株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田洋祐、以下「スクウェア・エニックス」)は、2,000万ダウンロードを突破したスマートフォンタイトル星のドラゴンクエスト』(以下、星ドラ)の新TVCM 「4周年 DAIGOインタビュー CEO」篇をはじめ全6篇(各15秒)を2019年10月6日(日)0:00より順次全国でオンエアし、WEB CM 「DAIGOガチインタビュー」前編・後編を星ドラ公式YouTubeで公開いたします

星ドラ4周年を記念した同TVCMでは、芸能界屈指のドラゴンクエストファンとして知られるDAIGOさんを起用し星のドラゴンクエスト プロデューサーの市村龍太郎氏がインタビューを敢行。ドラゴンクエストの出会いや想い出、星ドラを始めたきっかけ、全職業の合計レベルなど、禁断のプライベートエリアにまで踏み込んだ2時間におよぶ濃密なインタビューで、星ドラ愛に満ちたDAIGOさんの表情とコメントを引き出しています。

星ドラCEO就任をオファーされるシーンでは、最高責任者だと思い込みながら真剣な表情で快諾するDAIGOさんですが、実は「CEO」の意味が「C(ちょっと)E(ええ意見を言う)O(お客)」という『DAI語』であるなど、ちょっぴり笑えるユニークな展開もお楽しみいただけます。また、あまりにも自然に着こなしている勇者のコスチューム姿やダイナミックに剣を振るう華麗なアクションにも、ぜひご注目ください。

TVCM(各15秒)
「4周年 DAIGOインタビュー CEO」篇、「4周年 DAIGOインタビュー 星ドラとは」篇、
「4周年 DAIGOインタビュー 数え方」篇、「4周年 DAIGOインタビュー 職業レベル」篇、
「4周年 DAIGOインタビュー マルチプレイ」篇、 「4周年 DAIGOインタビュー オススメ」篇

オンエア期間   2019年10月6日(日)00:00~10月15日(火)23:59
放送エリア   全国
WEB CM  「DAIGOガチインタビュー」前編 https://youtu.be/e6I-vpzrBIM
      「DAIGOガチインタビュー」後編 https://youtu.be/uVPHdhfRaGo

ストーリーボード1.
男気で引き受けた「CEO」の意味が、まさか…の!?

「4周年 DAIGOインタビュー CEO」篇(15秒)

星ドラへの想いが多すぎますね、DAIGOさん!
「4周年 DAIGOインタビュー 星ドラとは」篇(15秒)

うぃっしゅな数え方があまりにも自然で、ナレーターも思わずツッコミ
「4周年 DAIGOインタビュー 数え方」篇(15秒)

ストーリーボード2.
さらっと言っているそのレベル、実はすごすぎです!

「4周年 DAIGOインタビュー 職業レベル」篇(15秒)

どんなメンバーが集まっているのか、とても気になります!
「4周年 DAIGOインタビュー マルチプレイ」篇(15秒)


「いままでやってきたファン」と、「これから始める人」を合わせると…
「4周年 DAIGOインタビュー オススメ」篇(15秒)


WEB CMについて
TVCMでは伝えきれなかったDAIGOさんの星ドラインタビュー映像をWEB限定で公開!






2時間におよぶ長いインタビュー取材で引き出されたDAIGOさんの熱いコメントは膨大なボリュームとなり、その「名言」の数々を15秒という短いTVCMに収めきれないことから、WEB限定のCM映像として10月6日(日)0:00より公開いたします。

星ドラを愛するDAIGOさんの想いが伝わってくる熱い言葉、そしてナレーターによるスパッと切れ味鋭いツッコミコントラストをたっぷりとお楽しみください。

WEB CM URL
DAIGOガチインタビュー」前編 https://youtu.be/e6I-vpzrBIM
DAIGOガチインタビュー」後編 https://youtu.be/uVPHdhfRaGo

■撮影エピソード
撮影前に弾みすぎたドラクエトークに危機を感じ、スタッフが制止するひと幕も
撮影当日、勇者のコスチューム姿でスタジオ入りしたDAIGOさんは、インタビュアーを務める星のドラゴンクエスト プロデューサーの市村龍太郎氏と対面すると、あいさつも早々に、立ち話感覚でドラクエトークを始めました。ドラクエが好きな者同士、共通の話題も多く、スタジオの隅で盛り上がり続ける会話に撮影スタッフが危機を感じ「そのまま全部話されてしまうと困るので…」と促し、ようやく撮影のスタンバイに入りました。

大好きな星ドラのCM出演が決まり、いちファンとして喜びの表情を見せたDAIGOさん
広いスタジオ内に設営されたセットは、DAIGOさんとインタビュースタッフが座るチェアを用意しただけの小さなステージのみ。DAIGOさんはちょっと不思議そうな表情を見せながらも、穏やかなトーンでインタビューに回答しはじめました。スマホを見ている時間のほとんどが星ドラか奥さんとの連絡というDAIGOさんは、「こうして仕事で星ドラにかかわることができて嬉しい。Twitter星ドラのことをつぶやくと『仕事?』って言われるけど、全部プライベートだったからね」と笑顔で語り、2時間という長いインタビュー撮影にもかかわらず、楽しいトークを披露し続けました。

キャスト

DAIGO

BIRTHDAY: 4月8日

HOMETOWN: 東京都

BLOOD TYPE: AB型

JOINT WORKER: BREAKERZ


星ドラ10月15日で4周年!
星のドラゴンクエスト』をご利用いただき、誠にありがとうございます
おかげさまで『星のドラゴンクエスト』は2019年10月15日に4周年を迎えます!

