宇垣美里

フリー転身後も、歯に衣着せぬキャラクターでなにかと世間を騒がせている元TBSアナウンサー宇垣美里が、8日深夜放送『おかべろ』(フジテレビ系)に登場。

日々アップされている自身のネットニュースの真相を暴露。ナインティナイン岡村隆史、平成ノブシコブシ・吉村崇を驚かせた。

◼「ナメられるのがイヤ」な性格

あざといキャラクターが強調されがちな宇垣だが、気の強い一面もある。「ナメられるのがイヤ」という思いから出る強気な言動が、ネット上を飾ることも多い。

番組では宇垣の「炎上したニュース」を紹介。その真相・本音を宇垣が明かしていく。

関連記事:宇垣アナの「ナメられたくない精神」からの破天荒エピソードに賛否

◼ネット炎上の真相

「ロケでディレクターに『テイク2はやりたくない』と反論した」と報じられた宇垣。これに対しては、「オンエアを見るといつも1回目を使っていた。その時は通行人を止めて撮影していたので(早く終わらせるため)」と、通行人を気遣っての発言だと告白。

これに岡村や吉村が「『ごめんなさいね』って通行人に謝罪して撮影する。わざわざ『やりたくない』って口に出す必要はない」とベテランタレントらしい対処術を伝えると、宇垣は「若かったのかな…」と反省をのぞかせる。

「共演者に『あざとい』と言われ大喧嘩した」というニュースでは、「番組内のプロレス」とあくまでもエンターテイメントと宇垣は主張。しかし、「声は荒げてないけど正論でやり込めてしまった。やりすぎた」と後悔を口にした。

◼視聴者は高評価

加藤浩次にキレて台本を投げつけた」と報じられたが、「ここでキレてADさんに台本を投げたらウケる」と考えたうえでの行動。加藤も「笑っていた」と、あくまでも場を盛り上げるためのモノだったと振り返った。

強気な性格ゆえに、周囲から勘違いされやすいことが判明した宇垣。視聴者はそんな宇垣の正直な言葉に好感をもったようだ。

◼約4割は「誤解されやすい性格」

しらべぇ編集部で全国20〜60代の男女1,344名を対象に調査したところ、全体の40.9%が「自分は誤解されやすい性格だと思う」と回答している。

誤解されやすい性格グラフ

本当の自分と周囲が感じている「性格」が違うと感じている人は少なくないようだ。なにかと炎上しがちな宇垣も「誤解されやすい性格」なのかもしれない。

・合わせて読みたい→『ダウンタウンなう』松本人志、宇垣美里にキレる 「俺をナメてんのか?」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年12月15日2017年12月18日
対象:全国20代~60代の男女1,344名 (有効回答数)

宇垣美里、自身のネット炎上を猛省 「若かったのかな…」