独占日本初放送!ロバート・ゼメキスら
豪華製作陣がおくるミステリー&ヒューマンドラマ
『MANIFEST/マニフェスト』 試写会レポート

.spNews__pr { padding: 0 24px; margin-top: 24px; } .spNews__sns { padding: 0 24px; margin-top: 30px; height: 30px; } .spNews__sns span{ margin-right:5px; } .spNews__pr__button a,.spNews__sns__button a { padding: 5px 10px; color: #A6A6A6; border: 1px solid #A6A6A6; width: 10%; font-size: 1.2rem; } .spNews__link { margin-top: 16px; padding: 0 20px; } .spNews__link__btn { width: 48%; display: inline-block; margin: 0px calc(1% - 1px); border: 1px solid rgb(0, 112, 192); border-radius: 5px; background-color: rgb(0, 112, 192); box-sizing: border-box; } .spNews__column .spNews__link__btn { width: 100%; } .spNews__column:after, .col:after { content: ""; display: table; clear: both; } .col { display: block; float: left; width: 100%; } .span_1 { width: 8.33333333333%; }.span_2 { width: 16.6666666667%; }.span_3 { width: 25%; }.span_4 { width: 33.3333333333%; }.span_5 { width: 41.6666666667%; }.span_6 { width: 50%; }.span_7 { width: 58.3333333333%; }.span_8 { width: 66.6666666667%; }.span_9 { width: 75%; }.span_10 { width: 83.3333333333%; }.span_11 { width: 91.6666666667%; }.span_12 { width: 100%; } .md-tieup__columnWrap { margin-top: 24px; } .md-tieup__columnWrap .md-thumbnailList { padding-top: 0; } .md-tieup__columnWrap p { font-size: 1.4rem; } @media ( max-width : 520px ) { .spNews__link__btn { width: 100%; display: block; /* margin: 0px calc(1% - 1px); */ box-sizing: border-box; } .spNews__link__btn + .spNews__link__btn { margin-top: 3%; } .span_1,.span_2,.span_3,.span_4,.span_5,.span_6,.span_7,.span_8,.span_9,.span_10,.span_11,.span_12 { width:100%; } .col p.md-articleText { padding: 0; } } .spNews__link__btn.btn__grayOut { background-color: #777; border: 1px solid #777; } .spNews__link__btn p { font-size: 1.4rem; background-color: rgb(0, 112, 192); padding: 6px 0; text-align: center; margin-top: 0; } .spNews__link__btn.btn__grayOut p { background-color: #777; } .spNews__link__btn p a { color: white !important; display: block; width:100%; height: 100%; } .md-gallery__thumbnail:first-child:nth-last-child(4), .md-gallery__thumbnail:first-child:nth-last-child(4) ~ .md-gallery__thumbnail { width: 25%; }

海外ドラマ専門チャンネルスーパードラマTV」にて10 月15日(火)より独占日本初放送

PR

『MANIFEST/マニフェスト』公式サイト/SNS

(c) Warner Bros. Entertainment Inc.

ロバート・ゼメキスら豪華製作陣がおくる話題作が
「スーパー!ドラマTV」にて10月15日(火)独占日本初放送!

乗員乗客191名を乗せて突如消息を絶った旅客機が辿り着いた先は5年半後の未来だった……。人気ドラマLOST』を彷彿とさせる不可思議な出来事が次々に起こり、回を追ごとに驚きの展開が待ち受ける2018年アメリカ新作ドラマ視聴率No.1を獲得した(※米ニールセン調べ)『MANIFEST/マニフェスト』が、ついに日本初上陸!

製作陣に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』や『フォレスト・ガンプ/一期一会』などの名作を手掛けたロバート・ゼメキスらヒットメーカーが名を連ねており、アメリカでは高視聴率を記録。既にシーズン2の継続も決まっている。次々と予想外の展開が待ち受けるSFミステリーの要素に加え、空白の5年半の間に起こった登場人物たちの“悩み”や“葛藤”など 一筋縄ではいかない人間ドラマにも注目したい。

赤ペン瀧川先生の5分で分かる『MANIFEST/マニフェスト』

映画ライター・村山章氏が解説! ぴあ独占試写会レポート

ぴあでは独占日本初放送に先立ち、映画ライター・村山章氏によるトークイベント付き第1話の独占試写会を実施。映画ライターが指南する4つのポイントとぴあユーザーの方たちの感想をご紹介します!

