(Photo by Tomohiro Ohsumi/Getty Images)

◆次期総理と持ち上げられる「小泉進次郎
 今月の内閣改造で自民党小泉進次郎氏が、環境大臣に任命された。祖父は、小泉純也元防衛庁長官、父は小泉純一郎元首相という政界のサラブレッド。そして期待の若手として、次期総理の呼び声も高い。

 日経新聞が今月、内閣改造後に行った「次の首相にふさわしいのは誰か」という世論調査では、2位16%の安倍首相を抜いて、20%を獲得し1位だった*。国民から絶大なる人気を集める小泉氏。しかしその一方で、最近は「ポエマー」と揶揄されている。
<*「次の首相」小泉氏20%で首位 安倍首相、石破氏続く|日経新聞

 Googleで、「小泉進次郎」と入力すると、予測変換に「小泉進次郎ポエム」と出てくる。「ポエム」と打つと「ポエム小泉」、「ポエマー」と打つと「ポエマー進次郎」と上位に出てくる。「ポエム小泉」は、売れない芸人の芸名のようだ。

 ポエマーと揶揄されるきっかけになったのは、9月17日記者会見における小泉氏の発言だ。

———————————–
記者「最終処分場の検討が進んでいない現状・見通しについて、小泉大臣の見解を頂きたいと思います」

小泉進次郎環境大臣「これは福島県民の皆さんとの約束だと思います。その約束は守るためにあるものです。全力を尽くします」

記者「何か具体的に今しようと思っていらっしゃることは?」

小泉進次郎環境大臣「私の中で30年後を考えた時に、30年後の自分は何歳かなと発災直後から考えていました。だからこそ私は健康でいられれば、30年後の約束を守れるかどうかという、そこの節目を見届けることが、私はできる可能性のある政治家だと思います

<出典:「具体策は?」に進次郎氏の回答は 除染廃棄物問題(19/09/19)>
———————————–
 一連のやりとりにおける小泉氏の回答が、あまりにも意味不明かつ的外れだったため、「ポエム」や「中身がない」といった批判の声が噴出したのだ。

「まさか小泉氏が」と驚かれている人も多いだろう。しかし、小泉氏の過去発言を調べてきた私にとっては「またか」と思える発言だ。

 今回は、小泉氏の「ポエマー語録」を紹介していこう。

◆中身のない発言のオンパレード まるで自己啓発
 先ほどのポエムと批判された発言もそうだが、過去10年分の小泉氏の発言を遡って分かったことは、他者を批判する時と、自身の考えについて意見を聞かれた時で、明確にパターンを使い分けていることだ。

2013年2月12日
”安倍政権は、原発事故以来、東日本大震災以来、初めての自民党政権だ。かつての自民党政権時代、まちがった安全神話のもとに原発を推進してきた責任をまぬがれることはできない。おわびと反省から始めるべきだ”
<出典:衆議院 第4号 平成25年2月12日火曜日)>

 この発言のように、誰かを批判する時は、ズバッと言う(ただし、その発言に基づいてなにか行動を起こすわけではない)。先日のポエムと見比べてみると、その違いは顕著だ。

 一方、自身の考えについて意見を聞かれた時は、『自己啓発』と『ポエム』の2パターンで対応する。小泉氏の『自己啓発』や『ポエム』と思われる発言をいくつか抜き出してみた。

 「自己啓発」と呼べるパターンの発言は以下の通り。

2016年9月28日
”(東京都港区での講演で)人口減少は不可避です。仮に明日、出生率が人口を維持できるという2.
07にいきなりなったとしても、日本の人口減は当面止まりません。だとしたら、今我々が持つべき発想はなんでしょうか。

 皆さんは将来に悲観的な1億2千万人の国と、未来に楽観的で自信を持つ6千万人の国だったら、どちらの方が未来があると思いますか。極端な例かもしれませんが、私は悲観的な1億2千万人の国より楽観と自信を持った6千万人の国の方がよっぽど強いと思う。

 最大の日本の課題は、人口減少と少子化にある。その打開策は、毎年減り続けることを悔やむ発想から早く飛び出して、減る中でもやっていけるという成功例を生み、人口減少でも大丈夫だという楽観と自信を生むこと。それが結果として将来、人口が下げ止まる環境を作り、新たな日本の発展への道を描く。私はそういう考えでいます”
<出典:「人口減を悔やむ発想から早く飛び出せ」 自民・小泉氏 2016年9月28日 朝日新聞デジタル

 自己啓発セミナーそのもののような発言だ。一切具体例は語らず、発想の転換こそが成功を導くと訴えている。この講演の後に、自己啓発本を売っていないことが唯一の救いかもしれない。

