政治家への「ヤジ」排除はヤバすぎる!
 こんにちは。学生ジャーナリスト日下部です。周りの人たちからは「ひもっち」と呼ばれています。

 今年の7月15日、札幌で行われた安倍首相街頭演説において、「安倍やめろ」「増税反対」とヤジを飛ばした聴衆2人が、警察官によって排除される事件が起こりました。とても恐ろしい世の中になってしまったと思うと同時に、この事件に関する報道の多くが、法律論に終始し、事の重大さがあまり伝わっていないとも思いました。

 そこで今回は、表現の自由が危機に瀕しているという現実を、もっと多くの人に、もっと分かりやすく伝えるために、過去と今を比較し、現在の異常さを可視化していきます。

 日本で初めて選挙が行われた1890年から現在までの129年間に、政治家の演説中に国民が飛ばしたヤジを紹介していきます。朝日新聞毎日新聞読売新聞データベースで、『ヤジ 排除』『演説 ヤジ』などと検索しヒットした1707件の記事から、立会演説会や街頭演説でのヤジを本記事では取り上げています。今回は、1890年から1976年までの10の演説を紹介します。

1890年8月某日『北陸某県の議員』

【時代背景】この年の7月1日に日本で最初の選挙が行われた。選挙権を持っていたのは、25歳以上で、直接国税を15円以上納税している男性だけ。女性や、僕みたいな貧乏人は投票できなかった。そんな日本最初の選挙でのこと……。

 旦那の演説会で、妻と妾がヤジ合戦をした。ヤジの詳細は不明だが、記事によると妻が旦那の政策を批判する一方で、妾は賛成したそうな……。
<出典:「妻否妾賛(歳費賞賛)議員 北陸選出・某議員の妻妾、旦那の演説会でヤジ合戦」1890年8月23日 読売新聞 朝刊>

 カオス以外の何物でもありませんね……。

1893年8月15日自由党 星亨・龍野周一郎』
【時代背景】星亨(ほしとおる)は貧困家庭に生まれたが、陸奥宗光に見出され出世していった。星は、豪腕政治家と評される一方で、数多くの汚職疑惑や、政党支持を得るための地方利益誘導などを行い、批判されていた。この演説会の直前にも、取引所設置に関し、後藤象二郎と星亨が業者から賄賂を受け取ったという報道がされていた。

ヤジ1「賄賂取りの隊長」
ヤジ2「陸奥(陸奥宗光)の庭掃小僧」
ヤジ3「後藤(後藤象二郎)の草履取り」

 満場一致のヤジに堪りかねた星たちは、途中で演壇から下りてしまったとか……。
<出典:「星亨一行の富山演説会さんざん 満場ヤジ飛び交い、中途で演壇から下り」1893年8月29日 読売新聞 朝刊>

 この時代のヤジ、レベルたけえ!

1950年5月18日自由党 吉田茂首相』

【時代背景】この年、海外では朝鮮戦争が勃発し、国内では、自衛隊の前身である警察自衛隊が創設された。吉田首相は、自己主張が強くそれを強引に通したため「ワンマン宰相」と呼ばれていた。ちなみに、吉田首相の孫には麻生太郎財務大臣がいる。

吉田「自分は愛国者だ!」
ヤジ「愛国者は首相一人ではないぞ」

 ヤジった学生、江上くんは、自称警備員の青年数名に詰め寄られ、肩や頭を殴られシャツをビリビリに破かれた。さらに演説会終了後、自称警備員の青年たちに控え室に連れ込まれ吊るし上げられた。なおこの場合の「吊るし上げ」が、縛って高い所に吊るすの意味か、集団で厳しく糾弾するの意味か、どちらかは不明。
<出典:「ヤジ学生吊上げ」1950年5月18日 毎日新聞 日刊>

 自称警備員、過激すぎだろ……。でも今の日本もかなり近くなってる気がする。

1953年4月1日自由党 吉田茂首相』

【時代背景】吉田首相が社会党の西村栄一議員との質疑応答において、バカヤローと小さく呟いたのを偶然マイクが拾い、これがきっかけとなり衆議院が解散した。通称、バカヤロー解散」

