ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、次世代コンソールゲーム機の名称を「プレイステーション5」(PS5)に決定したことを明らかにした。PS52020年の年末商戦期に発売予定となっている。

(画像はWired | EXCLUSIVE: WHAT TO EXPECT FROM SONY’S NEXT-GEN PLAYSTATIONより)

 PS5には、超高速アクセスが可能なカスタムSSDAMD社製カスタムチップセットが搭載。ゲームロード時間が“過去のもの”となるうえ、さらにグラフィックスも向上するという。

 コントローラーには従来の振動技術に代わり、ハプティック技術が搭載。ハプティック技術とは振動や衝撃などを用いてユーザーにフィードバックを与えるというもので、触覚を通じてさらなるゲーム体験を楽しめるようだ。なお、L2・R2ボタンには抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーを採用しているとのこと。

 また、PS5PS4タイトルの互換性が用意される予定で、実現に向けた設計が行われているという。PS VRにも対応しており、物理メディアにはUltra HD Blu-rayが採用される。

ハードウェア概要>
●コンソールゲーム機本体
・超高速アクセスが可能なカスタムSSD搭載
AMD社製カスタムチップ搭載
 CPU: x86-64-AMD Ryzen™ “Zen2″, 8 cores/16 threads
 GPU: AMD Radeon™ RDNA (Radeon DNA) -based graphics engine
 3Dオーディオ処理専用ユニット
ゲームにおいて最大8K解像度出力まで対応
PlayStation 4タイトルとの互換性実現に向けた設計
PlayStation VR対応
コントローラー
・ハプティック技術搭載
・L2・R2ボタンに抵抗力を感じさせるアダプティブトリガーを採用
●物理メディア
Ultra HD Blu-ray
ゲームディスクとしての容量は100GBに

ライター渡邉卓也