(佐藤 けんいち:著述家・経営コンサルタント、ケン・マネジメント代表)

JBpressですべての写真や図表を見る

インパール作戦」は、先の大戦において悲惨な結果を招いた無謀な作戦として、75年後の現在でも繰り返し、繰り返し取り上げられている。

 インパール作戦の目的は、「大東亜共栄圏」の西端に位置するビルマ北西部の山岳地帯から国境を越えて英領インドに侵攻し、連合国による中国国民党支援を目的とした「援蒋ルート」を遮断することを主目的とした、きわめてギャンブル的性格の強い作戦であった。

インパール作戦」は、もし成功していれば、きわめて大きな成果を上げていたことだろう。だが、そもそも作戦自体が無謀かつ杜撰なものであり、猛反対のなか強行された結果、想定をはるかに上回る大惨事となった。

 日本側で投入された兵力は9万人、そのうち2万6000人が戦死し、戦病者が3万人以上にのぼっている。戦闘停止命令が出され、撤退が始まってからがさらに悲惨なものとなった。ジャングルの熱帯性疫病による病死者や食糧不足による餓死者が続出し、生きながら放置された兵士の肉体からはウジが湧き、街道沿いに放置された遺体は回収されることもなく白骨と化していった。インパール作戦について考えていると、正直いってノモンハン事件以上に気が滅入ってくる。

 しかしながら、きわめて多くの犠牲者を出し悲惨な結果に終わったとはいえ、インパール作戦をまったく無意味だったと言い切ってしまうこともできない。「インド独立」という観点からは異なる側面が見てくるからだ。

 インパール作戦の日本史における位置づけと、インド史および世界史における位置づけにはズレが生じているのである。この点は、前回取り上げたシンガポール陥落と同様であり、その延長線で考えてみる必要がある。

90年以上に及んだ「インド独立」のプロセス

 インドが英国から独立したのは、奇しくも日本の敗戦からちょうど2年後の1947年8月15日のことであった。今年2019年には72周年を迎えている。

インド独立」については、このコラム(「独立から70年!いよいよ始まるインドの時代」)でも取り上げているが、独立に至るプロセスについては、触れていなかった。まずは、植民地化されてから独立に至るまでの歴史を簡単に振り返っておこう。

 英国がインド植民地化を必要としたのは、「アメリカ独立革命」(1776年)によって北米植民地の大半を失って以降のことである。これを「第2次大英帝国」という。

 18世紀後半に北東部のベンガル地方から始まった英国による植民地化は19世紀に入ってから本格化し、1857年の「インド大反乱」(第1次インド独立戦争ともいう。かつて日本ではセポイの乱と呼ばれていた)が鎮圧されたのち、インドは正式に大英帝国植民地となった。以後、大英帝国にとってインド植民地は「王冠の宝石」(Crown Jewels)となった。

 言語的にも宗教的にも多種多様なインドは、1000人程度のきわめて少数の英国人の植民地官僚が、「分割統治策」にもとづいて3億人のインド人を支配していた。この状況に対する不満が、インド人のあいだから出てきたのは当然である。声なき一般民衆は過酷な植民地支配に苦しんでいたが、比較的裕福で教育レベルの高い階層に属する人びとが人種差別的な扱いに不満と怒りを抱くようになってきたのだ。

 独立運動が形となって現れてきたのは、19世紀後半以降のことだ。「インド国民会議」が1885年に結成され、独立運動をリードしていくことになる(インド国民会議は独立後のインドで政権政党となった)。この過程のなかで、地方自治レベルでの政治参加などが実現していったが、中央政府は英国人に握られたままだった。軍隊もまた、一握りの英国人将校のもとに低賃金のインド人の下士官と兵が仕えるという形をとっていた。

