婚活がうまくいかない……。そんな人のお悩みに答えるべく、成婚率80%を誇る結婚相談所マリーミー代表であり、カリスマ婚活アドバイザーの植草美幸さんが登場! 婚活中の女性に起きる“あるある問題”をズバッと解決してくれます。

植草美幸さん……年間2000組を超えるカップルを見てきた現役婚活アドバイザー。東京・青山の結婚相談所マリーミー代表、株式会社エムエスピー代表取締役。具体的なアドバイスで会員を成婚へと導くその手法は「植草流婚活術」と呼ばれ、自身が担当する「植草美幸コース」では成婚率80%を記録する。最新著書は『なぜか9割の女性が知らない婚活のオキテ』。

婚活女子のお悩み

「私はこれまで仕事を一生懸命頑張ってきて、今は会社でもかなり出世コースに乗っているところです。でも、なかなか婚活がうまくいかなくて……。私がお金を稼いでいるから?仕事をバリバリやってるから?だから男性に引かれちゃってるのかなって思ってるんですが、実際バリキャリって婚活に不利なんでしょうか?」(美和・34歳)

お金を稼いでいる女性は、大きな勘違いをしている人が多い

ズバリ言わせていただきますが、私の経験則からすると、お金を稼いでいる女性でこれまで1回も結婚をしたことのない場合、大きな勘違いをしている人がとても多い。男性と話す時に「私はお金を稼いでいるから偉いのよ」っていう態度があからさまじゃなくとも、どこからかにじみ出ているんです。

もちろん、相談者の美和さんが、そういう女性だと決めつけているわけではありません。しかし実際、これはとても多い話。ですから少しでも思い当たる節があるのなら、今すぐ自分を見つめなおしてみることをおすすめします。

仕事のことを考えると、難しい顔になりがち。そこも気を付けましょうね。

マウンティング、話を否定、話をまとめたがる……

みんながみんなとは言いませんが、男性からすると、とっても“生意気な女”に見えてしまうのが、彼女たちの特徴。男性が何か仕事の自慢話をしたとすると「私もね、私もね」と、「私だって仕事で功績を残している」とマウンティングを始めたり、男性が面白い話か身になるような話をしてくれていたとしても、「結局それって、こういうことにだよね」と、話をまとめてしまって会話を取り上げてしまったり。「私だってスゴイんだから」という意識がどこかしらにあるのか、話をいちいち否定したり、相手が言っていることを論破しようとしたりする人の、多いこと、多いこと。こういう女性たちは、男性たちからすると「僕の話は聞かなくていいのね」と、なってしまい、結果恋愛がうまくいかないのです。

決して高い年収にドン引きしたり“バリキャリ”の言葉に引いてしまっているだけではないと思います。

ただし、彼女たちに悪気があるわけではないのが、ある意味“落とし穴”

ただし、彼女たちは悪気があるわけではないということもお話しておこうと思います。仕事で成功している女性は、ただ成功したわけではありません。まだまだ男社会が強く残っている環境の中で男性と同化して働いてきたわけです。

だからこそ、どうしても「私は女だけど、頑張っているのよ!」という気持ちにもなってしまうもの。もちろん口に出して言ったりはしませんが、心のどこかに“体力の差だってあるし、生理だってあるのに”という思いをかかえながら……。

でも、男性からしたら仕事を頑張るのは当たり前の世界。男社会では誰も褒めてくれません……。そんな環境に身をおいているのだとしたら、そういう抑圧された気持ちが、先ほどの「私はお金を稼いでいるから偉いのよ」というところにつながっているのかもしれませんね。

バリバリ働いている女性が婚活において不利かと聞かれたら、決してそんなことはありません。でも、こういう状況が自然と引き起こされてしまうことが、ある意味落とし穴と言えるのかもしれません。

繰り返しになりますが、少しでも心当たりがある人は、今すぐ自分を見つめなおしましょう。

『なぜか9割の女性が知らない婚活のオキテ』(著・植草美幸/刊・青春出版社)
関連画像