「傑作やる夫スレ4作が一挙にラノベ化」との発表に、5月、インターネットの一部で激震が走った。

【その他の画像】

 “やる夫スレ”とはインターネット掲示板でAA(アスキーアート)と文章を組み合わせ、物語を展開していくのが特徴のスレ群。2002年には2ちゃんねる上に「AA長編板」が誕生。2007年2008年ごろから“やる夫”のAAを駆使した作品が多数投稿されるようになり、次第に「やる夫スレ」という総称が定着していった。

 現在では「小説家になろう」(ヒナプロジェクト)や「カクヨム」など、手軽な作品投稿サイトが存在するが、そうしたネットインフラが整備されていなかった00年代ネット発の面白いテキストが大量に生まれたのがやる夫スレだった。

 AAには2chキャラのみならず、漫画やアニメなどのキャラも使用された。そうして二次創作的なクリエイティブも飲み込み、スレ上の読者の反応を相乗効果に数々の名作が誕生していった。本格的に作品に触れたことがなくとも「やる夫で学ぶ○○」シリーズや、「やる夫は○○するようです」といった印象的な定形タイトルに、なんとなく見覚えがある人もいるはずだ。

 現在でもやる夫スレは存在しているが、「なろう」をはじめ手軽な創作手段が多数存在する昨今では、スレ人口が少なくなってしまった感が否めない。そんな中、やる夫スレから4作品を一挙に小説化する企画「スレ発ラノベ4」が突然発表された。中には約10年前の作品が元となった作品も存在する。何故、いま……!?

 このインタビューでは、企画の仕掛人MF文庫J編集部のカミチ氏と、カドカワBOOKS編集部のいのしし氏に直撃。何故やる夫スレなのか? 2ちゃんねる上の作家にどうやってコンタクトを取ったのか? そもそもやる夫スレを小説に変換するのは難しくないのか? ……次々と湧いてくる疑問に答えてもらった。

●会議中にこっそり読んで、どハマりした

――やる夫スレから書籍を出すと聞いて正直驚きました。

カミチ 他社さんだと『ゴブリンスレイヤー』とか、もちろん前例があるんですけどね(笑)ラノベ界にはこれまでPCゲームや「小説家になろう」など、外の世界から血を入れて大きくなってきた歴史があるので、「では、『なろう』の次にどこかないか?」と考えたときに、「やる夫スレがあったぞ!」と。

――発表後の反響はすごかったですね。

いのしし  当初togetterのまとめが4~5万の閲覧数になっていて、反響としては十分かなと思ってたんですが、少し経ってから見てみると30万以上になっていて驚きました。

※参考:「傑作やる夫スレ4作が一挙にラノベ化の発表へ」 - togetter

――もともとやる夫スレはよく読んでいたんですか?

カミチ 存在は知っていましたが、本格的に読んだのは昨秋からです。読み始めたらハマりこんでしまい、「キッチンやらないO」「翠星石と白饅頭な彼氏」などは会議中にこっそり読んで、気付いたら泣きそうになったりしてました。ファミレス22時ごろに読み始めた「やる夫カードを引くようです」も、気付けば夜中の3時とかになっていたり……。

――読者目線で面白かったと。

カミチ 編集者として10年間エンタメの洗礼を受け続けてきましたが、5時間意識を丸ごと飛ばされるのはなかなかないんです。編集として、売れそうだから企画を立てるのは当たり前ですけど、今回とにかく面白いものにもっと日が当たって欲しいという思いでやってるところがあります。

――いのししさんとの分担はどのようなものだったのでしょうか。

カミチ 私が担当しているMF文庫Jは主に中高生や大学生向けのレーベルなので、高校生大学生くらいの主人公が多いんです。ところが『クレイジーキッチン』(編注:やる夫スレ版は「キッチンやらないO」)はどうしても主人公アラサー以上になってしまうなあ……と。

いのしし カドカワBOOKSだともっと大人の読者さんも多いということで、突然LINEで「カドカワBOOKSで出したいやる夫スレがある」と相談が来ました。そこで挙がったタイトルが「キッチンやらないO」で、僕としてはその時点で衝撃ですよ。めちゃくちゃ有名なやつじゃないですか! って。

――いのししさんはもともと作品のファンだったんですね。

いのしし いつか本にしたいなとは思ってたんですけど、単発で書籍化しても、本当に読者に届くのかな? という懸念がありました。でも、カミチがいきなり大作を持ってきたので、「じゃあ俺もやりたいのがあるから、まとめて出しましょう!」と。

――作家さんへのコンタクトスムーズに行ったんですか?

カミチ 全くスムーズではなかったですね(笑)

――スレ上だとトリップで作者だと判別できますが、皆さんTwitterアカウントトリップが紐付いてる状態ではなかった……?

