レヴァークーゼンを率いるピーター・ボス監督は、チャンピオンズリーグ(CL)で対戦したユヴェントスの強さをまざまざと実感したようだ。1日に、イタリアメディアフットボールイタリア』が報じている。

 1日に行われたCL・グループステージ第2節のユヴェントス戦で、レヴァークーゼンは敵地『アリアンツ・スタジアム』に乗り込んだ。しかし、イタリア王者のしたたかな戦い方に屈し、0-3と完敗を喫している。

 試合後、ボス監督は「我々は明らかに劣っていたね。前半は良い時間帯もあったが、ゴールを奪うことができなかった。後方でのプレーエラーが発生し、それが失点につながってしまった。CLでの経験が豊富なチームと、そうでないチームの違いが分かったよ」と述べ、ユヴェントスの強さを認めた。

 ユヴェントスは次節、10月22日ホームでロコモティフ・モスクワと、レヴァークーゼンはアウェイアトレティコ・マドリードと対戦する。

完敗を認めた、レヴァークーゼンのボス監督 [写真]=Getty Images