FC東京に所属するMF橋本拳人が、代表定着に向けて意欲を見せた。

10日にカタールワールドカップ(W杯)アジア2次予選のモンゴル代表戦を控えている日本代表は9日に埼玉スタジアム2002で前日練習を実施。ランニングやストレッチといった軽めの調整を行い、非公開練習へと移った。

前回のパラグアイ戦とミャンマー戦でスタメンの座を勝ち取り、MF柴崎岳の相棒として存在感を見せた橋本。「出場のチャンスがあれば自分の良さをしっかり出す。来るたびに成長した姿は見せたい」と代表定着に意欲を見せた。

守備を固めてくることが予想されるモンゴル代表に対して、「常に良いポジショニングを取って、素早く前にパスをつけることを繰り返すのが重要だと思う」と引いた相手の攻略法に言及。「奪ってから速く攻めてくると思うので、裏のボールのケアだったり、こぼれ球を素早く拾って、前線につけることができれば、二次攻撃、三次攻撃と繋げられると思う」と分析した。

自身の役割について「常に早い判断が必要だと思うし、縦だけじゃなくサイドを上手く使いながら、そこの判断の質はボランチに求められるプレーだと思っている」と力説。また「セカンドボールはわ常に早くボールを拾えるように良いポジションを取りたい」と長所を活かし試合に臨むことを誓った。

さらに、地の利を生かしたコンディション面については「誰もよりもよい」と明かしたダイナモ。「フレッシュさを見せていきたいと」とコメントしている。

サムネイル画像