こんな上司はイヤ!

上司の役割のひとつに、部下のサポートがある。しかし、中には理解不能な言動で部下を苦しめ、仕事のやる気をそぐだけの存在である人もいる。キャリコネニュース読者にも上司へのイライラを募らせる人が多い。

技術職の20代女性の上司は、自分が一番じゃないと気が済まない性格の持ち主。部下と張り合おうとし、マウンティングしてくるという。女性は、この上司の対応に心底うんざりしている。

「会社の顔にならないといけないポジションなのに、生来のものなのか知れませんが、器の小ささに幻滅することが多いです」

「~の件どうなってますか?メールで結構です」近くにいるのに口を聞いてくれない

管理・事務職の30代女性の上司は、自分の気に入らない人間を追い詰めるタイプだ。本人が自覚しているかは不明だが、ストレスのはけ口となる標的を常につくり、嫌がらせをして気晴らしをしているようだ。運悪く女性はその「標的」となってしまう。

「上司は私とのコミュニケーションを避けるようになりました。直接の会話はなくなり、意思疎通はメールのみ。添付ファイルだけ送ってきて『お願いします』『~の件、どうなっていますか。メールで結構です』と言う感じです」

技術職30代男性の上司は、「挨拶をしても返さない、そもそも挨拶してこない」という。人への気遣いが基本的にできないため、男性が入社して1か月経ってようやくチームメンバーを紹介されたこともあった。そのうえ、「提案してくる内容のほとんどが社内規定を逸脱」したものだという。

「数字の人の高い人の話は真摯に聞いて、数字の低い人には容赦無くパワハラ

20代女性が過去に働いていた会社は、実力至上主義の体育会系の社風。ノルマ以上の数字を出した社員は「頑張っている人」として評価される。女性の元上司は売上が高く、周りからの尊敬を集めていた。しかし、上司は数字を重視する気持ちが強すぎるあまり

「数字の人の高い人の話は真摯に聞いて、数字の低い人には話を全く聞かず、容赦無くパワハラをする人でした」

という。女性はその傾向がわかったとき、「この人にはついていけない」と感じて退職した。

20代女性は、"任意参加のイベント"に対する上司の見解に疑問を抱いている。たまに開催されるイベントがあるが、「参加しなければ仕事ができても評価しない」と言われたという。女性が飲み会への不参加を伝えると、「参加しろ」と命令された

アルコールに弱い体質なので一杯だけ無理やり付き合っていましたが、それを褒められることに違和感を覚えていました。そんなところ褒めるくらいなら仕事ぶりを褒められたい」

ほかもに、「自分の望んだ発言以外は、拒絶する。または、覚えていない」(技術職、30代男性)、「阿吽で繋がると思っている節がある。エスパーじゃないんだから」(技術職、50代男性)といった不満が寄せられた。

キャリコネニュースでは引き続き「上司のコミュニケーション能力に不満はありますか?」「会社を辞めようと思った瞬間」に関するアンケートを募集をしています。