総合人材サービス、パーソルグループのパーソルキャリア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:峯尾 太郎)が運営する、若年層向けキャリア教育支援プロジェクト「CAMP(キャンプ)」は、10月から本格化する秋冬インターンに合わせ、100名の学生と多様な社会人ゲストを招いて、仕事をする上で大切にする自身の「価値観」や「はたらき方」について考えるイベント『CAMP SUMMIT 2019 ~知るほどに面白い はたらくの世界~』を、2019年10月10日(木)にSHARE GREEN MINAMI AOYAMA東京都港区南青山1-12-32)にて開催いたします。
この度は、トークセッションゲストとして、サントリーホールディングス株式会社 菅原 久里子さん、丸紅従業員組合 小澤 悠さん、福岡ソフトバンクホークス株式会社 小山 亮さん、株式会社ビビッドガーデン 秋元 里奈さん、アディダスジャパン株式会社 川松 健太郎さん、アクセンチュア株式会社 志満津 加奈さん、計6名の出演が決定しましたのでお知らせいたします。なお、その他のゲストについては続報をお待ちください。

昨今、企業のインターンシップは、夏の時期(6月~9月)だけではなく、秋冬(10月~2月)での実施も増加しています。そのため、学生は年間を通して就職関連の活動を行わなくてはならず、落ち着いて自分の将来について考える時間が無いと言えます。
また、「CAMP」とパーソル総合研究所が行った調査※1では、8割もの若手社会人が、入社前後に感じるイメージのギャップ「リアリティショック」※2を抱えているという実態が浮き彫りになりました。加えて、「リアリティショック」が大きいと、入社後の会社満足度は70%台から10%台に急落し、早期離職に影響することも判明しました。
そういった状況を解決すべく、「CAMP」は秋冬インターンシップ開始直前のタイミングで、将来仕事をする上でのイメージのギャップを埋めるために、改めて「はたらく」とは何か、そして「はたらく」の世界を多角的に考える、本イベントを開催する運びとなりました。
「はたらく」を考えるためには、さまざまな社会人の「はたらく」を知ることが必要だと考え、計6名の社会人ゲストによるトークセッションを行います。トークセッションには、サントリーホールディングス株式会社 人事部でダイバーシティ推進室の課長を務め、性別・障がい・国境・年齢などにとらわれない多様な働き方を推進している菅原 久里子さん、アディダス ジャパン株式会社ソーシャルメディア事業の立ち上げ等に従事ののち、2019年からは契約アスリートやチームとの戦略PRやSNSマーケティングを務める川松 健太郎さんや、丸紅株式会社で働きながら、歴代最年少で丸紅従業員組合に専従し、現在は副書記長を努める小澤 悠さん、さらに、農業の抱える課題に挑むITのスタートアップ株式会社ビビッドガーデンで代表取締役社長を務め、「世界を変える30歳未満の30人」を表彰する30 UNDER 30 JAPAN 2019フード部門のひとりとして選出された秋元 里奈さんなどが登壇します。
自分らしくはたらき、自分らしく生きるゲストたちとのトークを通して、はたらくことについて漠然とした不安を持つ学生たちにとって、自身の「はたらく価値観」「はたらき方」について考えるきっかけとなり、将来自分らしくはたらくことにつながる、最初の一歩を踏み出す場になることを目指します。

■登壇者プロフィール ※順不同
菅原 久里子(すがわら くりこ)
サントリーホールディングス株式会社
ヒューマンソース本部 人事部 ダイバーシティ推進室 課長
大学卒業後、サントリー株式会社へ入社。営業部門にて企画業務に携わった後、人事部門にて労務・グローバル人事・採用等を担当。現在はダイバーシティ推進室課長として、「みんな違うことがあたりまえ、違いを活かしあって面白いことにチャレンジする」組織を目指している。サントリーグループ全社のダイバーシティ&インクルージョンの実現に向けて、多様な意見・価値観を積極的に取り入れるような取り組み・働きかけを幅広く実施中。1児の母。

小澤 悠(おざわ ゆう)
丸紅従業員組合
副書記長 ANOTHER TEACHER代表
1990年兵庫県西宮市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。2013年丸紅株式会社入社。大豆・菜種等の穀物トレーディング業務に従事。その後、2017年より歴代最年少で組合専従。現職に至る。2019年1月~日本人全員を先生にするために、『日本総先生化プロジェクト(現 ANOTHER TEACHER)』を始動。400人のサポーターズ(高校生・サラリーマン・経営者・学校の先生)と共に総先生化に向けて奮闘中。

