AbemaTVで来月2日からスタートする恋愛リアリティショー『こじらせ森の美女』の初収録が9日、都内で行われ番組MCを務める木下優樹菜(31)、ゆりやんレトリィバァ(28)、タレントの鈴木紗理奈(42)が出席した。

 この番組は、美人なのに恋愛がうまくいかない”こじらせ女子5人”が、さまざまなタイプの男性と遭遇して恋愛の成就を目指すリアリティショー。初収録に臨んだ3人はそれぞれが思う”恋愛こじらせ美女”の共通点を明かしていった。木下が「いつもはこんなこと言わないけれど、保険をかけながら悪口を言うヤツ」と切り出すと、続けてゆりやんは「悪口なのに、良い人なんだよと言ったら良いと思っている」「『まぁ感謝はしているんやけれどさ』とか」と語った。

 収録では、様々なタイプの恋愛こじらせ美女が登場し、驚いたという3人。鈴木は自身の恋愛のこじらせ方と似た女性がいたそうで、「夢見がち妄想美女」「”本当は私みたいな女が良いんだよ”という男性が現れるのを待っている」と共感した点を明かしていた。

 また木下は夫でお笑いコンビFUJIWARAの藤本敏史とのこじらせエピソードを告白。木下が「自分たちの中でNo.1はチョコミント事件」と切り出すと、鈴木は「絶対大したことないじゃん」と反応する。これに木下は「いや本当に大したことあった」と反論してから、「チョコミントアイスが大好きで私が美味しそうにアイスクリーム食べていると、『よう食べられるな、そんな歯磨き粉みたいなやつ』って言われて…。『誰が歯磨き粉だ」と言い返して、そこから8時間大ゲンカ」と内容を明かすと、鈴木は改めて「しょーもな!」と全力でツッコミを入れていた。
AbemaTV/『AbemaNews』より)
 

▶︎放送スタート:「こじらせ森の美女」11月2日(土) 23時~

木下優樹菜、夫・フジモンとの”チョコミント事件”を告白「8時間大ゲンカ」