 日比谷での演説中に

ヤジ1「バカヤロウ」
ヤジ2「(石炭業界との癒着について)石炭内閣」
ヤジ3「(吉田13人衆と呼ばれる、側近を従えていたことについて)側近政治は民主政治か」

吉田「ノウノウと野次を飛ばす諸君は政治を解しておらぬ奴らである」
<出典:「“解散がなぜ悪いか” 自由党日比谷大会 首相、ヤジに終始強腰」1953年4月2日 読売新聞 朝刊>

 バカヤロー解散した人が、バカヤローとヤジられるとはなんたる皮肉……。安倍首相も警察に頼んで排除なんかさせずにやましいところがないなら堂々対応すればいいのである。

1955年1月6日自由党 有田二郎氏』
【時代背景】この年、サンフランシスコ講和条約に対し賛成派と反対派に分裂していた社会党が再統一。それを脅威と感じた保守陣営も日本民主党自由党が合同し、自由民主党が結成した。それ以来、与党が自民党、野党が社会党という55年体制が38年間続いた。

 自由党の有田二郎氏は、前年に贈収賄で逮捕され懲役2年執行猶予3年の有罪が確定していた。

ヤジ「汚職代議士引っ込め」

 場内騒然。有田氏、その場に立ち往生、わずか3分で降壇してしまった。
<出典:「ヤジの応酬 自由党大阪遊説」1955年1月7日 読売新聞 朝刊>

 ド直球なヤジ。これには有田氏ぐうの音も出ず。

 ちなみに、この有田氏、1953年8月1日の議会で、右派社会党の堤ツルヨ議員による「断末魔自由党」というヤジに対して、「パン助黙れ」と応酬して女性蔑視発言として大問題になった人物でもある(参照:1953年8月2日付け朝日新聞

 1960、70年代にも、立会演説会における政治家へ対するヤジが問題になっていた。立会演説会とは、選挙の際に候補者が集まり、学校の体育館などで演説する会のこと。

 立会演説会では、各陣営がサクラを投入し、相手陣営の演説中に集団でヤジやビラを撒く選挙妨害や、ヤジ同士の衝突などが起こっていたのだ。

 1960年10月12日社会党の浅沼稲次郎委員長が立会演説会で、右翼青年に刺殺される事件がおこった以後も、集団ヤジなどによる選挙妨害はなくならず、1983年公職選挙法が改正され、公的な立会演説会は廃止された。

1960年10月12日社会党 浅沼稲次郎委員長

 自民党社会党民社党の3党合同立会演説会において社会党浅沼委員長の演説中

1右翼団体によって「中ソの手先、容共社会党を打倒せよ」というビラがまかれる

2ヤジがあまりにも激しくなり演説内容が聞き取れなくなる

3司会者が浅沼委員長の演説を一旦中止し、聴衆に静粛を求める

4演説が再開された直後に、一人の青年が壇上に上がり、浅沼委員長の胸を銃剣で2度刺す

5浅沼委員長は病院に運ばれるも、死亡
<出典:「浅沼委員長刺殺さる 3党首立ち会い演説会で 犯人を逮捕▽背後関係を追及」1960年10月12日 読売新聞 夕刊>

 暴力反対……。

1960年11月16日社会党 山口シヅエ氏』
【時代背景】社会党の浅沼委員長が刺殺される事件がおこった一ヶ月後。この日の立会演説会もヤジの嵐で、身の危険を感じた山口氏は、選管に「今後立会演説会に出席しない」と届け出た。

山口「このままでは聴衆に迷惑をかけるかけることにもなり、自分の身辺にも危険を感じたので出席しないことにした」

斎藤警視庁捜査二課長「ヤジがどの程度のものかわからないから、公選法の『自由妨害罪』が成立するかどうか、すぐにはいえない。妨害の認定はむずかしいが演説ができない場合は被害者側の告訴がなくても自由妨害と認めて摘発する。騒ぐものに選管から退場を求めることになるだろう」
<出典:「”ヤジなどで身にも危険 立会演説出席せぬ”」1960年11月16日 毎日新聞 夕刊>