カミチ なかったんですよね。

いのしし 僕も、どうやってコンタクト取るんだ? って半信半疑でした(笑)

カミチ 血眼になって連絡方法を探しました。そんな中、あるサイトの投稿フォームから事実そのままに「書籍化したい作品があるんですけど、どうやって作者本人に連絡とれますかね……」と相談してみたら「そもそもあなたは本物のKADOKAWAの社員ですか?」って疑われたり(笑)

――おつらい……。

カミチ でも、丁寧に本名と社名付きで連絡を入れたらとても良い方で、その方にいろいろな作法といいますか、こういう感じで連絡すると良いですよとご教示いただきました。作家さんによっては個人サイトの投稿フォームがあったりして、そこからやはり個別連絡をしてみた感じです。

●「やる夫スレ」から「小説」へ

――連絡は手探りかつ地道な作業だったんですね。しかし作者を見つけたとしても、スレと小説では表現がかなり違うと思うのですが、その編の翻案はスムーズにいきましたか?

カミチ 大変失礼ですが、最初は小説が書けるのか、半信半疑でした。そこでまず、それぞれ1章分くらいを文章にしてほしいとお願いしてみました。すると、みなさん書けてしまったんですよね。

いのしし 何年も創作を続けられてる方って言うのはクリエイターとして「強い」なと、今回あらためて思いました。お金がもらえるわけではないのに5年、10年と地道に連載をして、そこに付いてきている読者がいてという環境を経験してきている人たちなので。

カミチ よくよく考えてみると、やる夫スレ界隈って、その道に詳しい方なんかも集まっていらっしゃるじゃないですか。面白さがきちんと伝わらなければ、途中で淘汰されてしまうはずで、文章力がある方々の作品が生き残っていたのだなと。

いのしし 読者の反応も、スレだと鋭い意見がより参照されて、議論の土台になったりしますよね。スレ民はその議論を踏まえて読んでいくので、手軽に深い読解ができてしまう。さらに作者もそれを踏まえて続きを書きますから、すごい相乗効果が生まれるんだと思うんです。

――やる夫スレでは二次創作要素も大きな特徴です。二次創作まわりは翻案する際、特に難しかったのでは?

カミチ そこは作品を選ぶ際に、そもそもオリジナルの小説に落とし込めるかを考えながら選定していきました。

いのしし 『アキトカードを引くようです』(編注:やる夫スレ版は「やる夫カードを引くようです」)なんて、僕が読んでいたときはスレ版でちょうど某超有名キャラが登場して盛り上がっていたところだったので、「書籍化するには○○出版さんにキャラの使用許可取ってこないといけないのか……?」って、頭が真っ白になりましたよ。

カミチ 当然それはできませんから(笑)。あくまでもオリジナル作品として作り直す作業は必要でした。

――「やる夫カードを引くようです」は特に既存キャラが大量に登場するので、「一体どうやって小説化するんだ?」と、ファンSNSでざわついてました。

カミチ スレ版だと、知っているキャラが活躍するから楽しいという部分も確実にありますよね。でも物語を分解していくとオリジナリティーが詰まっていて、二次創作以外の部分もめちゃくちゃ面白い作品です。川田両悟先生はバトル描写が抜群にうまく、小説ではスレ版とはまた違った展開も盛り込みつつ再構築してくれてます。

――皆さん小説を書かれた経験はあったんでしょうか?

カミチ 『朝比奈若葉と○○な彼氏』(編注:やる夫スレ版は「翠星石と白饅頭な彼氏」)の間孝史先生は、もともと小説賞への投稿歴もあった方で、青春小説的な、詩的できれいな文体でした。『クレイジー・キッチン』の荻原数馬先生も「カクヨム」で作品を発表されていて、ギャグセンスが突き抜けてましたね。

いのしし 僕は『君は死ねない灰かぶりの魔女』(編注:やる夫スレ版は「白頭と灰かぶりの魔女」)を担当したんですが、ハイヌミ先生は大量のキャラの処理がとてもうまかったです。やる夫スレだと既存キャラが出せるので、10人姉妹がドンっと一気に登場しても比較的簡単にさばけてしまうんですが……。

――確かに、キャラプロフィールが事前に読者と共有できてますね。

いのしし キャラが20人も30人もいると、途中で誰が死んだかとか忘れてしまいますよね。「このキャラを立たせたい」というときに、口癖とかの小手先だとどうにもならないんです。そこはきちんとエピソードモノローグの厚みを加えて、小説として面白く仕上げていただきました。

――「やる夫カードを引くようです」と「白頭と灰かぶりの魔女」はスレ版がまだ連載中ですが、書籍版との兼ね合いはどうなっていくのでしょうか?

カミチ やる夫スレ版は別モノですので、基本的には著者さんにおまかせしてます。これまで趣味としてずっと続けてこられたものを、商業化するから終了してくださいというのも違うと思いますので。

いのしし ハイヌミ先生からは執筆中に、むしろ「早くスレを更新したいんです」って言われたりもしました(笑)

カミチ 『カード』の川田先生もスレの更新にすごい使命感を持たれていて、本が出ることによって更新頻度が落ちるというのはできるだけ避けたいとおっしゃってました。

●「やる夫スレ」と言わない宣伝方針?

