台風19号が急発達 三連休に直撃の恐れ

小笠原諸島は9日から大しけに

画像

大型で非常に強い台風19号は、きょう(7日)15時現在、マリアナ諸島にあって、1時間におよそ25キロの速さで西北西へ進んでいます。中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径190キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっています。

今後、発達しながら北西に進み、非常に強い勢力で11日頃に沖縄の大東島地方に接近するおそれがあります。その後、日本の南で次第に北よりに進路を変え、暴風域を伴って12日から13日にかけて、本州、四国、九州にかなり接近するおそれがあります。

小笠原諸島では、台風の影響で、9日には風が次第に強まり、海上では9日から12日頃にかけて大しけとなるおそれがあります。高波に警戒し、強風に注意してください。台風の動向によっては10日は大荒れの天気となる可能性があります。

沖縄・奄美では大東島地方を中心に、10日から12日にかけて警報級の高波のおそれがあり、台風の動向によっては11日から12日は暴風となる可能性があります。

西・東日本の太平洋側では11日から警報級の高波となるおそれがあります。台風の動向によっては12日から、西日本から北日本の広い範囲で、暴風や警報級の高波や大雨となる可能性があります。

台風19号が急発達 三連休に直撃の恐れ