ついに次世代移動通信「5G」が9月20日NTTドコモでプレサービスが開始されました。同日に開幕したラグビーワールドカップ2019の開幕戦、日本対ロシアの試合を5Gで生中継するライブビューイベントが東京で開催。その様子をお伝えします。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 次世代移動通信「5G」は、現行の4Gネットワークに比べ、高速・大容量・低遅延というアドバンテージを持っています。その特長は、より臨場感あるスポーツ観戦も実現。実際にラグビーワールドカップの開幕戦で、5Gがもたらす可能性を体験してもらおうというのが、今回のライブビューイベント「0 distance」です。

 会場のベルサール汐留には、抽選で選ばれた約300名が集まりました。正面には400インチメインディスプレイが1台と、左右に275インチのサブディスプレイが1台ずつ。メインディスプレイには国際映像が、そして左右のサブディスプレイには、5Gで伝送されるマルチアングルの映像が映し出されます。

 前方は体にフィットするマイクロビーズのソファ席。リラックスした形で大画面の迫力ある映像と音響で観戦できます。後方はスタジアムの雰囲気を味わえるスタンド席。

 その間に挟まれたエリアには、折りたたみ式の5G対応2画面スマホが。ここでは、5Gならではの観戦体験が味わえるようになっています。

 試合会場の東京スタジアムから映像などのデータが5Gのネットワークを通じて送られ、パブリックビューイング会場に設置された基地局から、会場内の端末に送られる仕組み。実際の基地局は天井裏に設置されているため、パブリックビューイング会場には基地局の見本が展示されていました。


 5Gでは伝送できる情報量が格段に多く、複数のカメラ映像を同時に送ることが可能。しかも低遅延なので、スタジアムで観戦しているのと同じタイミングで楽しめます。今回は国際映像を含め、全部で8台のカメラによる映像を手元のスマホで自由に選んで見ることができました。


 イベントには実況担当の佐藤哲也さん、そして解説役に元日本代表の太田尾竜彦さんと弥富勇毅さんが登場。開始前にはワールドカップの見どころ、そしてハーフタイムと試合終了後には、プレーについて振り返るトークセッションを行いました。


 開会式の生中継からパブリックビューイングスタート。連獅子や和太鼓、そしてフィールドの中心には富士山を思わせる山。その周囲に参加各国を象徴する子供たちが集う演出が印象的でした。

 開幕カードは開催国である日本と、ヨーロッパ代表枠から出場しているロシア。ここ最近のテストマッチでは、日本が大きく勝ち越している相手です。

 コイントスの結果、日本はサイドを選択。ロシアボールキックオフで試合が始まりました。平均身長や先発メンバーの合計体重、平均年齢など、チームデータモニターに表示されます。両チームとも、非常に似通った体格と平均年齢です。スクラムの時には、両チームフォワード合計体重が表示されます。日本864kg、ロシア857kgとわずかに日本が上回っています。

 日本の戦術はパントや短い距離でディフェンスの裏を狙うチップキック、そして長短自在のタッチキックで距離をゲインしていくスタイル。しかし地元開催の開幕戦というプレッシャーからか、ハイパントでキャッチミスをするなど、序盤はボールが手につかない場面が。そのほころびを突かれ、オープニングトライはロシアに奪われてしまいます。コンバージョンゴールも決められ、いきなり7点を先取されてしまいました。

 しかし徐々にロシアの突進を食い止められるようになり、逆にWTB松島幸太朗選手のトライで5点を返します。トライの瞬間は会場でも、両手を突き上げて喜ぶ姿が見られました。

 5Gによるマルチアングルは、ゴール側からフィールド全体を見渡した「TACTICS VIEW」や、フィールドクローズアップして見られる「FOCUS VIEW」、特定の選手がどのように動いているのかを見られる「STATS」、キーポイントとなったシーンを繰り返し見られる「REPLAY」といった画面をスマホで選択できます。STATS画面では選手の名前をタップすると、その選手の試合中のデータも確認可能。


 また、試合会場で撮影された報道写真がタイムラグなくパブリックビューイング会場で見られる報道写真展も実施されました。大容量の撮影データを5G回線を通じて素早くアップロードできるのは、高速・大容量・低遅延の特性をフルに生かしたものです。


 1対1の場面では当たり負けする場面も見られたものの、試合はWTB松島選手の日本代表史上初となる1試合3トライ(ハットトリック)を含む4トライ2ゴール2ペナルティゴールで、ロシアに30対10と圧勝。

 しかも日本代表は通常の勝ち点3に加え、4トライ以上で得られる「ボーナスポイント」も手にすることができました。前回2015年ワールドカップでは、このボーナスポイントの有無で日本代表は3勝したにも関わらず決勝トーナメントに進めなかった(予選リーグで3勝したチームが決勝トーナメントに進めなかったのはワールドカップ史上初めてだった)ので、予選リーグを勝ち抜くうえで重要な勝利となりました。

 ラグビーワールドカップでの5Gパブリックビューイングは、10月13日の日本対スコットランド戦でも実施予定。NTTドコモの「0 distance特設サイトで、9月30日までエントリーを受け付けています。

取材協力:株式会社NTTドコモ

(取材・撮影:咲村珠樹)

ついに始まった!ラグビーワールドカップ開幕戦を5Gでライブビューイング