クレカ(Poike/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

今までは決して覗こうとは思わなかった、夫のクレジットカード利用明細。ふと開封してみたら、怒りが収まらない…。

■出会い系アプリの利用履歴が

このほど、女性向け掲示板ガールズちゃんねる』に、夫が出会い系アプリを利用していたことがわかった、という投稿がなされた。投稿主が何気なく、夫のクレカ明細書を見たところ、出会い系アプリに3日に1回のペース1000円単位で課金していたという。

当該月の請求額は7万超。うち半分が出会い系だった。

関連記事:夫がソシャゲで100万以上借金 妻が加えた制裁に拍手喝采

■「一切やってない」と否定

衝撃のあまり、仕事中の夫に対して電話交戦も「一切やってない」と浮気の容疑は否定。

ひいてはゲームで課金したといい出す始末。だが投稿主が課金先を確認すると、出会い系を連想させるようないかにも怪しい名前が出てくる。

投稿主は結婚7年目で、小学1年生の子供も。「こんなこと初めてでどうしたらいいかわからない」と悩みを打ち明けている。

■アプリで会った経験は…

なお出会い系アプリについてはこんな調査がある。

しらべぇ編集部が、全国10代~60代の男女1,721名を対象に調査したところ、全体の8.2%が「マッチングアプリを利用して実際に出会ったことがある」と回答した。

マッチングアプリ

投稿主の夫は3万円で果たして出会えているのか…。いや、見つかったことで今後は利用できなくなることだろう。

・合わせて読みたい→モラハラ夫に抵抗した妻 夫からの「信じられない一言」に号泣してしまう

(文/しらべぇ編集部・右京 園次郎

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年5月17 日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1721名 (有効回答数)

夫のクレカ明細書を覗いたら… 「どうしたらいいの?」と困惑