令和元年、芸能界は結婚ラッシュです。祝福とともに働く独身30代にいろんな意味で衝撃を与えた人というと、まず挙げられるのが、元AKB48メンバーで、女優としてメキメキ実力を発揮していた川栄李奈さんです。仕事が面白くて夢中になっているうちに婚期を逃し、焦って婚活している30代後半のある女性は、「24歳、ブレイク直前っていうタイミングで結婚・妊娠を選べるって羨ましい」と自分にはなかった彼女の瞬発力に思いを馳せ、目を細めていました。

一方、同様に妊娠と結婚を同時発表した滝川クリステルさんには、「結婚より仕事派の人かと思っていたけれど、結婚願望って年代によって変わるものなんだなぁ」と思ったり、「アラフォーでも妊娠できるんじゃーん。私もがんばろー」と思ったり。妊娠だったり年齢だったり、付き合い歴だったり。男性は「仕事がひと段落したら」と「親が」が結婚のタイミングの2トップですが、女性が結婚したくなるタイミングっていろいろですよね。

蒼井優さん、平山あやさん、くみっきーこと船山久美子さん、貫地谷しほりさん……。振り返ってみると、令和元年は「女子が好きな女性芸能人」が次々に結婚したという印象です。水川あさみさんも然り。そして、消費税10%スタート10月1日には、全女子に嫌われない、おしゃれかわいい多部未華子さんが事務所を通じて結婚を発表しました。30歳だし、令和元年だし、お相手の方とはお付き合いが3年になるそうだし……なんというか、結婚するにあたって「どうして今?」という疑問を差し込む余地もないほど、「正解」のバリエが多く、前のめりに祝福できる結婚です。

しかし、そのときに、ふと心によぎってしまったのが「元カレが結婚したからかな……」という気持ちです。元カレの結婚も、アラサー女子の結婚のタイミングのひとつです。

元カレが結婚すると、心がザワつきません?

実は水川あさみさんが窪田正孝さんと結婚したというニュースを聞いたとき、割と多めの女子たちが、水川さんに対しての祝福と羨望を胸にしつつ、世間の祝福の声がどんどん高まっているのを知るにつれ「多部ちゃん、イヤじゃないかな」とも思っていたのです。多部未華子さんと窪田正孝さんは、数年前に熱愛の噂がありましたよね。

だって、元カレが結婚するって聞いたりSNSで知ったりすると、たとえもう全然好きでもなんでもなくても、そして自分に彼氏がいたとしても、なぜか心がザワザワするじゃないですか。しかも、元カレの今カノは世間からメチャクチャ祝福されているのです。一般人でいうと、社内恋愛していた元カレが別の社内の子と結婚して、同じサークルの仲間からメチャメチャ祝福されているっていう感じでしょうか。そんなことになったら、もやもやがイライラに変わり、その祝福は自分が受けるべきはずのものだったのになどという気持ちにだってなりますよね。

多部ちゃんは、おしゃれだし超かわいいけど親近感があります。それだけに、私たちとおんなじ気持ちになってもおかしくないと思うのです。だからこそ、多部ちゃんが結婚したというニュースを聞いたときに、「え、そうなんだ、おめでとう」という軽い気持ちで普通に祝福する人がいる一方で、「よかったね~」「元カレもだけど、多部ちゃんも幸せをつかんだんだね~」と胸をなでおろした人もけっこういたのです。ネットの民たちは「元カレ同時婚」と名付けたそうな。

いや、もちろん、元カレの中には「っていうか、結婚しようが死のうがどうでもいい」という相手もいるし、けっこう傷つけちゃったり、ストーカーまがいのことをされて気持ち悪かったりで、むしろ結婚してくれてありがたいという相手もいます。そして、そもそも過去の男がどう生きていこうと自分には全く関係ないし、なんとも思わないという人もいます。しかし、それは少数派。大多数の独身女子たちは、元カレが結婚したって知ったらもやもやするものなのです。そして、そのもやもやを昇華させるために、「自分もとっとと結婚しよう……」となることが多い。

なので、多部ちゃんが結婚すると知った時にも、「元カレが結婚したってのも、結婚のタイミングに関係あるのかな」と思ったのです。そうであって欲しいとか、そうだったら残念とかいうことではないのです。むしろそれがふつう……と思っているのです。そして実際、別に元カレが窪田さんじゃない一般人たちまでも、自分が多部ちゃんになったような気になり「今は彼氏いないけど、次に誰かから告白されたら、もう何にも考えずにその男と結婚しよう」とか「今付き合ってる男と結婚しちゃおう」という気持ちになっています。多部ちゃん、というか窪田さんの結婚は、相手をより好みして結婚に辿り着けない女子たちの起爆剤になるかもしれません。

しかし、どうしてこうも元カレの結婚は心をざわつかせるのでしょうか。あずき総研では働く独身30代に「もやもやする元カレの結婚」についてリサーチしてみました。その2に続きます。

アラサー女子には、結果的に元カレに背中を押される結婚のタイミングというのもあるのです。
関連画像