2019年2月11日
”困難の中に好機を見いだす。よく言うんです、政治の世界でも。愚かなリーダーはどんなチャンスにも困難をあえて見つけようとして、できる理由ではなくてできない理由を見つける。しかし、立派なリーダーは困難な中にどうやったらできることがあるかを探す。これからはもう人口減少を嘆くのはやめましょう。若い人が町を出て行くのを嘆くのもやめましょう。いくら嘆いたって人口が減ることは変わらない。どうやったら人口減少でも豊かさと強みを引き出せるかを考える方がよっぽど前向きな地域づくり、国づくりができると思いませんか。私はそういう発想なんです(石川県白山市の講演で)”
<出典:進次郎氏「人口減少を嘆くのはやめましょう」 石川県で 2019年2月11日 朝日新聞デジタル

 この時もそうだが、小泉氏は、社会問題について問われた時、自身が考える問題の解決法や具体策は語らず、問題へ対峙する際のマインドやメンタリティについてふんわりとそれっぽいことを語っているだけなのだ

小泉進次郎の真骨頂、空疎なポエム
ポエム」と呼ばれるパターンの発言は以下の通り。

2013年3月16日
”(首相官邸で就職活動に関する会議に出席後、記者団に)国会議員になって、首相官邸に入るのは初めて。私はまだまだ、この権力の館に(政府の一員として)入る前に、泥臭く汗臭く、地に足がついた活動をすることが不可欠だと思った。例えば、ぞうきんがけを与えられた時も、誰よりもピカピカに磨いてやろうと。日本一ぞうきんがけになってやるという思いでやらなきゃいけないなと。だから青年局長を全力でがんばる”
<出典:(発言録)「地に足ついた活動が不可欠」 自民・小泉青年局長 2013年3月16日 朝日新聞

 普通の政治家だと、「(具体例をあげ)〇〇を頑張る」と言うが、小泉氏は言質を取られないために、よくわからない比喩表現を用いて、全てを抽象化する。これぞポエマーだ。

2013年3月28日
「(国会内で記者団に)少子化対策は結婚支援策から考えなければ。独身の自分の立場を言えば、出会いは国会の場では嫌です。家で政治の議論をしたくない。皆さんの監視が緩ければ(恋愛は)楽なんですけど。いまはツイッターなどがあり、一人ひとりがマスコミみたい。それをかいくぐり、少子化問題を堂々と語れるようになるには、時間がかかるかもしれない」
<出典:(発言録)小泉進次郎自民党青年局長 28日 2013年3月29日 朝日新聞

 少子化対策の話をすると見せかけて、自身の恋愛の話に論点をすり替える。さすがのテクニックだ。

2013年8月7日
”(沖縄の米海兵隊演習場キャンプ・ハンセン内に米軍のヘリが墜落したことについて)米軍のヘリが落ちたという一報の受け止めは「またか」という印象が少なからずあっただろう。沖縄の基地負担をどうするか。危険性の除去が何よりも大切だ。自民党の抱えている責任は重い。いくら(新型輸送機オスプレイと墜落したHH60とが違うとはいえ、上空を飛ぶものが落ちたことで同じ不安をもつ。なぜ日本にHH60やオスプレイが必要なのか。日本の平和を守り、有事の説明をすることが国会議員、政府の責任だ”
<出典:「沖縄の基地、危険性除去が大切」小泉・自民青年局長 2013年8月7日 朝日新聞

 前半では危険性の除去が何よりも大切だと語り、なんとなく自民党批判にも取れることを言っているが、これもやっぱり具体的方策は示さず、国会議員や政府といった大きな主語を持ち出して話を抽象化し、現在の自民党の姿勢を追認する後半部分へと繋げている。これぞ、党内の異端児を演出する見事なポエムテク。

2014年7月17日
”(政府の社会保障制度改革推進会議で)最近ワールドカップを見て感じたのは、結局一人ひとりに、国の制度の中で支援を必要としない圧倒的な個の力があれば、社会保障なんていらないんですね。たとえば(コートジボワール代表の)ドログバや(得点王になったコロンビア代表の)ハメス・ロドリゲスみたいな、1人で局面を打開できる人の集団だとしたら、そういった制度は必要ない。だけど、1人では負えないリスクをみんなで分かち合って生きていこうという制度が、国だからこそ、社会保障や安全保障など様々な制度が必要になってくると思う。なぜ社会保障が必要なのか、そこからしっかりと掘り下げ、分かりやすく発信をしていく必要があるのではないか”
<出典:(発言録)「圧倒的な個の力あれば社会保障不要だが」小泉進次郎氏 2014年7月17日 朝日新聞デジタル

 例えでサッカー選手まで出しているが、言いたかったことは、社会保障の大切さを発信していくということなのだろうが、そこまで冗長に語ることだろうか……?

2015年10月5日
「(少子化について)少子化対策に取り組んでいる多くの人たちが言っているのは、第3子以降の重点支援だ。しかし私は違う。第1子支援をすべきだ。私たちの世代、もっと若い世代、今の時代、1人目を持つのも大変な時代だ。3人目以降、重点支援しますよと言われて、果たして本当にインセンティブになるか。アベノミクス第二弾で少子化対策を重点的にという話が出てきた。多くの子どもがいる世帯の支援。そこは私とちょっと違う。これから自分の立場の中で、党に戻って、今の政府の立場を抜けてもやっていけばいい。地道に訴える」
<出典:(発言録)少子化対策「第1子支援をすべきだ」 小泉氏 2015年10月5日 朝日新聞デジタル

「第一子支援を」という意見には大いに賛同だ。しかし、後半になるとまたまた抽象的な自分語りになってしまう。結局、具体的には何をするのかと、頭の中に疑問だけが残る回答だ。

2018年7月31日
「(自民党杉田水脈衆院議員が月刊誌で、同性カップルを念頭に「子供を作らない、つまり『生産性』がない」などと主張した問題で)あれはありえない。いかに人生100年時代をそれぞれ多様な価値観で支えていくかということをめざして、人生100年時代(の議論)や働き方改革などをやっているなかで、やっぱりあれは違う。
 ああいう発言が(自民)党内から出てしまうことが悲しい。一方で、本当に『多様性とは何なのか』ということを深く突き詰めて考えたことが日本はあまりないんじゃないかなと思う」

<出典:子供作らない=生産性ない「ありえない」自民・小泉氏 2018年8月1日 朝日新聞デジタル

 ありえないとは言っているが、人生100年時代や働き方改革は、やはり微妙に論点がズレている。メディア向けに「党内の異端児」的なアピールはできているが、しっかりと行動に結びつけて欲しいのだが……。

◆「セクシー」よりも具体策皆無の回答に海外記者も驚愕
2019年9月24日
「(国連の温暖化対策サミットに出席するために訪れているニューヨークで行われた記者会見で)気候変動のような大きな問題は楽しく、クールでセクシーでなければならない」

「(発言について報道陣に問われ)それを説明すること自体がセクシーではない。あの場で私と一緒に同席してくれた人の会合の中での言葉の一つであり、やぼな説明はいらない」
<出典:「気候変動への対策は“セクシー”に」 小泉環境相 2019年9月24日 NHK NEWS WEB

 そしていま大いに話題になっている「セクシー」発言。「sexy」という表現については、確かに国連関係者の言葉を引用したものだし、砕けた使い方で「ワクワクするような」という意味で使われることもあるのだろう。しかし、問題はこの発言が話題になったことであまり報じられなくなった前の部分にある。

 海外メディアの記者から、「環境省は半年から1年かけて、化石燃料脱却へどのように取り組むのか?」と問われたところ、進次郎氏は「減らす」と一言。当然記者も「どうやって?」と聞き返したのだが、それについては無言、後に「まだ大臣になって10日しか経っていないので」と言った箇所だろう。

 いよいよポエムの腕が上がリすぎるのはいいが、さすがに中身なさすぎである。しかも、その後の対応はセクシーじゃないですね。

 上記発言のように小泉氏は、自分の政治的スタンス明らかにしないためなのか、言質を取られないためなのか、『自己啓発』や『ポエム』という手法を使って、話を抽象化させたり、論点をずらしている。

 小泉氏は発言以外にも徹底して、自らの政治的スタンス明らかにしない。2014年2017年衆議院選挙の際「朝日新聞・東大谷口研究室共同調査」と、毎日新聞の候補者アンケートに、多くの政治家が答える中、小泉氏は全ての質問に無回答だった。小泉氏の政治哲学は、いまだに謎に包まれている。

◆小泉氏は、議員生活10年間で、一体何をしてきたか?
 中身のない発言ばかりしている小泉氏だが、政治家としての実績はどうなのか。その歩みを検証していこう。

 2009年に初当選し、11年には出世の登竜門と呼ばれる青年局長に、異例の若さで抜擢された。その後も出世し続け、戦後3番目の若さで、大臣の地位に上り詰めた。
小泉進次郎総理大臣に」という声が上がる一方で、彼の政治家としてのビジョンや政策、これまでの実績などを知る人は少ない。

 一番分かりやすい実績は、全国各地で行ってきた応援演説だ。時の首相よりも動員力がある小泉氏は、各地方の候補者から、応援演説の要請をたくさん受ける。選挙期間になると、全国各地の街頭演説に登場し、ご当地ネタを取り入れた演説を披露し、人気を得ている。

 また、青年局長だった2012年被災地を巡回する「TEAM-11」を発足。第16回(最新は第38回)まで毎回参加し、様々な被災地に足を運んだ。その後、復興大臣政務官時代にも、被災地へ度々足を運び、住民と交流してきた。

