9月30日(月)からNHKスタートする連続テレビ小説の『スカーレット』。それを記念して9月22日(日)阪神甲子園球場の『阪神×DeNA戦』でヒロインを務めた戸田恵梨香ファーストピッチに登場。

戸田は自身の投球を「30点」と評価する

ノーバンで投げることができたものの大きく逸れてしまったことに対して自身で「30点」と話した。

スカーレット』は焼き物の里・信楽に生きる女性陶芸家・川原喜美子(戸田恵梨香)の物語。男性ばかりの陶芸の世界に飛び込み女性陶芸家の草分けとして歩んでいく姿が描かれる。

ファーストピッチングでは阪神のマスコットトラッキーと登場。観客からエールを受けながらピッチングを行った。投球はノーバンで届かせることに成功したが大きく外れてしまい戸田も苦笑混じりのイマイチな表情。観客に「緊張しました」と開口一番に発し、今月末から放送のドラマスカーレット』の告知をした。

始球式後の取材で、地元神戸で甲子園球場を外から見ていたという戸田。

「まさか夢にも思ってないことで、『阪神の試合の始球式なんてそんな大役をしてもいいの?』という気持ちでいっぱいでした。でも温かい皆さんの声にホッとしました」と語るも納得できない投球に「やっぱり練習通りにいかない」と悔しさを口にした。そんな投球の点数は「30点」、もう少しストレートに投げれたらよかったという。

「お芝居と始球式で投げるのでは緊張の質が違います。私にとっては球場はアウェイで慣れていない場所。たくさんの観客に見守られることも緊張しちゃいますね」と振り返った。

ドラマについて戸田は「子供の頃から絵が描くことが好きだったり、色々なことに好奇心旺盛で天真爛漫な女の子がたくさんの出会いと別れを経験して強く精一杯ときめく姿が描かれています」と語り「貧乏なんですけどすごく幸せな家庭で『生活を豊かにすることはどういうことなのか』というのがわかっている人でその姿が見ていて微笑ましくて、きっと朝から見てくれる方の心を柔らかくしてくれるような作品です」と呼びかけている。(関西ウォーカー・桜井賢太郎)

甲子園球場の始球式に戸田恵梨香が登場