 英国は、支配階層である英国人官吏を補完する現地人エリートを組織的に育成したが、これが独立運動に向けての人材供給という点で大きな意味をもってくる。インド国民会議でインド独立運動を担った主要人物の多くが弁護士出身である。つい先週、生誕150周年を迎えたばかりのガンディー1869~1948年)は、非暴力による不服従運動で精神的なリーダーとなったが、もともと英国で資格を取得し南アフリカで開業していた弁護士だったし、ガンディーを支えて独立後のインドを率いたネルー(1869~1964年)もまた英国のケンブリッジ大学卒の弁護士出身だった。

 そしてまた、インド独立運動では、もう1人の重要な人物がいたことを忘れてはならない。スバス・チャンドラ・ボース1897~1945年)である。彼もまた父親が弁護士で裕福な家庭の出身者であった。そしてこのチャンドラ・ボースこそ、日本とのかかわりがきわめて深く、「インド国民軍」と「インパール作戦」にも深くかかわっている人物なのである。

 ガンディーが「マハトマ」(=偉大なる魂)という尊称で呼ばれているが、ボースは「ネタージ」(=指導者)と呼ばれている。ガンディーとボースの2人こそ、インド独立にとっての重要人物なのである。

ガンディーと決別してドイツに亡命

 1897年に、ベンガル地方のカルカッタ(現在のコルカタ)の裕福な家庭に生まれたボースは、カルカッタ大学卒業後、弁護士だった父親の希望で英国のケンブリッジ大学に留学、インド高等文官試験にも合格した超エリートであった。だが、植民地支配者に奉仕することになるだけだとして資格を返上、インド独立運動に生涯を捧げる決意をする。

 社会主義的な改革を視野に入れ、武装闘争も辞さないとするボースは、路線対立から非暴力主義のガンディーとは袂を分かち、別組織で活動を続けることになった。長身で雄弁家のボースは、当時からすでにカリスマ的な魅力を備えていた。

 第2次世界大戦勃発後の1940年、反英実力行動のため投獄されたが、国外に出て活動を続けることを意図して獄中でハンストを決行、釈放され自宅軟禁となっていた隙にひそかに英領インドからアフガニスタンに脱出。たいへんな苦労のすえにソ連経由でドイツに亡命することに成功した。「敵の敵は味方」というロジックで、英国と交戦状態にあるナチスドイツに期待したのである。この点は、一貫して反ファシズムで連合国寄りだったネルーとは真逆の立ち位置であった。

 ドイツでは、英印軍として動員され欧州戦線で捕虜になっていたインド兵を軍事組織化し、ベルリンから全世界のインド人に向かって、短波ラジオ放送を通じて独立運動に立ち上がることを呼びかけていた。だが、期待していたヒトラーからはいっこうに色よい返事はもらえなかった。ヒトラーもまた英国人と同様に人種差別的で、同盟国の日本人だけでなく、インド人もまた低く見ていたのである。「インドの独立など150年かかる」と放言していたらしい。

情報感度が鈍くチャンスを逃した日本

 そんな折り、日本が米英との戦争状態に入り、電撃戦によってシンガポールに進軍しているというニュースが入ってくると、ボースは日本に目を向けるようになる。英領インドを西から攻略するドイツに期待できないのなら、東から攻略する可能性のある日本に期待を寄せるようになったのは当然だといっていいだろう。

 この頃からベルリン駐在の日本大使と日本の駐在武官との接触が始まっている。だが、肝心な日本は動こうとしなかった。そもそも、日本はインドを大東亜共栄圏には含めておらず、対インド政策を持ち合わせていたわけではなかった。日本の指導部には、ボースを戦略的に活用する大局的な見地を欠いていたのだ。

 その後、日本軍は1942年2月のシンガポール陥落に続いて、翌月には英領ビルマラングーン(現在のヤンゴン)を陥落、連合軍によるビルマ内にあった国民党支援の「援蒋ルート」を寸断することに成功した。南方作戦は、日中戦争と密接な関係にあったのである。だが、軍事戦略においては、インドについては作戦研究もされていなかった(前回のコラム「悪魔か神様か? 参謀・辻政信の惨敗と圧勝」を参照)。

