サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田和範)は、iPad mini 2019、iPad Air 2019にそれぞれ対応したショルダーベルト付き多機能ケースPDA-IPAD1412」「PDA-IPAD1512」と、耐衝撃防水ケースPDA-IPAD1416」「PDA-IPAD1516」を発売しました。

PDA-IPAD1412
PDA-IPAD1416

 
iPad mini 2019、iPad Air 2019専用ケース

品番:
PDA-IPAD1412/ 1512スタンド機能付きショルダーベルトケース
PDA-IPAD1416/ 1516(耐衝撃防水ケース

標準価格:
PDA-IPAD1412/ 1512
¥6,600(税抜き ¥6,000) ~¥8,030(税抜き ¥7,300
PDA-IPAD1416/ 1516
オープン価格

掲載商品一覧ページhttp://sanwa.jp/pr/PDA-IPAD14-15
PDA-IPAD1412
PDA-IPAD1512

 
PDA-IPAD1412」はiPad mini 2019専用、「PDA-IPAD1512」はiPad Air 2019専用のショルダーベルト付き多機能ケースです。
ショルダーベルトをケースに装着し、肩または首からかけることで立ったままでも安定したiPadの操作が可能になります。工事現場など屋外での作業や医療施設などでの立ち作業時の使用にも最適です。
ショルダーベルトを引っ掛けるフックリングケースの4隅に付いており、取り付ける場所を変えることで縦画面でも横画面でも操作が可能になります。
PDA-IPAD1412
PDA-IPAD1512
 
背面にはハンドベルトが付いており、ショルダーベルトを付けていなくても安定した操作ができます。
3段階角度を調整できるスタンドとしても使用することができ、屋内でもデスクワークや会議などいろいろな場面で活用できます。
タッチペンを収納できるホルダーが付属しており、収納することでタッチペンを紛失することなく持ち運べます。
PDA-IPAD1416
PDA-IPAD1516

 
PDA-IPAD1416」はiPad mini 2019専用、「PDA-IPAD1516」はiPad Air 2019専用の耐衝撃防水ケースです。
IP68に準拠しており、ケース内部へ砂やホコリなどの粉塵や水の侵入を防ぐことができ、お風呂やキッチン、プールアウトドアなど屋内外問わず水気のある場所での使用に最適です。ケースの縁には耐衝撃素材を使用しており、落下などの衝撃から機器をしっかりと守ります。

 
動画・インターネット閲覧に便利なスタンド機能と指を通すことで機器の落下を防ぐバンカーリング機能が備えられたリングスタンドが付属しています。
さらに立ったままでも安定した操作ができるように、首にかけて使用する簡易ストラップも付属しています。


それぞれのiPadに合わせて専用設計されているケースなので、指紋認証機能や背面カメラLightningコネクタでの充電など、すべての機能を本製品に入れたまま使用できます。使用機器や用途に合わせてお選びください。


製品画像データにつきましては、サンワサプライWEBサイトにあります「画像データベースシステム」(下記URL)よりダウンロードお願いいたします。
https://www.sanwa.co.jp/imagedb/imagedb.asp?sku=PDA-IPAD1412,PDA-IPAD1416,PDA-IPAD1512,PDA-IPAD1516
----------------------------------------------------------------------
★サンワサプライHP
https://www.sanwa.co.jp/
youtubeチャンネル
http://sanwa.jp/youtube
facebookファンページ
https://www.facebook.com/SanwaSupplyJP
twitter @sanwainfo
https://twitter.com/sanwainfo
Instagram @sanwasupply_official
https://www.instagram.com/sanwasupply_official/
★サンワサプライ公式アプリ「サンワガチャ
http://www.sanwa.co.jp/apps/gacha/index.html
-----------------------------------------------------------------------
※このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。

配信元企業:サンワサプライ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