小山 亮(こやま りょう
福岡ソフトバンクホークス株式会社
総務人事本部 人事部 ディレクター
2006年大手証券に新卒入社。営業経験を経て人材系企業に転職。ベンチャー企業から大手企業まで業種・職種を問わず幅広い企業への採用支援に従事。2012年ソフトバンクに入社後、中途・新卒採用を担当。地方創生インターンなど、ソフトバンク独自の採用活動に取り組み2018年7月から現職。

秋元 里奈(あきもと りな)
株式会社ビビッドガーデン
代表取締役社長
神奈川県相模原市の農家に生まれる。慶應義塾大学工学部を卒業後、新卒でDeNAへ入社。WEBサービスディレクター、営業チームリーダー、新規事業の立ち上げを経験した後、ゲームアプリキン肉マン マッスルショット』の宣伝プロデューサーに就任。順風満帆にITサラリーマン生活を送っていたが、次第に家業である農業を盛り上げたいという想いが強くなり、DeNAを退職。「農業の抱える課題をIT技術を活用し解決する」をミッションに掲げ、2016年11月株式会社ビビッドガーデンを創業。2017年8月にこだわり生産者が集うオンライン直売所「食べチョク」、2018年11月に飲食店向けの仕入れサービス「食べチョクPro」をリリース。小規模の生産者でも簡単に消費者・飲食店と繋がれるプラットフォームとして、全国から450軒以上の生産者が参画。

川松 健太郎(かわまつ けんたろう)
アディダス ジャパン株式会社
ブランドアクティベーション/ Tokyoニュースルーム, マネージャー
米国ネブラスカ州立大学にて美術学部視覚伝達デザイングラフィックデザインを専攻、卒業し株式会社セプテーニに新卒入社。ソーシャルメディア事業の立ち上げとともに40社以上のブランディングSNS運営・運用のコンサルティングに従事。スタートアップで事業の開発マーケティングを経て2015年adidas入社。Instagramアカウントの立ち上げや、Digital & SNSを活用した商品のプロモーションスポーツ活性化のための様々な施策を展開。2019年からは契約アスリートやチームとの戦略PRやSNSマーケティングを務める。

志満津 加奈(しまづ かな)
アクセンチュア株式会社
製造・流通本部 シニアマネジャー
早稲田大学商学部卒。2007年に入社後、約3年間コンサルティングの仕事に従事した後、アパレルベンチャーに転職。転職先では幹部候補として経営企画部門に在籍。その後、2011年にアクセンチュアへ再入社。一般消費財・サービス業界を中心に、事業戦略策定からグローバルオペレーティングモデル構築、マーケティング・営業・CRM業務改革、新規事業・サービスデザインからデジタルトランスフォーメーション等、あらゆる経営課題解決をテーマとしたプロジェクトを多数支援。

佐藤 裕(さとう ゆう)
CAMPキャプテン・はたらクリエイティブディレクター
若年層向けキャリア教育支援プロジェクト「CAMP」のキャプテンを務める、はたらクリエイティブディレクター。これまで15万人以上の学生と接点を持ち、年間200本の講演・講義を実施。現在活動はアジア各国での外国人学生の日本就職支援にまで広がり、文部科学省の留学支援プログラム「CAMPUS Asia Program」の外部評価委員に選出され、グローバルでも多くの活動を行っている。また、パーソルキャリア株式会社では若者にはたらくの本質や楽しさを伝えるエバンジェリスト、パーソルホールディングス株式会社ではグループ新卒採用統括責任者、株式会社ベネッセi-キャリア特任研究員、株式会社パーソル総合研究所客員研究員、関西学院大学フェロー、デジタルハリウッド大学の非常勤講としての肩書きも持つ。

■ファシリテーター
木村 和貴(きむら かずき
株式会社ブラーメディア
AMP共同編集長
[MBA/上級ウェブ解析士/GAIQ]2011年セプテーニ入社。広告運用、新規事業立ち上げ経験を経て2016年より電通PRへ入社。ブラーメディア社へジョインしビジネスインスピレーションメディアAMP[アンプ]を創刊。スタートアップテクノロジー、カルチャーに関する取材・編集に加え、エストニア等海外への視察訪問、イベント登壇等でも活動中。カンヌライオンズヤングPR部門国内ブロンズ、宣伝会議賞、販促会議コンペティションゴールド経済産業省クールジャパン大賞など受賞。NewsPicksカテゴリおすすめピッカー。


