mokibo

デバイスが変われど1つのキーボードを使用することで、作業効率性の低下を防ぐということを目的とした”マイキーボード”。
マイキーボードには携帯性や操作性が求められますが、先日Hacktsuでご紹介した『mokibo』もおすすめのキーボードの1つと言えるでしょう。

マウス不要!キー全面がタッチパッドの進化系キーボード『Mokibo』

この『mokibo』ですが、一般的なPCに接続して使用するという使い方よりも、タブレットスマホに接続して使用するのに向いていそうです。
ということで今回は、特別に『mokibo』のサンプルをお借りして実際にタブレットやPCで使用してみました。

キーボードタッチパッドとして使えるようになると、具体的にどんな感じがするのか。使い心地も踏まえてしっかりレビューします!

タッチパッドになるキーボード『mokibo

mokibo』はキーボードを押し込めばタイピングが、なぞるようにスライドさせればカーソル移動ができる新感覚キーボードです。
タブレットとの併用に最適で、モバイル性と実用性を両立。自分のデスクだけでなく、カフェやコワーキングスペースなど様々な場所で活躍してくれるでしょう。

Mokibo

mokibo』がタッチパッドとして使える秘密は、独自の特許技術によりキートップの下に80のタッチセンサーが内蔵されているから。
従来のキーボードのようにタッチパッド部分を別で配置する必要がなくなったため、コンパクトサイズ感を実現しました。

mokibo

タブレットでの作業に革新的な使い方を提供する『mokibo』は、クラウドファンディングサイトMakuake10月7日までプロジェクトを公開しています。
専用のスタンドカバーセットになって今なら17,580円(税込)から入手が可能、リターンの発送は11月を予定しているとのことです。

MOKIBO

mokibo』が届きました

届いたダンボールを開封すると、早速『mokibo』のパッケージとご対面。
タッチパッドになることを全面に押し出していながら、余計な装飾がないシンプルデザインはとても好印象です。

パッケージ

▲こういった分かりやすいパッケージっていいですよね。

ホワイトを基調にしているため清潔感があっていいですし、レッドがアクセントになり、ブラックで落ち着きをプラスしています。

『mokibo』本体

『mokibo』裏面

▲裏側の下部に電源スイッチがありました。

タッチパッドとして使えるわけですから、当然ですがクリックボタンも搭載されています。
こういったキーボードは英字レイアウトの物が多いですが、すでに日本語レイアウトというのが嬉しいですね。

横から見た所

▲とにかく薄い!

重さを計測

▲そして軽い!

キーボード本体で300gを切っているというのはちょっと驚きました。
マットな質感でとてもスマートですし、これならどこにでも持ち歩きたくなりますね。

mokibo本体

打鍵感

パンタグラフ式で柔らかな打鍵感。めちゃくちゃ静かです。

日頃メカニカルキーボードを使っている方には物足りないかも知れませんが、静かなカフェなどで作業するなら『mokibo』のようなキーボードがおすすめ。

クリックボタン

電源ボタン

▲オンオフのみのシンプル設計。

一通りディテールをチェックしたところで、次は実際に使用してみましょう。

専用スタンドカバーが超優秀

今回は日頃映画を見たりするのに使っているiPad mini2を用意。
移動中の車内で大活躍してくれるので我が家ではまだまだ現役ですが、『mokibo』と組み合わせれば作業用としても使用できるようになるかもしれません。

ipad miniで使用

▲普通に使うとこんな感じですよね。

専用スタンドカバー

▲右下にあるのが専用スタンドカバーマグネット式で着脱が簡単。

取り付けた所

折り曲げてスタンドに

ケースに入った折り目で曲げると、マグネットでくっついてタブレットスタンドに早変わり。

これは個人的にかなり便利だなと思ったのですが、タブレットを置いた時の安定感が一般的なケースと比べ物になりません。

実際に置いてみた所

▲10インチや12インチでも安定して置くことができそうです。

角度調整はできませんが、テーブルなどに置いて使うならちょうどいいくらいと言えるでしょう。

持ち歩き

タブレットと重ねてもこの薄さ。片手で持ち運べます。

重量

▲2つ合わせても驚愕の1kg以下!

ノートPCを持ち歩くのがイヤになりますね。
これなら小さめのバックパックでもスッキリ収納することができそうです。

 

PCで使ってみる

タブレットとしての使いみちは上々でしたが、せっかくならマイキーボードとして使えるのか試してみたいところ。

PCと接続

マウスはなくてもいいかも・・・?

ということで、いつも使っているキーボードをどかして、代わりに『mokibo』をセットしてみました。
使い心地はというと、これはこれで全然ありです。もう少し詳しく言うと、ありよりのありです。

使用イメージ

タッチパッドに慣れている方なら、文句なしの使い心地。

はっきりいってマウスが邪魔に感じてしまうほど使いやすく、キーボードのヌルっとした打鍵感も触っている内にクセになってきます。

タッチパッド使用イメージ

▲感度は通常のタッチパッドと遜色なし。

何度か試しましたが反応しないといったことは一度もなく、カーソルを思いのままに操作できます。
これならタブレットを使ったちょっとした作業も、効率よくサクサクとこなすことができそうです。

ノマドに出張にと活躍する場は広そうですので、これからのワイヤレスキーボード選びは『mokibo』という選択肢はいかがでしょうか。

参照元:makuake.com

【レビュー#37】超薄型ワイヤレスメカニカルキーボード『Taptek』が色んな意味で凄い