方が金銭的な負担が増えるっていうのはあります。毎回デートは奢りとか、正直きつい」(Eさん・26歳男性)

社会人で普通に収入がある男性であっても、デート代を毎回奢るというのは負担になっていきます。

「たまには協力してもらいたい」と思っている男性も少なくありません。「たまには私が奢るよ」と言ってあげるだけでも印象が変わってきます。

「年上なんでしょ!」

「『年上なんでしょ!』ってセリフを言われるのはめんどくさいなって思います。それって『私の言うことを聞け』ってことじゃないですか。

じゃあ、言うことを聞いてくれる年下の男と付き合えばって思う」(Dさん・29歳男性)

恋愛の主導権を握ろうとして「年上なんでしょ!」と相手をせめるようにして自分の主張を通そうとするのはNG。

「『ダメかな?』って上目遣いで甘えるように言われると断れないです」という意見もあったため、こういった作戦の方がおすすめ。

いきすぎたワガママは「めんどくさい」のもと!

今回は、年上男性が年下の女性と付き合ったときに、めんどうに感じる瞬間をご紹介しました。

年下の女性のワガママというのは男性からすると可愛いものですが、いきすぎたワガママはめんどくさいと思われてしまいます。

なので、適度に男性に甘えるようにした方がいいかもしれません。

(草薙つむぐ/ライター

(愛カツ編集部)