    運命の分かれ道となったモンテゴ航空828便に乗ったベンと息子のカル

【ポイント1】
消息不明の旅客機が5年半後の未来にたどり着く⁉ “浦島効果”

乗員乗客191名を乗せて突如消息を絶った旅客機が辿り着いた先は、5年半後の未来だった……という衝撃的な内容で始まり、次々と予測不能な出来事が起こる本作。

「これは何が起きているんだろうかと考えてみるとこれは“浦島効果”じゃないかと。よくSFとかでありますが、光の速度に近づけば近づくほど時間の流れが遅くなるという話があって例えば『インターステラー』とかもそうですよね」

光の速度ではないが、“タイムラグ”いう面白い設定として最近の映画では『アベンジャーズエンドゲーム』や『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』などがあることも例に挙げ、5年半というタイムラグは乱気流の時間にワープ的なことが起きていたら、あり得るのではないかと語る村山氏。

物理学の先生にタイムマシンは本当にできるのか?という取材をしたことがあるんですが、一番身近なタイムマシン新幹線らしいです。東京から博多まで行ったら、新幹線の中と外の世界では何秒か時間がずれるらしい。理屈的には、ずっと新幹線に乗っていたら周りの人がちょっとずつ老けていくそうです。だから『マニフェスト』の世界もあながち嘘じゃないかもしれないです(笑)

<
    5年半の間に人間関係も変化し……。ベンの息子カルと娘のオリーブは双子だが見た目も5歳差に!

【ポイント2】
“大きい嘘”をつくために必要な説得力のある人間ドラマ

前評判でも『LOST』や『HEROS』を彷彿とさせるSF的要素の部分がフィーチャーされているが、「見ていると家族のメロドラマみたいなものが昼ドラ的に面白いんです。いろんな要素があるよくばりな作品で、人によって引っ掛かる部分がたくさんあると思います」と分析。

5 年半という歳月は、家族、恋人、友人など様々な人間関係の変化をもたらす。衝撃的な出来事でスタートする本作だが、ドラマの部分がしっかりしていることでより物語に説得力を持たせているという。

「5年半経ちましたというのは“大きな嘘”をついたわけです。この嘘をついたときに、説得力のあるものにするっていうのは登場人物たちの感情面の話ですよね。そういうことをすごく丁寧に描いていると思うので、人間ドラマ的な部分も面白い。

それと、初めてだなと思ったパターンは双子なんですよね。年齢が逆転するのはありましたが、いろんなものをリアルタイムで同じように共有してきた人に突然5年の開きが出るという設定は新鮮だなと思いました」

    話題に挙がったゼメキスについて解説

【ポイント3】
随所に散りばめられたロバート・ゼメキス的要素

製作陣にロバート・ゼメキスの名がクレジットされている本作だが、ストーリーを思いついたのは、『BONES』なども手掛けるクリエイタージェフ・レーク。ゼメキスの会社が作っているからゼメキスはGOサインを出しただけだと思い、果たしてゼメキスの作家性が反映されているかどうか疑問だったと振り返る村山氏。

「でも実際見てみたらゼメキス要素がたくさんありました。タイムトラベルもそうですし、『コンタクト』という映画のような神秘性と科学の合わせ技みたいなのもそうですし、『ホワット・ライズ・ビニース』などトリッキーギミックのあるミステリーみたいなものなどゼメキスが好きそうな要素が随所にちりばめられている。

彼は、割と商業性のある映画をヒットさせている人ですが、どっかに意味の分からないことをする、ちょっと発想のすっ飛んだ人かなと思います(笑)テクノロジーみたいなことに興味がある人で、『フォレスト・ガンプ/一期一会』は最たるものですが、どの映画を観てもエモーショナルでグッとくるものが多い。CG技術を駆使して、ギミックに頼らないと実現しない映画を作りながら、ちゃんと人間ドラマとしてエモーショナルである作品を描いているので、ゼメキスが社長であることも納得だなと思っているところにゼメキスのインタビューを読んで、『俺好みの脚本でそりゃGOサイン出すよ』って書いてあったので、この話に乗っかったのかなと思いました」

    兄ベンと妹ミカエラはどのような運命を辿るのか…

【ポイント4】
“ちゃんと終わる”海外ドラマ! 最後まで尽きることのない創作意欲に期待!