 もし仮に、1942年の時点で日本軍が勢いを駆ってビルマでとどまることなく、さらに西に向かってインドに攻め込んでいたら、その時点で大英帝国が崩壊していた可能性があった。その可能性が高いと懸念していた植民地当局は、インド西部のベンガル州とビハーリ州で「焦土作戦」に入っていた。日本軍が侵攻してきても、輸送機関や食糧を使用されないよう、あらかじめ破壊しておく防衛策である。すでに隣接するビルマからインド人難民の流入が始まっていた。

 インドの一般民衆を苦しめる事態に対して、ガンディーの指導のもと、反英を意図した「インドから立ち去れ運動」(Quit India Movement)が呼びかけられた。ガンディーは、日本軍の侵攻を視野に入れていたようだ。

 実行予定日8月9日の前日に、ガンディーが「生きるか死ぬか」のスピーチを行ったあと、ガンディーやネルーを含めて「国民会議」の指導者が一斉逮捕された。これに対して、一般大衆がデモや暴動を引き起こして反英運動が激化し全土に拡大、軍隊が鎮圧に動員され6万人が逮捕される事態となった。ガンディーは2年間にわたって投獄され、国民会議は大戦終結まで非合法化されることになった。指導者なき運動は、非暴力ステージから暴力ステージに入ったのである。これ以降、インド独立運動は、獄中にあって非暴力の抵抗のシンボルとなったガンディーと、国外にあってアジテーションするボースが補完的な役割を果たすようになっていく。

 1942年8月から9月にかけてインドはこのような状態にあった。だが、情報感度の鈍い日本が絶好のチャンスを逃してしまっただけでなく、インド独立もまた遅れることになった。そしてこの間に、インドパキスタンが分離独立する素地もできあがってしまったのである。

独立運動の最終局面に登場した「インド国民軍」

 ドイツにいたボースが二進も三進もいかない状況に焦燥感を感じていた頃、破竹の勢いで勝ち進んだ日本軍によるマレー作戦の最中に「インド独立」に向けての大きな動きが生まれていた。「インド国民軍」(INA:Indian National Army)の誕生である。

 マレー作戦が開始されると、日本軍はすぐに英印軍のインド人将兵を対象にした切り崩し工作を開始した。投降したインドの将兵を組織して、日本軍の指導のもとにインド独立に向けた「インド国民軍」を結成することに成功したのである。このインド国民軍が中心となって、さらなるインド兵の投降工作を行ったことで英印軍内のインド人将兵の動揺を招き、激しい軍事作戦とあいまってマレー作戦の快進撃を可能としたのである。まさに、「戦わずして勝つ」という孫子の兵法を地で行くものであったといえよう。

 だが、軍事作戦は泥縄式であり、手探り状態で始められたものであった。情報工作も同様だった。マレー作戦開始の3カ月前から、バンコク駐在武官を中心に、参謀本部から派遣された藤原岩市少佐が情報工作活動を開始、バンコク在住のインド独立派との接触が秘密裏に始まっていた。「大東亜共栄圏」を単なるスローガンとしてではなく、その理念を愚直に推進することを使命として肝に銘じていた藤原少佐は、インド工作とマレー工作を担当する特務機関を、藤原のイニシャルと「フリーダム」「フレンドシップ」の「F」をとって「F機関」と名付けている。

 シンガポール陥落の時点で、インド人捕虜は4万人を超え、そのうち1万人以上がインド国民軍の将兵として残ることになった。その後、インド国民軍は、インド独立連盟(IIL)の指導下に入り、F機関は発展的解消し、より規模の大きな特務機関として再編された。藤原参謀は、その後ビルマ方面軍に異動し、インパール作戦には情報参謀として参加している。

