ある日、血液検査のため病院に行った、奏音(@rai_bot_1025)さん。

注射をする前の看護師さんとのやり取りをTwitterに投稿すると、多くの人が笑ってしまいました。

看護師「今すぐ殴る勢いで…」

投稿者さんは血管が見えづらく、握力も低いため、注射で失敗されることがよくあるといいます。

それを聞いた看護師さんは、血圧検査の結果を見た上で、握力を増強させる助言をしました。

大丈夫ですよー。はい、最近むかついたことを思い出してー。はい、今すぐ殴る勢いでこぶしを握りしめて!」

怒りを糧に握力が増した投稿者さん。

さらにあおる看護師さんの言葉に集中していると、拍子抜けするほどあっさりと注射は終わっていたといいます。

投稿者さんのエピソードに、多くのコメントが寄せられていました。

・むかついた出来事が役立つ、唯一の時間。

・私も毎回、失敗されるので参考にします。

・患者の扱いがうまい看護師だな。

なるほど、こうすればパワーアップするのか…。

もちろん、これは看護師が血圧などを見て、握力の弱い投稿者さんに最適だと判断してのこと。

自己判断で怒りのボルテージを上げて、採血に臨むことはしないようにしてくださいね


[文・構成/grape編集部]

出典
@rai_bot_1025
※写真はイメージ