桑原太矩氏の人気漫画をテレビアニメ化する「空挺ドラゴンズ」のメインキャスト18人、最新PV、ビジュアル、音楽情報が発表された。前野智昭雨宮天斉藤壮馬花澤香菜諏訪部順一関智一櫻井孝宏鳥海浩輔釘宮理恵らが出演する。

good!アフタヌーン」(講談社刊)で連載中の同名原作は、空と龍(ドラゴン)に魅せられた者たちの旅を描くファンタジー。物語の舞台は、空の覇者として龍が君臨する世界。龍の存在は、人間にとって脅威・災害である一方、薬や油、食用にもなる“宝の山”として重宝されていた。“龍(おろち)狩り”を行う捕龍船クィン・ザザ号の乗組員たちは、空を駆け、龍を狩り、旅を続けていた。

キャストは、龍のことになると饒舌(じょうぜつ)になるミカ役を前野、新人乗組員タキタ役を雨宮、生真面目で冷静なジロー役を斉藤、船内でも一二を争う捕龍の腕を持つヴァナベル役を花澤が担当。さらにギブス役を諏訪部、クロッコ役を関、ニコ役を櫻井、バーコ役を鳥海、カペラ役を釘宮が演じ、熊谷健太郎(ガガ役)、古川慎(フェイ役)、松山鷹志(バダキン役)、武内駿輔オーケン役)、上村祐翔ソラヤ役)、赤崎千夏メイン役)、榎木淳弥(ヒーロ役)、井上和彦(ヨシ役)、佐々木啓夫(リー)も出演する。

また本作のエンディングテーマが4人組バンド赤い公園」の楽曲「絶対零度」に決定。PVは、同曲に乗せて乗組員が龍狩りに挑む場面、龍の肉を調理したサンドイッチなど食事を楽しむ場面が映し出される。新ビジュアルは、空をバックに勇ましい表情を浮かべる乗組員の姿が配されている。

原作者の桑原氏は、アニメ化に対し「制作途中の第1話を見せていただいたときの率直な感想→『おれ、こんなに面白いものを描いた覚えはない』。アニメ空挺ドラゴンズ』は、吉平“Tady”直弘監督を中心に、素晴らしい脚本とスタッフに恵まれ、尋常じゃない『熱量』と『楽しさ』を注ぎ込まれて作られてます」と絶賛。原作者のお墨付きを得た吉平監督は、「原作を読んだときに、ありふれたファンタジードラゴン退治の話ではなく、まったく新しい世界を描きたいと思いました」とコメントを寄せている。

空挺ドラゴンズ」は2020年1月からフジテレビアニメ枠「+Ultra」で放送&Netflixで独占配信される。

「空挺ドラゴンズ」新ビジュアル (C)桑原太矩・講談社/空挺ドラゴンズ製作委員会