VAIO(山本知弘社長)は、海外事業の成長に向けてアラブ首長国連邦サウジアラビア王国カタールバーレーンの中東4カ国でVAIO PCの販売を10月8日から開始した。これにより全世界の販売地域は日本を含め計22カ国・地域となる。

オリジナルで読む



 VAIOは、2015年から海外展開を強化し、ブラジル、米国での販売を開始した。その後、16年にはアルゼンチン、チリ、ウルグアイを加え、17年には中国市場に再進出を果たした。当時、吉田秀俊社長(現相談役)は「以前のVAIOポジションを取り戻す」ための重要な一手だと語った。

 その後、18年には香港、マカオマレーシアシンガポール、台湾を販売先に加え、今年に入ってからはドイツオーストリアスイス、英国、デンマークスウェーデンと販路を拡大してきた。

 今回、新たに加わったアラブ首長国連邦サウジアラビア王国カタールバーレーンは、VAIOブランドに対する期待値が非常に高いエリアだという。販売は、これまでアジア地域におけるビジネスパートナーであり、中東地域の販売パートナーとも良好な関係をもつNexstgo Company Limitedが担当する。

海外販売先を拡大、新たに中東4カ国で