 だが、インド国民軍の指揮をめぐって日本側とのコンフリクトが発生し、インド国民軍解体の危機が訪れてしまう。藤原少佐が苦心して作り上げたインド人将兵との信頼関係が、壊れてしまう可能性があったのだ。

ボースの登場で局面は一気に展開

 そんな危機的状況のなか、ついにチャンドラ・ボースドイツからやって来るという極秘情報が入ってきたのである。世界的に著名な独立運動家でカリスマ的な影響力のあるボースの登場によって、局面は一気に展開することになった。

 ボースの登場は、まさに真打ち登場といってよい。日本は受け入れを了承していたが、宣伝価値を認めていたドイツが手放そうとしなかったこともあり、なかなか実現しなかったのだ。その意味では、遅すぎる登場となってしまったのである。

 すでに陸海空のルートが戦争状態で危険となっていたため、連合軍の監視網をくぐり抜けながらドイツからUボートで移送されたボースは、マダガスカル沖の荒れる海上を日本のイ号潜水艦に乗り継ぎ、東南アジアにやってきた。この手に汗握るような冒険活劇は、2004年製作のインド映画「ボース:忘れられた英雄」(Netaji Subhas Chandra Bose: The Forgotten Hero)で映像化されているので、ぜひご覧になっていただきたい(YouTubeでも視聴できる。音声はヒンディー語と英語。ただし字幕なし)。

 東京にやってきたとき、すでに1943年5月になっていた。約1カ月後には、やっと東條英機首相との会見が実現、東條はボースのカリスマ性に魅了され、インド独立への全面的支援を約束した。

 その後、シンガポールにてインド独立連盟の新総裁に就任、東南アジア在住のインド人から絶大な歓迎を受けることになったボースは、最高司令官としてインド国民軍を閲兵、「チェロ・デリー」(=デリーへ)を合い言葉に進軍が始まることになる。インド独立運動は、ここにきてはじめて軍隊組織を手に入れることができたのだ。

 そして、さらに「インド仮政府」の樹立に向けて動き出す。東條首相からは、日本が英国から奪い取ったアンダマン諸島とニコバル諸島がプレゼントされ、シンガポールで仮政府が樹立された。これによって名実ともに、領土を備えた国家が成立し、日独伊の枢軸国を中心に8カ国から承認を受けることになった。大英帝国から独立し、英連邦から離脱したアイルランドからは、承認はされなかったが、祝福されている。

インド国民軍がインパール作戦に参加

 ボースは、インド国民軍が勢力を拡大させながら東から英領インドを攻略すれば、インドの一般民衆が立ち上がって、この動きに呼応し、首都デリーまで進軍可能だと見ていた。構想実現に向けて日本軍には何度も働きかけたが、いっこうに実行に移される気配はなかった。

 ところが1944年になると、インパール作戦が浮上してきた。あまりにも無謀だとして消え去ったはずの作戦だったのだが、敗色濃厚な状況で局面打開を図るため再検討が始まったのである。

 ボースは、この作戦構想に大いに期待し、インド国民軍は、日本軍とともに戦闘に参加することになった。背景には、第15軍司令官の牟田口中将の主張を後押しした河辺ビルマ方面軍司令官がボースの人となりに惚れ込んでいたこともあったためらしい。インド独立に賭けたボースの思いをなんとか実現させてやりたい、と。二重の意味で「情」がからんでいたことになる。

 ただし、ボースは、あくまでも「インド仮政府」の正規の軍隊として、日本軍との共同作戦という形にこだわった。インド独立を視野に入れていたため、日本軍の傀儡ではないことを国際的に示す必要があったからである。

 インド国民軍の将兵は約6000人、よりすぐりの将兵が選抜され、装備の点にかんしても劣悪な条件下にあったが、士気はきわめて高かった。そして「チャロ・デリー」の合い言葉のもと、祖国インドに向けて進軍していったが、インド人の将兵もまた、日本兵と同様に、病死と餓死で多くの犠牲者を出している。日本軍インド国民軍は、運命共同体となっていたのだ。