――ところで、宣伝では一切「やる夫スレ」という言葉を使ってないようですが……。

カミチ 配慮しすぎているのかもしれないし、リミッターを外しすぎるとそれはそれで……という悩みの間で手探り状態です。

いのしし これまでやる夫スレの名前を使ってこなかったのは、コミュニティーを尊重しようという理由からですね。

カミチ 二次創作界隈には大々的に取り上げてほしくない方もいらっしゃいますし、どの程度ネガティブな反響があるかが分からない。とはいえコミュニティーの方々に見つけていただきたい本なのは間違いないので、皆さんの反応をしっかり見て、喜んでいただける範囲で告知していけたらというスタンスです。

――公式Twitterアカウントで一言も「やる夫スレ」とはツイートしないのに、ファンによるやる夫スレ絡みのツイートはRTしていたりして、距離感がユニークですよね。

カミチ そこも探り探りです(笑)。既にある事実として「やる夫スレで人気だった」と紹介するのは問題ないだろうという立場です。

いのしし 事実を言ってるだけですからね。

――宣伝まわりだと、サイトバナーの配布もどこか懐かしくて面白かったです。

いのしし 「2019年にやることか?」といろんなところでツッコミを受けました(笑)。でも、普通に貼ってくださったサイトさんもいらっしゃって、そちらからの流入もありがたいことにとても多いんですよね。ネタとしてだけでなく、実際に機能してくれました。ただ一部ネタではなく、「企画者は大真面目にこれをやってるんじゃないか?」と心配する声も見かけたので、その人たちにはご心配をおかけしました……!

●漫画化も決定 やる夫スレが生んだ好循環

――メディアミックスについても聞かせてください。4作品とも漫画化が発表されていますが、早い段階から漫画化は決まってたのでしょうか?

カミチ 漫画化は後からです。本格的に動き出したのは「スレ発ラノベ4」の企画発表が行われた5月からですね。

いのしし 確実に漫画との相性は良いだろうという予感はありました。思うに、元の二次創作を駆使したAAって、優れた先行作品のキメカットのみで構成されているので、それに見合うように作品自体の質が引き上げられるところがあるんですよね。やる夫スレの読み心地は小説と漫画の中間に近いですし、小説化を発表したときにSNSでも「漫画にしてくれよ」という声は結構ありました。

カミチ とはいえあくまで原作者が手掛ける小説版をまずはきっちり届けたかったので、漫画化まわりは後からになりました。でも動き出してからは、オファーが複数来たり、作品の大きさを実感しました。

 通常、ライトノベルだと本が出てからその売れ行きや人気ぶりを見て、「コミカライズしませんか?」という声がかかりやすいのですが、今回は事前にスレ版に触れやすかったこともあり、発売前から社内外で注目してくれる人が結構いました。

いのしし コミック側の編集部でやる夫スレ知ってる人がいると、そこからツルツルっと決まったり。

カミチ 元がビジュアルもある作品というのは強いですよね。すぐに「スレ読みました」という反応がもらえて。イラストレーターさんがどハマりして。相談したコミックの編集さんがどハマりして。漫画家さんに紹介したら漫画家さんもどハマりして。皆、なんか「好きだ」って言ってくれる。これまで10年ほど編集の仕事をしてきましたが、正直初めての経験です。

――早くも好循環ができているのですね。この4作がヒットしたら、さらに他の作品も書籍化する可能性は?

カミチ もちろん視野に入れてますが、今は4作の仕込みでいっぱいいっぱいです。これを成功させてこそと思っていますので、まずはここで頑張ります。

いのしし 実は公式サイトURLに仕掛けがあって、「スレ発ラノベ4」の「4」ではなくて、「for AA story」となっています。今後作品の数が増えても構わないように(笑)

――あ、ほんとだ(笑)

いのしし 他にも、サイトソースコードに作者のやる夫スレ上のトリップを忍ばせてたんですけど、そちらはなかなか気付いてもらえませんでした……。

――やる夫スレに始まり、サイトバナーの配布、ソースコードに隠しメッセージと、なんだか令和のインターネットと思えない感じになってきました。最後に一言ずつお願いします。

いのしし 今回は「やる夫スレ→小説→漫画」と展開していますが、元の作品次第ではやる夫スレからいきなり漫画化といった可能性もあるのではないかと考えてます。まだまだ声をかけられてない作家さんもいらっしゃるので、今回ではずみをつけたいですね。小説も漫画も、やる夫スレ版に負けないくらい面白く仕上がってるので、ぜひ手に取ってみてください。

カミチ とにかくエンタメ作品にハマり込む感覚を忘れてしまった人に触れていただきたいですね。個人的にもうれしい感覚だったので、そんな作品を当事者側で送り出せる機会に恵まれて、とてもワクワクしています。「この作品も出してくれ!」という声もたくさん届いておりますが、まずはこの4作品をぜひともよろしくお願いします。

「スレ発ラノベ4」公式サイト