旅行やイベントなど普段とは異なる環境ではしゃいでしまうことがあるが、このほどイタリアを訪れた60歳の男性観光客が、サイクリングツアーの途中に立ち寄ったアダルトショップポルノ映画を見ている最中に亡くなってしまった。『The Sun』『LADbible』などが伝えている。

ベネチアのマルゲーラにあるアダルトショップ店内で先月27日午後、イギリスから旅行に来ていた60歳の男性(名前は伝えられていない)が死亡した。男性はベネチア市内を目指してサイクリングをしている途中にこのショップに立ち寄ったようだ。

男性は5ユーロ(約590円)支払って、15分間鑑賞できるプライベートブースでポルノ映画を見ていたという。しかしなかなかブースから出てこなかったため、スタッフが確認したところ男性が床に倒れていたとのことだ。

すぐに救急車が呼ばれたが、到着した救急隊員により死亡が確認された。男性の遺体はそのまま地元病院の霊安室へと移送されたそうだ。

ショップオーナーであるフランコ・ガローニさん(Franco Garoni)は「男性は15分間の鑑賞でブースに入っていました。ブースは中に人がいるとドアの外にあるランプが点灯しているのですが、30分経っても点灯したままだったので、私達はブースの中を確認したのです。すると男性は床に倒れていました」と語っている。

またフランコさんによると、この男性は初めて入店したようで、サイクリング中だったせいか少し疲れているように見えたそうだ。『LADbible』では「心臓発作だったのではないか」と報じているが、現在は地元警察が男性の死について調査中とのことだ。

なお男性観光客の突然死といえば、今年7月にもタイでホラー映画を見ていた77歳のイギリス人男性がシートに座ったまま亡くなっていた

画像は『LADbible 2019年9月30日付「British Man Dies Of Suspected Heart Attack While Watching Adult Film In Italian Sex Shop」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト