広瀬すずヒロインを務める連続テレビ小説なつぞら」(毎週月~土朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)の9月25日放送の第153回に、俳優でTEAM NACSメンバー大泉洋が登場!Twitterで「#大泉洋」がトレンド入りする反響を呼んでいる。(以下、ネタバレがあります)

【写真を見る】松武社長(大泉洋)「我が愛する北海道に乾杯してください」(他TEAM NACS出演名シーン!)

■ マコプロの挑戦を支える“松武社長”役!

最終週「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」(9月22日~28日放送)。時は、なつ(広瀬)の娘・優(増田光桜)が小学校に入学した1975年春。「マコプロダクション」のテレビアニメ大草原の少女ソラ」は放送ギリギリの制作が続くが、なつや坂場(中川大志)たちは「放送を楽しみにしている子どもたちのために」と歯を食いしばり、最終回の放送を迎えた。

なつぞら」25日放送回のオープニングは、その劇中アニメミルコスまんが広場 大草原の少女ソラ」本編からスタート。大人になったソラ、そしてきょうだいのように育ったレイの再会シーンが描かれた。

その後、場面は「大草原の少女ソラ」の完成を祝うパーティーに。マコプロのメンバーたちをねぎらったのは、アニメを提供していた北海道の企業「ミルコス」の社長・松武博(大泉)だった。

自身の祖父や父から受け継がれた開拓者精神を「大草原の少女ソラ」に感じ取った松武社長は「この作品を誇りに思っております」「マコプロダクションマコちゃんには、ぜひともまた次の作品をと依頼したところであります」と、次回作でもスポンサーとしてマコプロを支えていく意思を表明。

なつを紹介されると「あんたなっちゃんかい。会いたかったよ!あんたも、北海道の開拓者なんだべさ」と北海道なまりでねぎらった。

■ 一足先に出演の森崎「こうなったら、そろいたいよね」

大泉が所属するTEAM NACSは、北海道出身の俳優、森崎博之安田顕戸次重幸大泉洋音尾琢真による演劇ユニットメンバー個々のドラマなどでの活躍に加え、ローカルバラエティー番組「水曜どうでしょう」や「ハナタレックス」(ともに北海道テレビ制作)のヒットもあいまって、いまや全国区の知名度と人気を誇る。

なつぞら」が北海道を舞台にした作品だと明らかになって以降、ファンの間では“TEAM NACSの全員出演”を望む声が寄せられていた。その期待に応えるかのように、安田、戸次、音尾のレギュラー出演が決定。音尾はなつが少女期を過ごす柴田牧場の従業員・菊介役、安田はなつの幼なじみ・雪次郎(山田裕貴)の父・雪之助役、そして戸次はなつの友人・山田天陽(吉沢亮)の父・正治役で出演し、存在感を発揮してきた。

8月7日放送の第111回では、“十勝のリーダー”こと北海道・十勝支庁長の“大清水洋(おおしみず・ひろし)”役でTEAM NACSリーダーの森崎が登場。森崎は、残る一人・大泉の出演に「まぁ、こうなったらそろいたいよね~」とコメント。「なつぞら」製作統括の磯智明氏も「大泉さんはお忙しい方ですが、希望は捨てていません!あきらめません!」と、大泉の出演交渉を続けていくことを明言していた。

しかし、大泉は7月期、初主演ドラマノーサイド・ゲーム」(TBS系)に全力投球。多忙を極めるタイミングであることに加え、森崎の役名“大清水洋”が大泉の名前を連想させることから、視聴者からは「森崎さんの出演が大泉さんの出演の代わりも兼ねていて、大泉さん自身の出演はないのでは…」というあきらめムードも漂い始めていた。

■ 「待ってました!」TEAM NACS全員出演にファン感激

そんな中、最終週でついに実現した大泉の登場、そしてTEAM NACSの“コンプリート出演”。情報が解禁されると、大泉は「ほかのメンバーが出ているのをうらやましく見ており、『もう出られないのかな…』となかば諦めていたので、本当に嬉しいです」と本心をのぞかせ、「この北海道が舞台の記念すべき朝ドラに、我々TEAM NACSを全員出演させてくれたスタッフの皆様、そして我々全員の出演を願ってくれたファンの皆様に本当に感謝です」と出演を喜んだ。

そして、第153回。大泉の出演シーンが放送されると、SNSからもファンの喜びの声が続々!「ついに朝ドラNACSコンプリート!関係者の皆さま、ありがとう!」「待ってました!!」「TEAM NACS全員北海道の人、という設定も素晴らしい!!」といった感激の声が。また大泉のセリフに「我が愛する北海道を代表して乾杯をしてください」という言葉があったことから、「洋ちゃんの口から『我が愛する北海道』の一言が出て感極まった…」との感想も。放送後は「#大泉洋」がTwitterでトレンド入りする反響を呼んだ。

■ なつは十勝で何を思う?「なつぞら」最終週あらすじ

連続テレビ小説100作「なつぞら」は現在、最終週「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」を放送中。なつたちが心血を注いで制作したテレビアニメ大草原の少女ソラ」の放送は無事、最終回を迎えた。なつは、再会した妹・千遥(清原果耶)たちとともに、北海道を訪れる。翌日、季節外れの台風が十勝を直撃。柴田家は停電に襲われ、電化された最新の牧場設備がストップしてしまう――というエピソードが描かれる。(ザテレビジョン

「なつぞら」第153回より (C)NHK