開催する場所間違えているのでは?と言わんばかりの日本ヘイトで一度は閉じたあいちトリエンナーレ慰安婦像を持ち込んでみたり、昭和天皇の肖像画を燃やすなどという蛮行、テロや脅迫ともとれるような事をして「表現の自由」とはと言われても、ネットではピンとこないどころか、「お前〇〇やっとんか?」と怒りを通り越した呆れの声も上がっている始末。そんなトリエンナーレが再開し、話題を呼んでいました。

名古屋市河村たかし市長が抗議活動

メディアでも報じられていましたが、TV等の一部メディアはこちらの画像ではしっかり写っているプラカードに書かれた「国民に問う!陛下への侮辱を許すのか!」という文字は映らないように放送した模様。どうしてでしょうか?それも「表現の自由」とでも?

自分たちに向かうヘイトはダメだが自分たちは芸術とするよくわからない線引き

恐ろしい程に手前勝手。そして一方しか見られない視野の狭さは正直手に負えない、話し合いなど出来るはずのないレベルとの意見がネットでは溢れていました。

不透明なままの再開?

昭和天皇の肖像画を燃やすという行為や慰安婦像のどこに芸術性があるのかも知りたいという声多数。

論点ずらしはさすがにお家芸だなあと、ネットでは感心しきりの人達が。呆れてしまうのも無理はないですね。

表現の自由は守られるべき権利ですが、公序良俗やマナー、相手を不快にする行為が褒められたものではないというのは、法律の前に一人の人間として持ち合わせていてくれないと近寄りたくないという最低限の良識ではないのかと、ネット民の怒りは収まりそうもありません。



画像が見られない場合はこちら
慰安婦像設置のあいちトリエンナーレに河村たかし市長が「陛下への侮辱を許すな」と抗議活動も地上波ではカット!?