 国民と直接向き合い続けたことで、小泉氏に国民との距離が近い政治家というイメージができた。

◆同期の自民党議員より少ない発言・質問主意書提出数
 次に、国会内でどのような仕事をしてきたかを調べた。

 国会会議録システムによると、小泉氏が、衆議院本会議で発言したのは、4回2010年3月2日2010年5月13日2010年5月31日2017年3月23日)。委員会で発言したのは、168(内閣委員会や農林水産委員会など)。質問主意書(国会議員が内閣に質問する際の文書のこと。内閣は提出された質問主意書に回答義務を負う)の提出は3本だ。

 小泉進次郎氏と同期の自民党橘慶一郎氏は、衆議院本会議で28回、委員会で152回発言している。質問主意書の提出は、179本だった。同期の橘氏と比較しても、本会議での発言数や質問主意書の数はあまりにも少ない。

 これでは、自民党の客寄せパンダと揶揄されるのも致し方ない。応援演説の数は、おそらく他の誰よりも多いが、国会内での質問などはとても少ない。小泉氏が街頭演説において「国民のために」と言っているのを耳にしたことがあるが、実際には国民のためではなく、自民党のために働いていると思われても致し方ない

 2015年には、大役である党の農林部会長に抜擢され、農政改革に取り組むことになった。農林中金不要論などの改革案を掲げた小泉氏に対し、JAだけでなく身内である党内の議員からも大反発を食らった。小泉氏は結局、党内をまとめることができず、農政改革も、JAの自主的な取り組みに委ねるといった当初の案から骨抜きにされたものが提言された。小泉氏の農政改革は、何ら成果を上げることができず、失敗に終わったと言える。

 その後は社会保障改革に力を入れ、「人生100年時代の社会保障へ」という提言を政府へ行ったり、現在の社会保険料に上乗せして資金を集め、保育・幼児教育を実質無償化する子ども保険」を提言した。しかし、いずれの提言も政府に採用されることはなく、農政改革に続き成果を上げれなかった。

 では、小泉氏は10年間で何ら政治的成果を上げていないのか? それは違う。

 今年の5月に、小泉氏が国会改革の一つとして取り組んできた「ペーパーレスに関する衆議院規則の改正」が可決された。これにより、これまで紙で配られていた「質問主意書」と「政府答弁書」が、電子データでの閲覧に切り替わり、年間5000万円の経費削減が見込まれる。おそらくこのペーパーレス化が、議員生活10年で小泉氏にとって1番の成果だろう。

 なお、小泉氏自身は、質問主意書を通算で3本しか出していないため、ペーパーレス化の影響はあまりない。

◆人気政治家小泉進次郎を作り上げたのはメディア
 特筆すべき実績もなく、明確な政治的スタンスもわからない小泉氏が、なぜ国民的人気を得ているのか?

 それは、メディアが『国民的人気政治家小泉進次郎』を作り上げたからだ。

 初当選を果たした時から、世襲議員だと批判しそうなメディアが「政治一家のサラブレッド」と持ち上げ、いち新人議員を「自民党の若手のホープ」と取り上げた

 新人として異例の遊説局長代理に任命されると、地方での応援演説をカメラが追い、テレビで「小泉氏のスピーチはご当地ネタで笑いをとっている」と解説した。

 ニュース記事には、小泉氏とは全く関係ない政治の話題でも、小泉氏のコメントが多く掲載され、オチに使われることもあった。まるで小泉氏は、政治コメンテーターのようだった。

 また、実態は抽象的な発言が多いにも関わらず、小泉氏はたびたび、「父親譲りの歯切れの良さ」と報道されることがあった。そのため「小泉進次郎=歯切れが良い」という実態と遠いイメージが世間に定着した。

 このように、特筆すべき実績も政治的スタンスもない小泉氏を、碌に検証もせず好意的に扱い続け、大臣にまで押し上げてしまったメディアの責任は大きい。

 しかし、環境大臣になってからは、小泉氏に厳しい目が向けられるようになり、批判的な記事を目にするようになった。

 これからは、国民に大きな夢を語るのではなく、大臣として国を動かし、今まで語ってきた漠然とした夢たちを実現しなければならない。

 能ある鷹は爪を隠していただけなのか、それとも2代目(宇宙人と呼ばれた)鳩山由紀夫を襲名するのか、小泉氏のこれからに注目していきたい。

日下部智海】
明治大学法学部4年。フリージャーナリスト。特技:ヒモ。シリア難民やパレスチナ難民、トルコ人など世界中でヒモとして生活。社会問題から政治までヒモ目線でお届け。

(Photo by Tomohiro Ohsumi/Getty Images)