 インパール作戦は失敗に終わり、日本軍とともにバンコクに撤退していたインド国民軍は、日本の敗戦によって英軍に降伏し、解体されることになった。

 ところが不屈の闘志に燃えるボースは、ソ連の支援を受けて独立運動を継続することを決意していた。日本の特務機関のはからいでソ連行きの飛行機に登場することができたが、給油のため立ち寄った台北の空港から離陸後にエンジントラブルで胴体着陸し炎上、ボースは全身に大やけどを負い台北の病院で死亡してしまう。享年48、無念の死であったろう。最後のことばは、「私は一生を祖国の自由のために捧げて戦ってきた。私はいま、祖国の自由のために死ぬ。インド国民に祖国の独立を勝ち取る闘争を続けるように伝えよ」、であった。

「形を変えたインパール作戦」でインド独立

 インド国民軍とチャンドラ・ボースの戦いは終わった。だが、それですべてが終わったわけではない。

 日本の敗戦後、英国軍は軍事法廷をデリーで開き、インド国民軍の3人の元将校を、英国王に対する反逆罪の被告として裁判を行うことにした。だが、この裁判の内容は逐一報道され、インド民衆を憤激させ民族意識を燃え上がらせることになったのだ。期せずしてこの3人の将校は、インドの主要宗教であるヒンドゥー教イスラーム教、シク教を代表していた。

 インド国民軍の生みの親で、「F機関」の機関長であった藤原元参謀は、GHQを介してインド側証人として召還され、軍事法廷が行われていたデリーに滞在していた。そのときの思いを回想録にこう記している。

〈INA(=インド国民軍)と印度国民が、形を変えたイムパール作戦、「チェロ、デリー」「チェロ、デリー」の戦いに総決起しているのだ。大東亜戦争は、日本の敗戦の一幕では終わっていないのだ。まだ続いているのだとさとった〉
(出典:『F機関-インド独立に賭けた大本営参謀の記録』振学出版、1985年、初版1966年原文ママ、ただし( )内は引用者が補足)。

 軍事法廷で有罪判決が出ると、裁判が行われていたデリーやチャンドラ・ボースの出身地のカルカッタをはじめ、インドの民衆が各地で大暴動を起こし多数の死者が出た。インド国民会議はこの動きに呼応し、独立に向けて立ち上がるよう呼びかけた。海軍ではインド人兵士が全艦船で反乱を起こし、「インド国民軍海軍」と名乗りを上げ、軍隊による鎮圧がもはや不可能な状態となった。ついに英国はインド独立を認めざるを得ない状態に追い込まれたのである。そして、1947年8月15日インドは独立した。だが、パキスタンと分離独立という形になってしまったのは、残念なことであった。チャンドラ・ボースの出身地のベンガル州も東西で分断されてしまった。ベンガル東部はインド独立と同時に東パキスタンとして分離、その後パキスタンから独立してバングラデシュとなっている。

 インパール作戦は多大な犠牲者を出した最悪の失敗であったが、インド独立につながった点は評価しなくてはならない。そしてインド独立から始まったアジア独立の動きは、東南アジア諸国および南アジア諸国に拡大し、ひいてはアフリカ諸国の独立につながっていったことを想起しなくてはならないのである。

 インパール作戦が、いや大東亜戦争そのものが、まったく無意味であったとは言えないのである。いずれ日本史における位置づけも、世界史における位置づけに近づいてゆくことであろう。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  国民の怒り沸騰、大統領退陣要求デモに沈黙の文在寅

[関連記事]

悲壮な肉弾戦で惨敗、「ノモンハン事件」の教訓とは

親北政策の裏で進む韓国殲滅計画

チャンドラ・ボースと「インド国民軍」(INA)(ボース生誕67年を記念したインド発行の切手)(出所:Wikipedia)