 ヤジという同じ問題だけど、今と真逆の悩みである。

1963年4月8日『2人の某候補が雇ったとされる十数人の男たち』
 立会演説会に参加している2人の候補者に雇われた10数人の男たちが、自派候補の演説の際に、通路を歩き回って睨みをきらし、止めに入った選管職員ともみ合いになった。そのため演説が10分間中断した。また、自派の議員へ対するヤジがあると、ヤジをした人の前にじっと立って威圧した。一方、雇い主の対立候補の演説中には、ヤジを飛ばしまくった。

ヤジ1「よろめき」
ヤジ2「アル中」
ヤジ3「隅田川にほうりこむぞ」
<出典:ヤジ、怒号-この妨害 都知事選 立会演説会 集団でニラミ回す 1963年4月12日 朝日新聞 朝刊>

 もはやお前らプロだよ。プロのヤジラーだよ。

1963年4月11日東京都選挙管理委員会』
【時代背景】各会場で集団ヤジが目立ち、聴衆から選管に抗議が殺到していたため、前日に東京都選挙管理委員会が声明を出し、妨害者に静止を命令し、従わない場合、会場から退去させることになった。

 某候補の演説の際に、学生服姿の3人がヤジり演説が聞こえない状態になった。聴衆の一人が「静かにしろ」とたしなめたところ、3人がその聴衆を小突き始め選管と警察官によって会場から強制退場させられた。
<出典:1963年4月12日「ヤジ、追い出される 都知事選演説会 選管声明後初めて/統一地方選」読売新聞 朝刊>

 小突き始めたら、もうヤジとか表現の自由の前に暴行だからね。

1976年11月21日自民党 田中角栄氏の代役、早坂茂三秘書』
 
【時代背景】この年の2月に、業績不振に陥っていたアメリカロッキード社が、飛行機の売り込みのために、田中元首相や丸紅の社長などへ賄賂を送ったことが判明し、田中元首相をはじめとした政界と財界の大物が逮捕された。俗に言うロッキード事件。

 有権者からの批判を恐れ、田中元首相が欠席。早坂秘書が代役として登壇。前方に約200人ほどの田中角栄親衛隊の姿が。

早坂「戦後13回目の総選挙を迎え田中角栄は正々堂々と立候補しました」

ヤジ1「角栄はどうした」

田中親衛隊「(早坂)ガンバレよ」

早坂「田中は日本の法体系の中で、身のあかしを立てることをお誓います」

ヤジ2「ウソつけ」

ヤジ3「新潟3区の恥」

田中親衛隊「(角栄)マスコミに負けるな」

 早坂、ロッキード事件から地域開発に話を変える

ヤジ4「ロッキードから逃げるのか」

 上越新幹線関越自動車道など公共事業の話になると

ヤジ5「国民の血税を無駄遣いするな」
<出典:1976年11月22日「“角ぬき演説会”大荒れ 代役秘書もたじたじ 新潟3区 乱れ飛ぶ怒号とヤジ」読売新聞 朝刊>

 正々堂々と立候補したくせに、逃げてますやん……。

◆過去のヤジを振り返ってみて……
 今回は、戦前から1970年代までを取り上げた。戦前、戦時中の事例は、ほとんどヒットしなかった。おそらくその原因として考えられるのは、当時、言論統制言論弾圧、情報統制などが行われており、ヤジを飛ばす環境が存在しなかったことや、そういった事例があっても、新聞が政府による検閲を受けていたため、報じることができなかったためだろう。

 注目すべきは、1960年から70年代にかけて、立会演説会でのサクラによる集団ヤジが問題になっていたことだ。候補者に雇われたサクラは、対立候補へ誹謗中傷を含んだヤジを飛ばしたり、対立候補の支持者へ恫喝をしたりし演説を妨害していた。現在よりもひどい状況だが、警察は介入することにとても慎重な態度を取っており、警察ではなく選管が対処すべきという発言をしていた。

 この時代と現在を比較すると、「増税反対」と一言ヤジを飛ばしただけで警察の手によってその場から排除されてしまう現代の異常さを理解することができた。

短期集中連載・政治家ヤジられTIMELINEPart1
<文/日下部智海 a.k.a.ひもっと イラストkame

日下部智海】
明治大学法学部4年。フリージャーナリスト。特技:ヒモ。シリア難民やパレスチナ難民、トルコ人など世界中でヒモとして生活。社会問題から政治までヒモ目線でお届け。