近い将来、女優やモデルといった分野の最前線で活躍していくであろう10代の美少女たち。そんな彼女たちの魅力を読者に知ってもらうべく、週プレNEWS&週プレモバイル連載『微熱少女』。

毎週月曜日に、週刊プレイボーイが注目した美少女が登場するこの連載では、撮りおろし写真とロングインタビューで彼女たちの魅力をお届けします。

第23回目は、特撮ドラマ仮面ライダーアマゾンズ Season2』のヒロイン役で注目を集め、コカ・コーラCMなどにも出演する若手女優・白本彩奈ちゃん。日本とベラルーシハーフ美少女として中学生の頃にも週プレNEWSに登場し、高校生になってからはさらに目が離せない存在となっている。

インタビュー前編に続き、後編ではハーフの悩みや手帳の中身についてなど、好奇心旺盛な17歳の本音に迫ります。

――女優として活躍するほか、バラエティでは『おはスタ』や『すイエんサー』などを経て、現在は『ワイドナショー』のワイドナ高校生として出演。登場回数多くないですか?

白本 10回出ました。多いですね(笑)。何度も呼んでいただいてるので、自己紹介しなくても「はい、今日は白本さんね!」って東野さんに言ってもらえるようになりましたし、安心できる雰囲気になってきていて。松本さんとのやり取りもそうなんですけど、アドリブがある番組なので毎回鍛えられてます。

――どのニュースで自分に振られるとか、ある程度決まっているんですか?

白本 全然わからないので、ビビってます(笑)高校生が絡むニュースだと心構えが違いますし、これはないなと思っていても高校生に関連する話に方向が変わって「じゃあ高校生の白本さん」ってなることもあるし、気を抜けないですね。言葉の意味をよく考えて発言しないと、深く掘り下げられてしまうので。

――ちなみに、最近の個人的なニュースってあります?

白本 この前、プライベートで虫食べたんですよ! ドンキコオロギタランチュラとか食用の虫が売られてて、友達と「どれにする~?」って選んでたからジロジロ見られました(笑)女子高生おしゃれして、楽しそうに虫を選んでるっていう。結局、私は素揚げみたいな状態のコオロギ食べたんですけど、エビの尻尾食べてるような感じでしたね。塩で味付けされていて。

――食用とはいえ、かなりのチャレンジャーですね。

白本 話のネタになるかなと思って(笑)。あと最近、セミの幼虫が殻から出る前の状態と、殻から出て歩いた瞬間を見ました! お母さんと見つけて「これからいろんな世界を見るんだね」って感動しちゃって、ふたりで誕生日ソングを歌いながら動画撮ったんです。どっちの状態も見れるってすごい運がいいと思いません?

――すごい感受性の強い親子じゃないですか(笑)中学生の頃、やりたいことリストを消していくのが好きだって言ってましたけど、それは今でも?

白本 今はToDリストと、ToBeリストも作るようになって。書くことによって自分のやりたいことがハッキリするじゃないですか。いつでも見直せるようにスケジュール帳に書いてます。これなんですけど。

――見せてくれるんですか!? イングリッシュピーチコンテスト、『源氏物語』とか『竹取物語』を読む......。定期テスト1位って厳しすぎない?

白本 それはこの前、中井貴一さんとちょっとお電話した時に「定期テスト1位とったら、どこでも美味しいお店連れて行ってあげる」って言われたので、頑張ってます。

――中井貴一さんと電話するんですか!?

白本 小学校4年生のとき、ドラマ『最後から二番目の恋』の親子役で共演した頃から、本当にお父さんみたいなステキな方で。自分ではどうにもできないSOSって時には、頼らせていただいてます。電話はするんですけど、何年も会ってないんですよ。次会うときは、お仕事の現場で会いたいと思っているので。

――このドラマで「女優の道から絶対に外れない!」と決意したんですもんね。

白本 そう、絶対に道から外れないって。中井さんがいなかったら今の自分はいないですね。お仕事でハーフが不利になったことを相談したときは、「いや、ハーフじゃなくてダブルだから。日本とベラルーシ、両方の才能も持ってるんだよ」ってアドバイスをいただいて。心の糧になってます。

――どっちもあるって、いいことだらけなんじゃない?

白本 大変なこともありますよ。どっちの国のことも知ってないといけないし、ベラルーシの歴史とかを聞かれて具体的に答えられないと「自分の国なのに知らないの?」って言われちゃうんです。

でも、来年放送予定のドラマで、初めての時代劇に挑戦したんですよ。髪や目の色も茶色い私が日本人の役で時代劇をやることが新鮮だったし、ハーフでも出られることがうれしかったです。カツラに着物姿も意外とフィットしてたので、大河ドラマにも出てみたいなって思いました。乗馬も得意なので、活かせたらいいですね!

――では数年後、大人になった自分ってどうなってると思います?

白本 いい意味で、今と変わらないかな。座右の銘じゃないですけど「自分を探求したい」って思いが常にあるので、20歳になっても30歳になっても自分はまだ足りないって探求し続けてると思います。

――先ほどの手帳にも「自分を探求」って書いてありました!

白本 書いてますね(笑)。探求っていうのは、考えや決意を文字にすることもそうですし、新しい環境に自分を放り投げるんです。日々いろんなことにチャレンジしておけば、自分を客観視できるじゃないですか。できないことも発見になるし、向いてないことや好き嫌いもわかる。探究心って大事だと思うんです。この気持ちは、おばあちゃんになっても変わらないんじゃないかな(笑)

(ヘア&メイク/たかべともみ スタイリング/石塚愛理 衣装協力/LACOSTE、MOONSTARColumbia、CULFAR、ROOM

●白本彩奈(しらもと あやな
2002年5月14日生まれ 東京都出身
○3歳からモデルとして活動し、ドラマ『最後から二番目の恋』でデビューAmazonプライム・ビデオで配信中『仮面ライダーアマゾンズ Seazon2』では悲劇のヒロインを演じた注目の次世代女優。
公式Twitter【@shiramotoayana

取材・文/釣本知子 撮影/草野庸子

女優として注目を集める白本彩奈ちゃん