老婆・パワフル(giorgiomtb1/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

とても元気なお年寄りが増えているにもかかわらず、「老人は弱い」と思い込みターゲットにする犯罪者が多い。そんな中このたび世間を驚かせたのは80代の女性で、彼女を狙った若い犯人は絶叫した末に逃走した。

■ATMで現金を引き出していた女性

今年5月のこと、英国で暮らす81歳の女性が外出先で「お金を引き出そう」とATMカードを挿入。そこに若い女が背後から忍び寄り女性を押しのけ、女性のカード、そして現金を奪おうと手を伸ばした。

これに驚いた女性は女の背後にまわり、躊躇すらせずに反撃を開始。その行動はあまりにも素早く強烈だった。

関連記事:「介護に来ました」 老人宅を次々と訪問し高級品を盗んだ女の逮捕劇

■反撃された犯人が絶叫

「一生懸命に働いて貯めたお金を奪われてなるものか」と思った女性は、カードと現金を盗ろうと慌てている女に突進。

自分より一回りほど小柄な女の襟、そして髪を鷲掴みにしてATMから引き離したといい、犯人は思わず叫び声を上げ周囲の人々を驚かせたという。

■「私が老人だからって…」

犯人が絶叫したことに驚いた女性は、「泣き叫びたいのはこっちよ」「なんでアンタが叫んでいるのよ」と思ったとのこと。

それでも女をつかんで離さずにいたが、手を離した瞬間に女は猛ダッシュで現場から逃走。

その様子をとらえた監視カメラの映像がこのほど公開され世間からも驚きの声が上がっているが、女性も「杖をついた老人だからって甘くみたのでしょうね」「冗談じゃないわよ」とも述べており、今も腹が立って仕方がないという。

■警察がコメントを発表

この件で捜査を続けている当局は、犯人が妊婦であった可能性を指摘。現時点では妊娠後期、もしくは出産を終えたばかりの可能性もあると発表し、情報提供を呼び掛けている。

また撃退に成功した女性については「実にタフです」「犯人は狙う相手を間違えましたね」と語っているが、この一件で女性が受けたストレスは相当なものだったもよう。事件発生後に2度も心臓発作を起こしたとも報じられている。

ちなみに今年は元ソフトボール選手だというアメリカの女性(65)が車に侵入しようとした男を目撃。自宅にあったバット不審者を殴り逮捕に貢献し、「銃を持っていたら、迷わずぶっ放していたわよ」というコメントと共に大きく報じられた。

・合わせて読みたい→老夫婦の愛とパワー 鎌を持った侵入者らを見事に撃退

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

怪力老婆(81)が金銭狙いの女を撃退 「襲う老人を間違えた」と警察も驚く