コネクテッドカー向けのオープンラットフォームを開発する Linux Foundation 傘下のクロスインダストリ共同開発プロジェクト Automotive Grade Linux (AGL) は 10月10日 (現地時間)、SAIC Motor がシルバー メンバーとして、German Autolabs、KPIT、MontaVista、OTAinfo、OUTCERT、Ovo Automotive がブロンズ メンバーとして加盟したことを発表しました。
2019年10月10日 サンフランシスコ - コネクテッドカー向けのオープンラットフォームを開発するクロスインダストリ共同開発プロジェクト Automotive Grade Linux (AGL http://www.autolinux.org/ ) は、新メンバー7社を発表しました。SAIC Motor がシルバー メンバーとして、German Autolabs、KPIT、MontaVista、OTAinfo、OUTCERT、Ovo Automotive がブロンズ メンバーとして加盟しました。

Linux Foundation の Automotive Grade Linux 担当エグゼクティブディレクターである Dan Cauchy は次のように述べています。
「中国から参加する初の自動車メーカーである SAIC Motor を歓迎します。これにより、中国とアジア市場へのAGLのグローバルエコシステム拡大を強化できます。AGLは現在、世界の年間出荷台数の約60%を占める11社の自動車メーカーからサポートされています。新しいモビリティ ソリューションとコネクテッドカー アプリケーションサポートするために AGL プラットフォームの機能拡張を継続する中で、SAICおよび全ての新メンバーと協力することを楽しみにしています。」

AGL は Linux Foundation ( https://www.linuxfoundation.jp/ ) のオープンソース プロジェクトで、自動車メーカー、サプライヤー、技術系企業などを結集し、インフォテインメントから自動運転まで全ての車載テクノロジー向けの完全にオープンな共通ソフトウェアラットフォームの開発と導入を加速させます。業界全体で単一のソフトウェアラットフォームを共有することは、一度の製品開発で複数の自動車メーカーに対応できる開発者とアプリケーション プロバイダーのグローバル エコシステムの成長を促進し、断片化を軽減し、市場投入までの時間を短縮します。

Automotive Grade Linux メンバーは、半年に一度開催される AGL All Member Meeting (2019年10月22日-23日モンテカルロで開催) に集い、最新の開発について学び、ベストラクティスを共有し、業界全体で迅速なイノベーションを推進するために協力します。詳細および登録に関してこちら ( https://events.linuxfoundation.org/events/agl-amm-eu-2019/ ) をご覧ください。

メンバーの声 (原文)

German Autolabs https://www.germanautolabs.com/
German Autolabs is a pioneer in Automotive Voice Assistance,” said Holger G. Weiss, co-founder and CEO of German Autolabs. “Our full-stack conversational assistance solution is fully offline-capable and provides customizable white-label VPA technology solutions for Automotive OEM and fleet operators. Automotive Grade Linux (AGL) as a standardized operating system provides a reliable and customer agnostic framework for our embedded stack. We plan to contribute to Speech, Connectivity, Navi and UI/Graphics expert groups.”

KPIT https://www.kpit.com/
“We believe in Reimagining Mobility for creating a cleaner, smarter & safer world, and connected vehicles play a central role in our vision,” said Anup Sable, CTO, KPIT Technologies Ltd. “We have been working closely with several carmakers over the last decade, and our Linux based infotainment platform is part of millions of vehicles. We are proud to be part of the AGL community and the Linux Foundation, where we can contribute our expertise in infotainment, Linux, cybersecurity, clusters and connectivity.”

MontaVista https://www.mvista.com/
MontaVista Software is the worldwide leader in developing, deploying and supporting commercial and industrial embedded Linux solutions and services, and we are excited about joining the AGL Community,” states Ravi Gupta, MontaVista Software’s CEO. “As the next generation vehicles become more software oriented, ensuring the quality and reliability of that software is absolutely critical to the safety and security of transportation for decades to come. Our goal is to contribute to the AGL Community in developing new features and technologies, and as well as the long term support strategy for these complex systems.”

OUTCERT https://outcert.com/
“We built a technology education platform whose foundations rely on collaboration with organizations in a very broad spectrum. Linux and Open Source technologies have disrupted each and every segment covered in that spectrum,” said Lital Shoshan Idel, CEO at OUTCERT. “We foresee significant upskilling in the automotive workforce as it embraces rapid adoption of emerging technologies.”

Ovo Automotive http://www.ovo.auto/
“Ovo delivers virtualized Android apps to connected vehicles directly from the cloud, providing OEMs, dealers, and fleet owners full control over the screens of their vehicles by choosing the Android apps to run,” said Dr. Gilad Zlotkin, CEO and Co-founder at Ovo Automotive. “We believe that openness is one of the greatest drivers of innovation and we see value in bringing the Android apps ecosystem into AGL. Being a proactive member of Automotive Grade Linux will enable us to better serve our clients.”

SAIC http://www.saicmotor.com/
“In recent years, SAIC aims at the new trend of the development of the automobile industry — electrification, intelligent network connection, sharing and internationalization. In the future, SAIC will take intelligent network-based cars, smart travel solutions and intelligent manufacturing as an important starting point to explore and practice the broader and deeper integration of big data, cloud computing and artificial intelligence with the automobile industry, and contribute to the acceleration of transformation and upgrading of China’s automobile industry,” said Chen Hong, CEO of SAIC MOTOR. “Automotive Grade Linux (AGL) is the only organization addressing all software in the car, including Infotainment, Instrument Cluster, HUD, ADAS, Function safety and Autonomous Driving, which will help us to achieve the goal promptly.”


###

Automotive Grade Linux (AGL) について

Automotive Grade Linux は、自動車メーカー、サプライヤー、技術系企業などを結集し、コネクテッドカー向けフル オープン ソフトウェア スタックの開発導入を促進するオープン ソース共同開発プロジェクトです。AGLはその中核にあるLinuxの強みを生かし、新しい機能や技術の高速開発を可能にする業界デファクトスタンダートオープンラットフォームをゼロから開発しています。AGLは、当初はおもに車載情報機器 (In-Vehicle-Infotainment: IVI) を対象にしていましたが、計器盤、ヘッドアップ ディスプレイ、テレマティクス、先進運転支援システム (Advanced Driver Assistance Systems: ADAS)、自動運転などあらゆる車載ソフトウェアへの対応を予定している唯一の組織です。AGLプラットフォームは誰でも使用でき、誰でもその開発に参加できます。Automotive Grade Linuxは、Linux Foundation がホストするプロジェクトです。詳細情報はこちらです。https://www.automotivelinux.org/

配信元企業:The Linux Foundation Japan

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