ジャレッド・レトが、今年のメットガラに持参して話題となった1万1000ドル(約118万円)相当のグッチ製“生首”を盗まれたようだ。

スーサイド・スクワッド」のジャレッドは、今年5月、米ニューヨークメトロポリタン美術館で開催された同イベントに、自身を模した“生首”を片手に、全身グッチという姿で登場していた。しかし、その“生首”は現在行方不明になっているという。

GQのインタビューの中で、ジャレッドはこう話している。

「正直なところ。どうなったか全く分からない」
「誰かが盗んだんじゃないかな」
「もし見つけた人がいたら、近くのグッチのお店へ行って、汚いスニーカーと交換してもらうように」

一方でジャレッドは、グッチを愛用しているものの、あまり立派には見えたくないそうだ。

「僕はルイジアナ生まれだから、そのことで相殺され、豪奢に見え過ぎるってことはないだろうけど。でも、グッチスタッフにいつも助けられているよ」
素晴らしい人達だよ。とても才能がある。(グッチクリエイティブ・ディレクターである)アレッサンドロ(ミケーレ)と一緒に仕事が出来てとても幸運だと感じるよ。そして彼が集めたアーティスト技術者達ともね」