■『CAMP SUMMIT 2019 ~知るほどに面白い はたらくの世界~』について

『CAMP SUMMIT 2019』は、自分らしくはたらく社会人ゲストをお招きし、学生100人と「はたらく」とは何かについて考え、語り合うイベントです。「はたらくカタチ」は、まさに千差万別。その多様性に触れ、学生に、自分の大事にしたい価値観・はたらき方をじっくり考える機会を提供すべく、CAMPキャプテン・はたらクリエイティブディレクターの佐藤 裕と、多様な価値観を持つ社会人ゲストたちによるトークセッションを開催。トークセッション終了後には「EAT&DRINK」のコーナーを設け、学生たちがゲストたちと直接会話し、学びを深める時間も用意します。

イベント詳細について ※プログラム内容は変更となる場合がございますのであらかじめご了承ください。

イベント名】『CAMP SUMMIT 2019 ~知るほどに面白い はたらくの世界~』
【日時】2019年10月10日(木)16:00~21:30(受付開始:15:00
【場所】SHARE GREEN MINAMI AOYAMA東京都港区南青山1-12-32)
プログラム
トークセッション
セッション1:はたらくを考える(Coming Soon)
セッション2:はたらき方の幅に出会う
Part.1:大企業にこそ安定ではなく挑戦を求める(菅原 久里子/小澤 悠/佐藤 裕/木村 和貴)
Part.2:フィールドを拡げる“カンパニーフリー”なはたらき方(小山 亮/小澤 悠/佐藤 裕/木村 和貴)
セッション3:知ってるようで知らない、あの仕事の裏話(川松 健太郎/志満津 加奈/佐藤 裕/木村 和貴)
・EAT&DRINK
【参加者】100名 ※大学生専門学校生限定
【参加費】無料
【応募方法】特設サイトより申込み。(応募多数の場合、参加者の決定は抽選とさせていただきます。)
特設サイトURLhttp://camp-program.com/summit2019/

■「CAMP」について http://camp-program.com/
「CAMP(Career Activate Management Program )」は、全国やアジアの学生を対象にしたキャリア教育支援プログラムです。新卒で入社した人たちの約30%が、3年以内に離職することが約15年も続いている実情に課題を感じ、その要因の一つが日本の旧態依然の「就職活動」にあると考え、佐藤 裕が立ち上げました。内定をゴールとした就職活動テクニック、自己分析などはお伝えしません。最先端のマーケットを理解し、多くの経験から実績を残してきた社会人が、社会で必要とされる能力や本当に必要なキャリアの考え方をお伝えしていきます。

■パーソルキャリア株式会社について https://www.persol-career.co.jp/
パーソルキャリア株式会社は、パーソルグループの「リクルーティングセグメント」中核会社として、転職サービスdoda」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとした人材紹介、求人広告、新卒採用支援等のサービスを提供しています。2017年7月より、株式会社インテリジェンスからパーソルキャリア株式会社へ社名変更。グループの総力をあげて、労働・雇用の課題の解決を目指します。

■「PERSOL(パーソル)」についてhttps://www.persol-group.co.jp/
パーソルは「はたらいて、笑おう。」をブランドスローガン に、2016年7月に誕生した新たなブランドです。パーソルグループは、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービスdoda」やアルバイト求人情報サービス「an」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。
また、人材サービステクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベントコミュニティスペース「TECH PLAY」、オープンイノベーションプラットフォーム「eiicon」、クラウドモバイルPOSシステムPOS+ (ポスタス)」などのサービスも展開しています。
________________________________________
※1 就職活動と入社後の実態に関する定量調査:
https://rc.persol-group.co.jp/research/activity/files/c6bd0626d11bb6426ca23ad9f6f9724952405458.pdf
※2 リアリティショック
入社前に抱いていた企業や組織の状況・人間関係・待遇などについてのイメージ/想定と、入社後のそれらの実態に乖離を感じること。


配信元企業:パーソルキャリア株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