海外ドラマというと人気が出ると次のシリーズが更新され、人気がなくなると打ち切りになるなどちゃんとした最終回を迎えないことがあるが、今回はきちんとした結末に期待が持てそうだ。

ジェフ・レークさんがどっかのインタビューで言っているのを見たんですが、“ちゃんと終わる”と。いろいろ考えてシーズン6まで考えているらしく、結末は全部は教えないけどこういう風に終わりますよっていうプレゼンをしたんですって。日本ではこれからシーズン1が見れて、2が待っていて、面白いと思った我々が応援する限りちゃんとした最終回が待っているってことですよね。ちゃんと結末に向かっていく話なんだって信じて見れるというのは、幸せなことだなと思います。

実は7話まで見ているのですが、どんどん風呂敷は広がっていくので8話がどうなるか予想もつかないです。あと乗員乗客が191人いるので、1シーズン16話だとすると、1話1人のペースだと最後の乗客まで追いつかないんですが、きっと何かあるんでしょうね。そこが楽しみです。

ジェフ・レークは『BONES』や『ボストンリーガル』など犯罪ものが多かったですが、新しい挑戦をここに全部注ぎ込んだと言っているのでクリエーターの創作意欲が少なくともシーズン6までは尽きることがないはずと期待しています!」

作品にちなみ会場では参加者たちがタイムカプセル郵便を投函!

5年半後を描いている本作にちなみ、タイムカプセル郵便とのコラボレーションが実現! 会場には投函ポストが設置され、参加者各々が5年後の自分や大切な人への手紙を宛てた。ただ、5年半後の人間関係がいろいろと変化している本作を見ると、誰に送るかは慎重に考えたほうがいいかも⁉

タイムカプセル郵便とは?
お客様ご自身が自分・大切な人に手紙を書いていただき、未来の指定する日に、未来の指定する場所に届くよう、お手紙を管理・差し出すサービスです。お手紙は、内閣総理大臣認定の公益財団法人日本郵趣協会が大切に保管し、お届けの指定日に合わせ、差し出します。配達は、日本郵便株式会社が行います。

第1話をひと足早く観た映画ファンたちの声をお届け!

試写会後のアンケートでは、なんと98%が「早く続きが観たい!」と回答。5年半という歳月によって変化してしまう家族や恋人との人間関係も気になる本作だが、特に参加者たちの注目を集めたのが、NY市警刑事でいろいろ訳アリの過去がありそうなミカエラ!元恋人との関係性や不可解な出来事の真相など気になる“その後”はぜひ、10月15日から始まるスーパードラマTVでの放送をチェックしていただきたい。

試写会参加者たちの声をPICK UP!

個々の環境の変化がとてもリアル!共感する部分が多かった

登場人物たちのそれぞれの今後が気になりますし、個々の環境の変化がとてもリアルに感じ取れました。個人的には、物凄くいろいろと考えさせられるストーリーでした。自分の生い立ちの中で発生してきた(形成された心理等)感情が刺激され、共感する部分も多かった。そして、不思議な感覚でしたが、癒されて涙が出てくるシーンもありました。毎週(火)!絶対見ます!楽しみです。(48歳・女性)

伏線がどう回収されていくか楽しみ!森川智之さんの吹替えにも期待!!

家族の秘密を知ることになる展開、各々問題を抱えた妹や息子との関係がとても楽しみです。モンテゴ航空828便の“828”の数字や全てが伏線になっているような1話で、大きな時間の謎、個々の人生の物語、これからどう回収されていくのか楽しみです。個人的にはベン役の森川智之さんの吹替にとても期待しているので放送が待ち遠しいです!(女性)

登場人物の今後に注目! 続きが気になった!

全体的に続きが気になった!救われてほしい白血病のカル、医学生のサンビには頑張ってほしい!“声”が聞こえるベン、ミカエラの今後にも注目したい!(26歳・男性)

不思議な力は何なのか?続きが楽しみです!

これからも同じ不思議な力で事件を解決していくんだろうということと、この不思議な力は何なのか楽しみ。タイムトラベルもの大好きなのでとても面白かったです。結末もちゃんとあるということで続きが楽しみです。(55歳・女性)

ドキドキしっぱなしで本当に面白かった!

本当に先が読めず、ドキドキしっぱなしで本当に面白かった。あと、5年いない間に環境が変わっていくというのが、本当に恐ろしく人間って弱いものだというのを思い知らされた気がする。COCCOの歌を思い出した。とにかく続きが見たい。(49歳・男性)

1話1話丁寧に作られていて早く続きが観たい!

1話1話ていねいに作られているのかなと、今回観て思ったので続きを早く観たいと思いました。トークもとても面白かったです!(25歳・男性)

5年半経つと人の気持ちも変わってしまう⁉ 続きが気になる!

とっても面白かったです。続きが気になります!5年半も経つと人の気持ちは変わってしまうんだなと思いました。今現在とても大切な愛している人でもその人がいなくなると愛も薄れてしまうんですね…。(44歳・女性)