2019年10月15日に4周年を迎えることを記念した「星ドラ生誕4周年キャンペーン」を開催します!
10,000ジェムプレゼント、最大100連ふくびき無料のチャンス!をはじめ、4周年記念のキャンペーンが盛りだくさん!
4周年を迎え、ますます盛り上がる『星のドラゴンクエスト』をよろしくお願いします!

◇4周年記念 10,000ジェムプレゼント
下記期間中に『星のドラゴンクエスト』にログインした冒険者全員に10,000ジェムプレゼント

<受け取り期間>
2019年10月6日(日) 0:00 ~ 10月22日(火) 23:59まで。

◇4周年記念 最大100連ふくびき無料のチャンス
下記期間中に『星のドラゴンクエスト』にログインした冒険者全員に最大100連ふくびき無料のチャンス

<受け取り期間>
2019年10月6日(日) 0:00 ~2019年10月15日(火) 23:59まで、1日1回毎日10連ふくびき無料。
最大10日間で100連ふくびき無料。

星ドラ生誕4周年キャンペーン」のゆるゆる紹介動画も公開中!
ぜひご覧ください。
https://youtu.be/YCvkCrb0NFI

星のドラゴンクエスト』とは?

星のドラゴンクエスト』は、累計2,000万ダウンロードを突破した「ドラゴンクエストシリーズスマートフォンタイトルで、そうびや見た目を自由にカスタマイズできる主人公たちを成長させながら、惑星全体を舞台にして冒険し、迫りくる星の危機に立ち向かう“宇宙丸ごと探索型RPG”です。

かんたんタッチ操作でプレイできる、ドラゴンクエストシリーズおなじみのモンスターたちとの大迫力のバトル。最大4人で挑むマルチプレイでは、全国のプレイヤーと一緒に、歴代シリーズの強敵とのバトルなどをお楽しみいただけます。

また、マルチプレイ中には人気イラストレーター漫画家のカナヘイさん描きおろしのスタンプが使用でき、プレイヤー間のコミュニケーションを豊かに彩ります。

さらに、2018年11月には新要素「モンスター闘技場」が実装。モンスターをスカウト・育成し、他プレイヤーの育てたモンスターとのバトルをお楽しみいただけます。










■商品概要

●商品タイトル: 『星のドラゴンクエスト
ジャンル: ロールプレイング
●対応機種: iPhone/Android
●配信日: 好評配信中
●価格: アイテム課金型(基本プレイ無料)
●公式サイトhttp://www.dragonquest.jp/hoshidora/
●公式Twitter: @hoshidora_info (公式ハッシュタグ:#星ドラ
YouTube 星ドラ公式チャンネル: http://sqex.to/youtube
●『星のドラゴンクエストダウンロードURL
App Store: http://sqex.to/hdq_A
Google Play: http://sqex.to/hdq_G
Amazonアプリストア: https://www.amazon.co.jp/dp/B079Z6YQRY

<権利表記>
●映像や音楽を含む場合

(C)2015-2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO

●雑誌記事など、音楽を含まない場合
(C)2015-2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

<制作スタッフ
ゼネラルディレクター: 堀井雄二
キャラクターデザイン: 鳥山 明
●音楽: すぎやまこういち
●制作・運営: 株式会社スクウェア・エニックス

<ご参考>株式会社スクウェア・エニックスについて

株式会社スクウェア・エニックスは、エンタテインメント分野において、創造的かつ革新的なコンテンツサービスヒット作品を生み続けるリーディンカンパニーです。当社グループの自社IPの代表作には「ドラゴンクエストシリーズ(累計出荷・ダウンロード販売本数7,800万本以上)、「ファイナルファンタジーシリーズ(同1億4,400万本以上)、「トゥームレイダーシリーズ(同7,400万本以上)、「スペースインベーダーシリーズなどがあります。(https://www.jp.square-enix.com/

SQUARE ENIXおよびSQUARE ENIXロゴ、ドラゴンクエストDRAGON QUEST、ファイナルファンタジーFINAL FANTASYトゥームレイダーTOMB RAIDERスペースインベーダーSPACE INVADERS、その他の社名、商品名は、日本およびその他の国におけるスクウェア・エニックスグループの商標または登録商標です。

※その他、記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。

配信元企業:株式会社スクウェア・エニックス

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