テリー 俺の話はさておいて、そのフランス人の彼とは結局、別れちゃったんでしょう。どうして?

大石 日本に戻って、今のお仕事を始めることになったんですが、そこから関係がギクシャクしてしまったんです。最初は私も暇を見つけてフランスへ行っていたんですが、やっぱり仕事のほうを優先することが多くなって。

テリー ああ、途中でフランスと日本の遠距離恋愛になったんだ。

大石 はい。そうなってしまうと、やっぱり続かなかったですね。

テリー フランス人って、日本人より優しくてロマンチックイメージだけど、ダメだったんだ。

大石 フフフ、別れたあとはすごいボロカスに言われました。「本当に君は女として最低だ」って(笑)

テリー そこまで言われたの。なんで「最低」なの?

大石 彼の気持ちを考えずに別れを切り出したと思われたらしく、「僕の時間と愛を返せ!」とか、いろいろ言われました。しかもそれを、周りの友達にも言い触らすんですよ。

テリー フフフ、じゃあ電話もジャンジャンかかってきたんだろう。

大石 それはもう。スマホの充電が切れるぐらい電話とメールで責められて、大変でした。

テリー 求愛と同じくらいクレームも情熱的なんだな(笑)。でも、そこまで言われてもしっかり仕事を選んだから、大石さんは偉いよな。でも、将来はどうするの?

大石 将来って何ですか?

テリー 結婚はしたいと思っているの。

大石 したいと思っていますけれど‥‥。

テリー 難しいよな、だって恋愛より仕事のほうが大事な人なんだもの。

大石 そうなんですよね‥‥でも、30歳くらいまでにできるといいな、とは思っています。

テリー 思うだけなら誰でもできるけどね(笑)。じゃあ、ここで好きな男性のタイプアピールしておこうか。どういう人が好きなの?

大石 男性は優しい人が好きです。

テリー それ、みんなそう言うんだよな。もっと具体的に言ってみてよ。

大石 あんまりトゲトゲしていなくて、話がおもしろくて、鼻が大きくて‥‥例えるなら、ジャッキー・チェンさんなんかがタイプです。

テリー 具体的だけど、あんなタイプの人なんて、そうそう会えないよ。あ、鼻が大きいってことは、チ○チンが大きい人がタイプってことなんだな?

大石 違います。それもよく言われるんですけれど、鼻が大きい顔が好きなんです。長嶋一茂さんなんかの雰囲気もいいですよね。

テリー どのくらいの年齢がいいとか、ある?

大石 いえ、そういうのは全然。相性がよければ、何も気にならないです。

テリー 男性とつきあっちゃうと、大石さんはどんな感じになっちゃうの。

大石 そうですね‥‥思い切り甘えちゃうかも。

テリー へえ、見た目はクールな印象なのにね。そのギャップに男はメロメロになっちゃうんだろうな。じゃあ、夜になってからの甘え方もぜひ聞かせてほしいな。

大石 いやいや、ここでは恥ずかしいので、テリーさん、今度飲みに行きましょうよ。そこでこっそりお話ししますから。

アサ芸プラス