スコットランドは前半で3トライ、ボーナスポイント獲得まで1トライに迫る

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は9日、静岡・エコパスタジアムでA組のスコットランドロシアが対戦。前半はスコットランドが3トライを奪い、21-0とロシアを圧倒。勝ち点5に向けて好発進を切った。

 ここまで2戦を終えて1勝1敗、勝ち点5で決勝トーナメント進出の可能性を残すスコットランドに対し、3戦全敗で1次リーグ敗退が決定しているロシア。立場が異なる2チームの対戦に、スコットランド9月30日のサモア戦から先発メンバーを14人入れ替えて臨んだ。

 ロシアキックオフから始まった前半は、序盤にロシアが敵陣でボールを持ち続けたが、スコットランドが挽回。敵陣22メートルライン内でのスクラムから13分、SOヘースティングズが敵ディフェンスを引きずったままゴールポスト右にトライ。コンバージョンも決まり、7点を先制した。

 さらに17分。自陣22メートルライン付近からターンオーバーしたスコットランドは、パスを受けたヘースティングズが敵陣深くにボールを蹴り込んだ。これをロシアのWTBダビドフがゴール内でグラウンディングしようとしたがミス。走り込んだヘースティングズがボールを押さえ込み、2つ目のトライを奪った。

 21分にはロシアゴールライン手前でのラインアウトから、ロシアSHペロワがBKに展開しようとしたパスを、スコットランドSHホーンインターセプト。そのまま飛び込んでトライを決めた。

 その後もスコットランドが主導権を握ったまま、前半を終えた。

 スコットランドは4トライでボーナス点を奪い、勝ち点5で勝利すれば、同10で最終戦に。同14の日本戦はボーナスポイントを与えずに勝てば、逆転で決勝トーナメント進出が決まる。(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

先制に成功し、喜びを爆発させるスコットランドの選手たち【写真:荒川祐史】