23日は1次リーグ1試合

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は23日、1次リーグ1試合が行われる。D組で激突するのは、最新の世界ランクで4位に上昇したウェールズと同12位のジョージアだ。

レッドドラゴンズ」の愛称で知られるウェールズは、昨年3月のイタリア戦から14連勝中。欧州6か国対抗も全勝優勝するなど、近年の安定ぶりが光る。武器であるセットプレーを生かし、87年、11年と過去に2度泣いた準決勝の壁を跳ね返し、決勝進出をもくろむ。大会前には北九州ファンに歓待を受けたことも話題を呼び、日本の声援も力に変えたい。

 ジョージアは03年大会で初出場して以来、5大会連続5度目の出場ながら、すべて1次リーグ敗退。同組はオーストラリアウェールズの2強と目されているが、屈強なFW陣の奮起で番狂わせを狙う。(THE ANSWER編集部)

世界ランク4位のウェールズ代表【写真:Getty Images】