Steam『Hidden in Plain Sight』を販売する開発者が、ローカルマルチプレイゲームオンラインでもプレイ可能にする新機能Steam Remote Play Together」10月21日よりベータテストに入ることをツイートし、話題となっている。

 ローカルマルチプレイを搭載したゲームSteamで販売するデベロッパー向けにValveアナウンスするメールを配信したようだ。一般ユーザー向けにはまだ発表されていない。

 「Steam Remote Play Together」は、本来ならほかのプレイヤーと同じ部屋に集まってプレイすることを想定されたゲームを、オンラインでも遊ぶことができるようにするサービスだ。ストリーミング技術を使い、ホストのPCからゲストのPCにゲームプレイ動画を配信、ゲストはそれを見ながら一緒にゲームを遊ぶ。クラウドゲーミングを応用したようなもので、Steamではすでにプレイ動画ストリーミング機能が追加されており、おそらくその機能を拡張したものだと考えられる。

 ローカルマルチプレイゲームオンラインプレイする機能は、MoonlightParsec、そしてGamestream Coopなどのサービスで実現されている。便利な技術だが、ある程度は専門的な知識が必要なソフトウェアでもあった。

 Valveから届いたとされるメールでは「画面分割、ローカルCoopローカルマルチプレイを搭載したゲームすべてに自動的に搭載される」とされているため、専門的な知識が無くともSteamクライアントの機能としてユーザーが手軽に利用できることが期待できる。

 ローカルマルチプレイのみに対応したゲームと言えば、Super Bunny Man』の対戦モードCupheadRayman Origins』などが挙げられる。こういったゲームが手軽にオンラインマルチができるようになるのは、大きな変化だといえるだろう。

(画像はReddit「Steam will be adding new feature called “Remote Play Together” allowing Local Co-op/Multiplayer only games to be played over the Internet」より)

 ローカルマルチプレイゲームオンライン化は、一方がローカルマルチプレイ対応ゲームを持ってさえいれば、参加者がゲームを持っていなくても遊べるという点も大きな特徴となるだろう。
 今後はローカルマルチプレイを搭載すれば、Steam側でオンラインマルチに対応することになる。特に開発リソースが限られる小規模開発では、ゲーム開発自体にも変化が訪れる可能性がある機能だ。

 詳細などはまだ公開されていないが、マルチプレイのあり方を大きく変える可能性のある「Steam Remote Play Together」のベータテストが始まるという10月21日を待ちたい。

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros