北米時間2019年10月7日AMDは,「Radeon Software Adrenalin 2019 Edition 19.10.1」(以下,Adrenalin 2019 19.10.1)をリリースした。
 WHQL(Windows Hardware Quality Labs,ウィクル)未通過の「Optional」(随意選択)版となる本バージョンは,10月7日に正式に発表となった新型GPU「Radeon RX 5500」および「Radeon RX 5500M」への対応を行ったドライバだ。Radeon RX 5500/5500Mシリーズの発売スケジュールは未発表だが,ドライバは発表と同時に対応を果たしたわけである。

 そのほかにも,Adrenalin 2019 19.10.1では,英Codemastersの新作レースゲームGRID 2019」への対応を行ったとのこと。最適化とは書かれていないので,動作を確認した程度かもしれない。
 また,「Borderlands 3」をDirectX 12モードプレイしたときにRadeonシリーズで生じていた致命的な問題が修正されているのもトピックだ。Borderlands 3ドライバの不具合に悩まされていたゲーマーにとっては朗報だろう。

 毎度のことであるが,AMDゲーマーに対してOptional版ドライバの導入を推奨しているため,対象のGPUやAPUを使っているのであれば導入してみるといいだろう。もちろん,ドライバソフトの導入は自己責任であることは注意してほしい。

AMDドライバダウンロードページ
https://www.amd.com/ja/support
4Gamerの最新ドライバリンクページ
https://www.4gamer.net/games/999/G999902/FC20110422001/

 いつもどおり,英文のリリースノートから,新機能を含めたポイントをまとめておこう。

#### 以下,英文リリースノートまとめ ###

●Adrenalin 2019 19.10.1の対応GPU
Radeon RX 5000シリーズ
Radeon VII
Radeon RX Vegaシリーズ
Radeon RX 600・500・400シリーズ
Radeon Pro Duo
Radeon R9 Furyシリーズ
Radeon R9 300・200シリーズ
Radeon R7 300・200シリーズ
Radeon R5 300・200シリーズ
Radeon HD 8500以上のRadeon HD 8000シリーズ
Radeon HD 7700以上のRadeon HD 7000シリーズ
Radeon RX 5500Mシリーズ
Radeon R9 M300・M200シリーズ
Radeon R7 M400・M300・M200シリーズ
Radeon R5 M300・M200シリーズ
Radeon HD 8500M以上のRadeon HD 8000Mシリーズ
Radeon HD 7700M以上のRadeon HD 7000Mシリーズ


●Adrenalin 2019 19.10.1の対応APU
Ryzen 3000Gシリーズ
Ryzen 2000Gシリーズ,Athlon 200GEシリーズ
Ryzen PRO 2000Gシリーズ,Athlon PRO 200GEシリーズ
・A-Series APUs with Radeon Graphics
Pro A-Series APUs with Radeon Graphics
Ryzen Mobile Processors with Radeon Vega Graphics,Athlon Mobile Processors with Radeon Vega Graphics
Ryzen PRO Mobile Processors with Radeon Vega Graphics,Athlon PRO Mobile Processors with Radeon Vega Graphics
ノートPC向けFX-Series APUs with Radeon Graphics,A-Series APUs with Radeon Graphics
ノートPC向けA-Series PRO APUs with Radeon Graphics
・Sempron Series APUs with Radeon R3 Graphics
・E2-3000シリーズ以降のE-Series APUs with Radeon R2 Graphics
・A4-5000番台のAMD A4-Series APU for Desktop
・A4-5000番台のAMD A4-Series APU for Laptop
・E2-3000シリーズ以降のE-Series APUs with Radeon R2 Graphics


●Adrenalin 2019 19.10.1が統合するコンポーネント(※比較対象はRadeon Software Adrenalin 2019 Edition 19.9.3)
Display Driver Package:19.30.25.10-191004a-347338ERadeonSoftwareAdrenalin2019(←19.30.25.01-190926a-347105E-RadeonSoftwareAdrenalin2019)
Radeon Settings:2019.1004.1215.22045(2019.0926.1648.30252)
・2D Driver:8.1.1.1634
・Direct3D:9.14.10.01410
OpenGL:26.20.11000.13571
OpenCL:記載なし
・Mantle:記載なし
・Mantle API:記載なし
Audio Driver:10.0.1.12
Vulkan Driver:2.0.106
Vulkan API:1.1.119


●Adrenalin 2019 19.10.1における最適化
・記載なし


●Adrenalin 2019 19.10.1における新要素
Radeon RX 5500/5500Mシリーズに対応
GRID 2019に対応


●Adrenalin 2019 19.10.1で解決した問題
・「Borderlands 3」をDirectX 12モードプレイするとゲームクラッシュしたりハングアップすることのあった問題
・「Borderlands 3」をDirectX 12モードプレイするとライティングが破綻することのあった問題
Radeon RX 5700シリーズでリフレッシュレート75Hzのディスプレイを使用すると,表示にアーティファクトが発生することのあった問題
Radeon RX 5700シリーズFreeSync2対応のディスプレイの組み合わせで,Windows上からHDRを有効にできないことのあった問題
システムアイドル状態のとき,一部のFreeSync対応ディスプレイで画面が断続的に暗くなることのあった問題


●Adrenalin 2019 19.10.1における既知の問題(※抜粋)
Radeon RX 5700シリーズマルチディスプレイ構成で,システムスリープ状態または休止状態から復帰したとき,一部のディスプレイが表示されなくなることがある
・「Radeon ReLive」が有効になっている状態でHDRを有効に切り替えると,ゲーム中にシステムが不安定になることがある
・一部のRadeonシリーズを搭載した構成において,「Call of Duty: Black Ops 4」で画面のカクつきが発生することがある
・「Open Broadcasting Software」でAMF(AMD Media Framework)エンコディングを用いると,フレーム落ちや画面のカクつきが発生する場合がある
Radeon VIIを用いたマルチディスプレイ環境において,プライマリディスプレイのリフレッシュレートを60Hzに設定していると,Radeon SettingsからHDMIオーバースキャンおよびアンダースキャンの設定が失われてしまうことがある
Radeon RX 5700シリーズとリフレッシュレート240Hzに対応するFreeSync対応ディスプレイの組わせで,FreeSyncを有効にするとスタッター(画面のガタツキ)が発生することがある
Radeon VIIアイドル時やWindowsデスクトップ使用時にメモリクロックが意図せず上昇することがある




―――――――――――――――――――――――――――――
記事URLhttps://www.4gamer.net/games/022/G002212/20191008029/
→この記事を4Gamerで読む(※画像などがすべてある完全版です)
―――――――――――――――――――――――――――――
関連タイトル
HARDWARE Radeon Software

―――――――――――――――――――――――――――――
(C)2019 Advanced Micro Devices Inc.
―――――――――――――――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2019 Aetas, Inc. All rights reserved.