TOKIOリーダー城島茂が、48歳にしてゴールイン。相手は、24歳年下のグラビアアイドル・菊池梨沙だ。気になるのは、ジャニーズタレント史上最高となる年の差。TOKIOデビューした94年は、菊池が生まれる前年。お義父さんは同世代だが、お義母さんは43歳で年下だ。

 芸能界では年の差夫婦が珍しくない。9月30日スタートしたTBS系朝の新情報番組『グッとラック!』の司会者に抜てきされた落語家・立川志らくは、妻が18歳も年下だ。

 妻の酒井莉加さんは、3歳から15歳まで大阪の児童劇団に所属しており、弱冠15歳で上京。女優道を邁進した。18歳で女性アイドルグループLink Link Link」に所属。AKB48Perfumeと同じステージパフォーマンスしたことがある。

 アイドル活動終了後は、女優活動を再開。志らくが監督を務めた自主制作映画『SF小町』でヒロインに抜てきされたのを機に交際。およそ4年の恋人関係を経て、ゴールインした。足にド派手なタトゥーが入ったファンキー妻は、2人の娘を育てるママ。劇団「謎のキューピー」を率いるアクティブな一面がある。

 一流落語家は、オンナに対する目も肥えている。同じく美人女優を口説き落としたのは二代目林家三平だ。妻は今春およそ4年ぶりにドラマ『緊急取調室』(テレビ朝日系)で女優復帰を果たした国分佐智子だ。

 2人は11年、国民的ドラマ水戸黄門』(TBS系)で共演。英語が得意な三平、オーストラリアで6年間過ごした国分はすぐに意気投合した。交際およそ2か月後に婚約、その2か月後に結婚。スピード婚の末、16年11月に第一子(男児)が産まれている。

 志らく、三平と縁深い春風亭昇太は今年6月、59歳で長すぎた独身生活にピリオドを打った。志らくと同じく、美人と年の差婚。司会を務める長寿番組の『笑点』(日本テレビ系)に、三平が出演中だ。

 “笑点男”のハートを射止めたのは、有名ドッグサロン「青山ケンネル」の専務取締役の下薗利依さん。NPO法人 日本動物福祉職能協会の理事長も務めており、昇太とは19歳の年の差だ。

 さらに驚くのは、下薗さんは元タカラジェンヌ。97年に宝塚歌劇団に入団し、「宝珠小夏」の芸名で雪組の娘役だった。活動期間は4年ほどで、かなり短め。トップスターになる前に家業のドッグサロン系へ転職したが、一度は芸事に邁進した身。昇太にシンパシーを抱いて当然か。

 アイドル、女優にタカラジェンヌ。知名度抜群の江戸の噺家は、見目麗しい経歴と容貌を携えたオンナがお好きなようで……。
(伊藤由華)

林家三平