Amobee Japan(所在地:東京都品川区、代表者:城西將恒)は、Amobee Brand Intelligence*(以下、ブランド・インテリジェンス)を使用し、ラグビーワールドカップに対する海外トレンドの分析を実施いたしました。

【分析結果のポイント

  • 期間中最も注目されたことは、アイルランドに対する日本の勝利
  • All Blacks』は分析対象国すべてにおいて、最も注目されたチームだった
  • 開催前は『チーム』に関するトピックが注目されたが、開催後は特定の『選手』が注目されるようになった

海外消費者視点でのラグビーワールドカップに対する関心
Amobeeは、自社ソリューションでありデジタル上の消費者動向を把握できるブランド・インテリジェンスを使用して、現在開催中であるラグビーワールドカップについて分析を行いました。海外視点でのワールドカップに対する関心を理解するため、分析対象国として、アメリカイギリスオーストラリアニュージランドの4カ国を選びました。

日本対アイルランド戦が海外から注目される
期間中の全体のトレンドとして当然のことながら、大会開催日の9月20日より急激に関心が高まる傾向が見られました。一方、その後いったん関心の下降を経て、9月28日の日本対アイルランド戦のタイミングで期間中最大のピークを迎えました。大会開催日と日本対アイルランド戦での関心の高まりは4カ国全てで確認され、グローバルで非常に注目を集めた事が伺えます。


All Blacksは自国のみならず人気
関連トピックとしてはニュージーランド代表チームである『All Blacks』が総じて高く、チームに対する関心として4カ国のすべてで最も高い結果となりました。ついでオーストラリアチームである『Wallabies』、南アフリカチームの『Springboks』と続きました。
※単語を囲む円の大きさが大きいほど、エンゲージメントが高いことを示す
※白枠の円は、代表的なチーム

All Blacksはチームとして、他国は各選手が注目される
開催前では各国のチームに関する関心が高い傾向にありましたが、開催後は各国の選手に関する関心の高まりが確認されました。これは各試合で活躍した選手などが取り上げられ注目されたことが要因と考えられます。最も関心の高かった『All Blacks』については特定の選手が注目される傾向が他チームと比較して少ない特徴が見られました。
※円の赤色が鮮明であるほど、大会開催後に関心が高まったことを示す
※白枠の円は、代表的な選手名

【分析要項】
・ソリューション:ブランド・インテリジェンス
・分析対象国:アメリカイギリスオーストラリアニュージランドの計4カ国
・分析対象期間:2019年9月1日ー同年9月30日
・分析内容:『Rugby World Cup』に関するトピックの分析
・分析実施機関:Amobee Japan(アモビージャパン


【Amobee Brand Intelligence (ブランド・インテリジェンス)】
ブランド・インテリジェンスは、デジタル上のコンテンツに対する消費者のエンゲージメントを測定するソリューションです。様々なデータソースを独自技術によって解析することで、特定のトピックブランドイベントに関するイメージや消費者、時系列トレンドなどを把握することができます。

【Amobee(アモビー)について】
Amobeeは広告主や広告会社、放送局へ広告ソリューションを提供する世界最大規模の独立系マーケティングプラットフォームです。Amobeeの包括的なマーケティングテクノロジーラットフォームが提供するインサイトにより、マーケティング担当者はコンシューマージャーニーの全体で企業のマーケティングメッセージを管理できるようになります。
独自データやAI、高度な分析によって、広告主はマルティデバイスをまたいだコンシューマージャーニーを理解でき、従来型メディアでは多くみられた重複する投資を削減することができます。
Amobeeは世界最大級のテレコム企業であり数億人のモバイル加入契約者を抱えるシンガポール・テレコム(Singtel)の完全子会社です。北米、ヨーロッパ、中東、アジアオーストラリアにわたって事業を展開しています詳細はhttps://amobee.jpをご覧いただくか、@amobeeをフォローしてください。

【問い合わせ先】
Amobee Japan 合同会社
担当者:齊藤飛鳥
メールアドレスasuka.saito@amobee.com

配信元企業:Amobee Japan合同会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