iStock-467499597_e


 ホッキョクウサギは北米のツンドラ地帯の厳しい環境に生息する寒冷地仕様のウサギ。(ユキウサギとも言う)厳しい寒さに耐える為、耳は短く分厚い毛皮を持っている。体の体積に対して外気にあたる表面積を小さくすることによって体温を維持している。

 なのでその姿はまるで雪玉みたいにポワンと丸くて、普通のウサギとはまた違ったかわいらしさがあるんだ。


Arctic Hare

 雪景色と同化しちゃって、本当に雪みたいにみえるよね。
iStock-157528671_e


 ホッキョクウサギの大きさは、体長48~67センチ、尾の長さ3~8センチ、体重は3~7キログラムと、アナウサギより少し大きい。

iStock-157563894_e

 また、後ろ足が長く足が速い。時速60キロで跳ねることができる。冬には氷と雪の中で素晴らしい擬態効果を発揮する白く輝く毛皮をまとう。春になると、生息地の岩や植物の色に似たブルーグレーの毛に生え変わる。

iStock-469405858_e


 ホッキョクウサギは単独で暮らすこともあるが、数十匹、数百匹、数千匹の群れで暮らすこともある。極寒の地ではエサとなる食物が乏しいが、冬は雪を掘って樹木やコケなどを食べて生き延び、春から秋には花のつぼみベリー類、葉、根、木の皮などを食べている。

その走り方もきゃわたん!

Arctic Hare "Running"

ホッキョクウサギティモテ

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52113096.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

ディズニーランドが大好きな介助犬。ドナルドダッグに出会いぴったりと寄り添い、幸せの表情を見せる(アメリカ)
オーストラリアン・シェパードとウマの内緒話。犬とウマの異種間交流に関する海外の反応
母を失った子犬、シリアのキャットマンに救われ、猫の聖地で幸せな生活を取り戻す
産ませてよ。女性の腹の中から出てきたものは、ね、猫!?
エスカレーターが怖いので…飼い主に当然のごとく抱っこしてもらうゴールデンドゥードル

―動画の紹介記事―

路上をさまよっていたハスキー犬に恋した男性、自分で飼う覚悟で連れ帰り飼い主探しを開始。その結末は?(アメリカ)
ディズニーランドが大好きな介助犬。ドナルドダッグに出会いぴったりと寄り添い、幸せの表情を見せる(アメリカ)
アメリカでドローン用火炎放射器のアタッチメントが販売されている件
産ませてよ。女性の腹の中から出てきたものは、ね、猫!?
エリア51急襲イベントがついに決行。参加者は予想を大幅に下回ったがナルト走りは行われていた!(アメリカ)
雪玉じゃないよ、雪見大福でもないよ。雪と同化するホッキョクウサギのまんまるな姿