恋愛ドラマの共演をきっかけに恋は生まれるのかを描くAbemaTVオリジナル恋愛リアリティショーの新シーズン『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss to survive~』の第8話を、9月28日11時より放送した。

本番組は、若手俳優が、“キスシーン”のある恋愛ドラマの撮影をしながら、“本当の恋に落ちていく”様を追いかける恋愛リアリティショー。全12回の放送において、番組内の恋愛ドラマで各回の主役を演じられるのは、選ばれた男女1組だけ。高崎凌(以下、りょう/20歳)、西川俊介(以下、シュンスケ/25歳)、藤田富(以下、とむ/27歳)、山口大地(以下、ダイチ/31歳)、小泉遥(以下、こいはる/23歳)、後藤郁(以下、かおる/23歳)、詩島萌々(以下、もも/21歳)、西野未姫(以下、ミキ/20歳)、溝口恵(以下、めぐ/25歳)ら若手俳優の男女9名が主演の座をかけてオーディションに挑む。今回は、前シーズンと真逆の男性4名、女性5名の女性が1名多い男女構成となり、ペア決めでは必ず1組が男性1名、女性2名の三角関係のペアになるという“壮絶”なルール設定となっている。

この日の放送では、バスケットボールチームを舞台に描かれる恋愛ドラマ第5話のオーディションに向け、役作りのためのバスケットボール練習とペア指名権をかけた男性陣のフリースロー対決&ペア決めの模様をお送りしました。番組冒頭、今回のドラマの題材がバスケットボールであることが分かると、経験者であるシュンスケは、「これ(主演)とるしかないわ、俺」「バスケやってたからさ」と、自信たっぷりに宣言。練習では、体育館に入るや否やボールを手に取りドリブルやシュートを披露するなど、明らかにひとりだけテンションの違うシュンスケに、スタジオの渡辺直美は「ヤバいヤバいヤバい(笑)やめなさいって」と思わず口を開き、小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)も「シュンスケやめとけ(笑)!」と釘を刺した。そして、男性からの指名となる今回のペア決めでは、指名する順番を勝ち残り方式の“フリースロー対決”で決めることに。ここでもシュンスケは「よしよし」と頷き、抑えきれない自信を見せるが…。シュンスケは1本もシュートを決められず、1位とむ、2位ダイチ、3位りょう、4位シュンスケという結果に。まさかの結末に、渡辺さんは涙を流すほど大爆笑。

「あんなジョーダンTシャツ着て(笑)」とシュンスケが着ていたTシャツにまでツッコミを入れ、衝撃展開のフリースロー対決を見届けると、「本当笑った!」と満足げに語りました。

第8話では、バスケットボールチームを舞台に描かれる恋愛ドラマ第5話のオーディションに向け、役作りのためのバスケットボール練習とペア指名権をかけた男性陣のフリースロー対決&ペア決めの模様をお送りした。

男性陣で唯一のバスケ経験者であるシュンスケは、番組冒頭から、「これ(主演)とるしかないわ、俺」「バスケやってたからさ」と、自信たっぷりに宣言し、生き生きとシュートやドリブルテクを見せつけます。バスケ練習では、現役の選手がコーチにつき、基礎練習からスタート

その後、1人“シュート50本”の課題を出され、コーチから「ペアでやってもいいですし、1人で打ってもいいです」と指示が出ると、めぐは「りょうくんとやりたい」とすかさずりょうに声をかけ、りょうも「やりましょう」と答えますが、りょうと両想いのももは1人で練習することに。

課題の50本シュートを終えためぐは、「りょうくん、話そうよ」と誘い、「前回、主役をとったとき、りょうくんの表情にすごく引き込まれたんよ。それを見て、私がいい表情させたかったなって思った」と想いを伝え、「毎回言うことがイケメンなんだよな」と返すりょうに、さらに「それほど、本当に組みたいの」と、一途な想いを届けました。その様子に渡辺さんは「めっちゃ女の子だね」と印象を語り、めぐのまっすぐな表現に福徳さんは「めっちゃ可愛いやん」とコメントした。

そして、オーディションに向けた今回のペア決めでは、男性からの指名制となり、指名順はシュートを決めた男子が残る、勝ち残り方式での“フリースロー対決”で決定することに。ここでも「よしよし」と自信たっぷりの表情で頷くシュンスケに、渡辺は「シュンスケが(1番をとって)ミキを選んだらめっちゃキュンなんだけど」と期待を寄せる中、早速、トップバッターのとむが挑戦し、見事シュートに成功。次のりょうは失敗し、3番手のダイチは成功、と続き、いよいよシュンスケの番に。練習中とは打って変わって、緊張した表情のシュンスケにスタジオのMC陣からは「顔がかたいよ!」「肩の力抜こう!」と掛け声が飛び交いますが、シュンスケが放ったボールリングにかすりもせずに落下。

まさかの衝撃展開に、渡辺は涙を流して大爆笑し、ジャルジャル福徳秀介も「ドラ恋史上、直美が1番泣いた!」と声を上げた。笑いが止まらない渡辺は「あんなジョーダンTシャツ着て(笑)」と、やる気満々だったシュンスケのTシャツにまでツッコミを入れ、一同はさらに大爆笑となった。

その後、1本目を外したりょうシュンスケが指名順3位を決める対決へ。先攻のりょうは見事にきれいなシュートを決め、MC陣が「大丈夫!いける!」と応援を送る中、後攻のシュンスケがボールを放ちますが…、またしても失敗。スタジオには再び、渡辺の爆笑する声が響きました。そして指名順1位をかけた戦いでは、こいはるに想いを寄せるとむとダイチの一騎打ちに。結果、執念を見せたとむが成功、ダイチが失敗に終わり、1位とむ、2位ダイチ、3位りょう、4位シュンスケという順番で“フリースロー対決”は幕を閉じた。渡辺は「うわー、面白い、サイコー!」「本当に笑った!」と、満足げにコメントし、こいはるをめぐるとむとダイチの対決に小森は「うわー、なんだこの展開…」と興奮気味に語った。

その後のペア決めでは、とむが両想いのこいはるを、ダイチがかおる指名。3番目のりょうは、両想いであるももを選んだ。りょうの選択に「本当に組みたいの」と一途な想いを告げていためぐは、涙を堪えるようにりょうの姿から目を逸らす。そんなめぐに、渡辺は「めぐ辛いね、これは。あんなに頑張って喋ったのに」とめぐの心境を想い、谷まりあも「めぐ~…」と、悲しげな声を漏らした。
そして、指名順最後となったシュンスケがミキを指名すると、“2人がお似合いなのでは!?”と期待するMC陣から「素晴らしい!」「いいぞ!いい流れだ!」と称賛の声が上がりました。

とむ、ダイチの白熱の“フリースロー対決”や、渡辺さんが涙を流したシュンスケの爆笑シーン、さらに、りょう、もも、めぐの3角関係について、渡辺、小森が熱く語るスタジオトークなど、見逃した番組を視聴できる「Abemaビデオ」にて放送後7日間、視聴可能なので、ぜひチェックを。

©AbemaTV

関連画像キャプション