平成27年国勢調査によると、50~54歳の未婚率は20%を超えており、5人に1人は未婚者です。おひとりさまは世話や看病、介助してくれる家族がおらず、人手をお金で買うことになるので、既婚者より多くの老後資金が必要です。そのことを見通している未婚者はコツコツとお金をため続け、50代前半には一定の金額に達しているのではないでしょうか。

 しかし、長い老後を見越して作った資金なのに病気やけがなど思わぬ形で老後が訪れず…その前に命を脅かされるケースも存在します。そうすると、ため込んだ老後資金をどうするのかが問題になります。すでに両親は亡くなっており、兄弟姉妹とは疎遠で付き合っている恋人もいない場合、どうすればよいのでしょうか。

 今回、ご紹介する相談者は、スナックを経営するママの田原順子さん(仮名、42歳)。店の客である杉橋譲司さん(仮名、58歳)は今まで結婚歴のないおひとりさまですが、ママは彼に遺言を書かせたいというのです。一体何があったのでしょうか。

<家族構成と登場人物、属性(すべて仮名、年齢は相談時)>
遺言者:杉橋譲司(58歳)   会社員(年収900万円)
遺言執行人:田原順子(42歳) スナック経営(年収不明)
受遺者:田原桜子(9歳)    小学生

20年の住宅ローンで戸建てを購入

「お店の客のことなんだけど…大急ぎで何とかなるかなあ」

 ママが筆者に遺言の作成を依頼してきたとき、すでにママと譲司さんは男女の仲でした。最初は譲司さんがママに好意を寄せており、猛烈アタックを続けた結果、ママが「そこまで言うなら」と譲司さんの気持ちを受け入れた格好です。ママが「おうちが欲しい!」とせがんだので、譲司さんは58歳で、20年ものの住宅ローンをママとの連帯債務で組み、戸建て住宅(譲司さん5割、ママ5割)を購入したのです。

 ママには婚外子の娘(9歳)がいるのですが、父親は既婚者なので不倫の子です。そのため、ママは父親に認知を求めず、養育費も請求せず、女手一つで今まで育ててきました。譲司さんと3人で暮らす姿は一見すると夫婦、そして家族同然でした。譲司さんの両親はすでに他界しており、姉と兄とは疎遠でほとんど連絡を取っていないそう。ずっと1人で生きてきた譲司さんにとって久々に味わう家族の温かさで、娘のこともわが子のようにかわいがりました。

「でも、杉橋さんとは結婚できないのよ」

 ママは娘を米国の中学校に通わせるつもりでした。その中学校に入学できるのは、両親どちらかが米国籍の場合のみ。3年後、ママは米国人男性と再婚し、娘と養子縁組をする予定だったのです。

 もともと、家はママへのプレゼントでした。ママへの愛情を形にすべく、譲司さんは住宅ローンを最後まで返済すること、そして、完済の暁には所有権をママへ譲渡することを約束し、一筆を交わしたのです。

不動産譲渡に関する契約書

杉橋譲司(以下、甲という)と田原順子(以下、乙という)は不動産の譲渡について以下のとおり、合意した。

甲は乙に対し財産分与として次に掲げる不動産(不動産の表示は省略)の所有権を2039年8月31日までに乙へ譲渡することとし、譲渡にかかる費用は甲が負担する。なお、当該不動産にかかるローンは甲が負担する。

2019年9月30日
甲 横浜市神奈川区新橋3-7-31
会社員 杉橋譲司

乙 横浜市神奈川区新橋3-7-31
店舗経営 田原順子

なぜ「遺言」を書かせたかったのか

 しかし、住宅ローンを完済するのは譲司さんが78歳のとき。譲司さんに万が一のことがあった場合、譲司さんの住宅ローンは団体信用生命保険(住宅ローン残債と同額の保険金が支給され相殺される)で帳消しになりますが、ママの住宅ローンは残ります。そして、ママと娘は戸籍上、譲司さんにとって他人。法定相続権を持っていないので、譲司さんの遺産は疎遠の姉、兄が相続し、ママと娘は追い出されるでしょう。

 もちろん、譲司さんと娘が養子縁組をすることができれば、その限りではありません。養子がいる場合、兄弟姉妹は法定相続分を失いますが、これは遺言の有無に関係なしです。従って、譲司さんが遺言を書かなくても養子縁組をすれば、ママと娘さんを守ることができるのです。血がつながっていなくても養子縁組を行うことは可能ですが、今回の場合、娘さんが留学するためには戸籍の父親欄を空欄のままにしておかなければなりません。そのため、養子縁組ではなく遺言という形を取らざるを得なかったのです。

「杉橋さんに何かあった場合、遺言を書いてほしいって頼んだのよ」

 ママが望む遺言は、遺産すべてを娘に残すという内容でした。兄弟姉妹には、遺留分(どんな遺言を書いても残る相続分)が認められていないので、このような遺言があれば、すべての遺産を娘に託すことができます。譲司さんには1200万円の預貯金と1300万円の退職金があるので、ママの分の住宅ローンも完済できるでしょう。筆者は2人が望む内容の遺言を作成し、譲司さんが署名し、署名した遺言はママが保管することになりました。

遺言公正証書

本職は遺言者・杉橋譲司の嘱託により、証人*****、*****の立会の上、次の遺言の趣旨の口述を筆記しこの証書を作成する。

第1条 遺言者は一切の財産を横浜市神奈川区新橋3-7-31 田原桜子に相続させる。

第2条 本書遺言の執行者として以下の通り、指定する。
住所 横浜市神奈川区新橋3-7-31
氏名 田原順子

本旨外要件

会社員 遺言者 杉橋譲司

上記遺言者は本職と面識がないので、法定の印鑑証明書をもって、人違いでないことを証明させた。

上記遺言者及び証人に読み聞かせたところ、各自筆記が正確なことを承諾し、以下にそれぞれ署名捺印する。

遺言者 杉橋譲司
証人 ****
証人 ****

この証書は民法969条第1号乃至(ないし)第4号の方式により作成し、同条5条に基づき本職が次の署名をする。

********************
**地方法務局 公証人****

おひとりさま増加、遺産について検討を

 3年後、娘は予定通り米国へ旅立ったのですが、ママいわく遺言作成から2年後、譲司さんは病気で亡くなったそう。筆者は遺言作成時、譲司さんが病気を患っていることを知らなかったので、とても驚いたことを覚えています。譲司さんの遺産はすべてママが相続し、遺産の一部を娘の学校の入学金、授業料、渡航資金に充てたそう。

 おひとりさまは世話や看病、介助してくれる家族がいないので、より多くの老後資金が必要です。譲司さんも2500万円の資金をため込んでいたのですが、予想より余命が短い場合、老後資金は使い道を失います。どうやら譲司さんは家を購入する段階で病を患っており、自分の死期を悟っていたようです。

 自分の資金を誰に渡すのか…譲司さんにとって、それは兄や姉ではなく、ママ、そして娘でした。わずか4年の付き合いで2500万円と持ち家を手に入れたママがしたたかなのは確かです。しかし、財産を受け取ってほしいという譲司さんの気持ちを受け入れただけなので責められないでしょう。遺産目的かどうかはともかく、ママはそれだけ愛されていたともいえます。

 昨今の情勢(非正規社員の増加、サービス残業の増加、男女の出会いの減少…)を考えると、未婚化に歯止めがかからず、おひとりさまの増加に拍車がかかることが予想されます。譲司さんとママのケースを参考に、家族がいない場合、誰に遺産を残すのかを検討しておいた方がよさそうです。

露木行政書士事務所代表 露木幸彦

老後資金が使えないと分かったら…