北海道生まれ北海道育ちの人が上京して初めてGに遭遇したときの反応を描いた漫画が「道民あるある」だと共感を集めています。

【画像】漫画を全部読む(全4ページ)

 生まれも育ちも北海道という漫画の作者、園山千尋さんにとって「G」は未知の存在。東京の家には必ずGが出ると思い込んでいたため、上京前には「G」についていろいろと考えすぎてしまい、悪夢にうなされていました。しかし、いざ上京してみると「G」に会うこともなく安心していたといいます。

 東京生活にも慣れてきたある日、バイト中にお店の壁に何かがいるのを発見します。「なんかカブトムシ? クワガタ? いるよ~!」と無邪気に同僚に報告すると、彼は血相を変えて紙でそれをつかみ、トイレに流したのです。カブトムシトイレに流した、と驚きを隠せない園山さん

 しかしそれはカブトムシではなく「G」なのでした。「よくあんなデッカイG見て叫ばなかったね!」と感心する同僚。それを聞いた園山さんは「っえ~!? あれが噂のGか~!」と動揺することもなく、むしろワクワクしているような反応をするのでした。強い!

 「G」を見たことがないと、園山さんのようにカブトムシか何かに見えるのでしょうね。初遭遇だと「これがあの!」という驚きや興味が気持ち悪さや怖さよりも勝つのかもしれません。「知らない」からこその強さってやつですね。

 漫画の読者からは「私も(帯広出身)、上京して初めてGに出会った時に、先輩に『これ、何ですか?』と悠長に質問して驚かれました…道民あるある」「すごく分かります!私も初めて見たときに『コイツが噂のアレか!』と思いました。(札幌出身)」など共感の声が寄せられています。

 園山さんは、漫画サイト「Vコミ」で『不登校ガール』『ワスレナグサ』を連載中です。

画像提供:園山千尋さん

実はカブトムシでもクワガタでもなく……