同じことを何度も聞いた挙句、怒り出す上司も……

「今、誰が、どこで、何を、どうした」という情報の共有は仕事上で欠かせない。しかし、これができない上司を持つと、余計に仕事も捗らなくなる。キャリコネニュース読者から寄せられたコミュニケーション下手な上司エピソードを紹介する。

営業職の20代男性は、いい加減な上司の対応に苦言を呈した。メーカーに在庫があることを確認できた男性は、「空きがありました」と上司に報告。上司は別の部署の担当者に「発注しました」と報告したという。しかし実際は未発注だった。男性は、

「人気の商品なので、在庫があっても発注できるかは別の話。この業界長いから分かるはずなのにな……」

と呆れている。

「何を言っているのかわからない」


研究開発職の30代女性は、感覚がズレた上司を尊敬できずに日々、うんざりしている。「悪い人ではない」というが、とにかくコミュニケーションの取り方を知らない上司だ。

「話している間、目を合わせない。文章の組み立てが下手すぎて、何を言っているのかわからない。せっかちで人の話の最中に、言葉を被せてくる」

また、勤務中はくだらないギャグしか言わないが、退勤後にLINEで仕事の話や残業が多いことへの気遣いなどもしてくるという。

「心配してくれるのはありがたいが、なぜそれを会社にいる時に直接話さないのかと不思議で仕方がない」

「お客さんそっちのけでスマホやパソコンに夢中になりクレーム」

営業職の30代男性は、現場とのコミュニケーションを疎かにする上司への不満を明かした。大手商社出身の創業者が営む20人規模の企業だ。創業者は大手思考が強く、執行役員も大手企業からヘッドハンティングしている。しかし、この中途採用の執行役員は、現場がもの凄く嫌いな人間だった。

「入社以来ほとんど現場に出ないため、業界のNGワードや様子がわからずに、自分本位でNGワードを出しまくり、お客さんのひんしゅくを買っています。展示会などでは、お客さんそっちのけでスマホパソコンに夢中になって、何度かクレームになっています」

男性は「代表も代表で、営業が嫌だったり、苦手なら他の仕事に回せばいいのに、人を見ない人。その執行役員は結果3番目に良い給料をもらい続けています」と嘆く。

ほかにも、

「いくら説明しても、しばらくすると同じことを聞かれる。最悪なのはそれで何回も怒られること。また、自分の指示で動いた結果なのにうまくいかないと部下のせいにして怒る」(40代男性、IT系技術職)

といったエピソードが寄せられた。

キャリコネニュースでは引き続き「上司のコミュニケーション能力に不満はありますか?」「ありえない新人エピソード」に関するアンケートを募集をしています。