個性的な水面特徴で人気のボートレース江戸川。その江戸川水面を舞台に開催されるビッグイベントといえば、『開設64周年記念G1江戸川大賞』だ。9月24日から6日間にわたって開催される。この難攻不落な水面をリードするのは誰なのか? 出場予定選手からシリーズを探ってみたい。

 東京支部の中でも得意、不得意が分かれる江戸川。その中でも“江戸川鉄兵”こと石渡鉄兵の当地への思い入れは相当である。また、その実績も素晴らしい。過去に江戸川周年記念は55周年、57周年を制覇。また、オール東京支部による正月レース2017年から3連覇中。5月に行われたGⅡモーターボート大賞こそ準優止まりだったが、この男が優勝戦線の中心にいるのは間違いない。

 その石渡の背中を追って着実に発展しているのが、弟子の若林将。この江戸川大賞の前回覇者である。8月には大村で行われたSGメモリアルでも随所に見せ場を作り、準優進出。もうSG優出クラスの戦力は備わっている。他にも三角哲男、作間章、中野次郎、福来剛、山田哲也と、面子はそろっている。

 対する外来では飯島昌弘、原田幸哉、白石健、横澤剛治、坪井康晴、井口佳典、湯川浩司、柳沢一、平本真之、土屋智則が有力どころ。特に当地勝率7.58の湯川は、過去に52周年、54周年を制している実績は見逃せない。また、62周年の覇者である土屋の思い切りのいいターンも魅力である。

 地元VS強力遠征勢のG1江戸川大賞。興味の尽きない6日間だ。

 ボートレース江戸川で『G1江戸川大賞 開設64周年記念』を9月24日〜29日の6日間、開催する。

 24日はYouTube番組「ういち江戸川ナイスぅ〜っ!」、25日は「しみけん舟券! 勝負は真剣! セクシー女優江戸川ガチ対決」、29日は「ミニスカ営業部」の公開収録イベントを行う。「さんま祭り」など、食欲の秋にピッタリな食の日替わりイベントも充実。詳しくはボートレース江戸川の公式サイトチェック

 開催を記念して、特製クオカードを10名にプレゼント。希望者は下記の応募要項を参照の上、応募して下さい。

【応募要項】郵便ハガキに郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号を明記の上、〒101-8488 (株)日本ジャーナル出版『週刊実話』「G1江戸川大賞 開設64周年記念」クオカード

【締め切り】10月3日(木)当日消印有効