約2万円のノートPCなど、格安のデジタルガジェットを過去にも多数リリースしているディスカウントストア「ドン・キホーテ」から、電子コミック・雑誌を読むことに特化した格安のAndroidタブレットが登場しました(製造元はアール・ダブリュー・シー)。

「電子コミックス 読みまくリーダー」というこの製品、画面サイズは7.85型と、Appleの「iPad miniシリーズ(7.9型)とほぼ同じで、紙の本に近い4:3という縦横比が特徴です。しかも実売価格は9,980円(税抜)と、リーズナブルさでは群を抜いています。

 もっとも、いかに電子コミック・雑誌用とは言え、ここまで価格が安いとどのくらい快適に使えるのか不安になるのも事実。実際に購入して検証してみました。

まさかの「Android Go」タブレット

 この「読みまくリーダー」、スペックはさすがに最先端ではありません。OSはAndroid 8.1で、メモリは3GBでも普通というこのご時世にわずか1GB、また解像度は1,024×768ドットと、フルHD(1,920×1,080)以上が当たり前の現在では、あまりお目にかからないスペックです。詳しい人ならば、これだけで「あっ、もう結構です」となりかねないでしょう。

 ところが実際に本製品を使ってみると、スペックから連想されるもっさり感はそれほどなく、意外なほど快適に使えて驚かされます。その理由は、日本では極めてマイナーな、「Android Go」なるプラットフォームをサポートしているからです。

Android Go」は、もともと新興国向けに作られた、低スペックハードウェアおよび低速回線でも実用レベルで動作するよう作られたプラットフォームで、本製品にプリインストールされたGoogle マップGmailなどのアプリは、このGoエディションとなっています。

 少ないメモリ容量でも快適に動作するように作られたこれらのアプリのおかげで、本製品はハードウェア的には極めて低いスペックながら、想像もできないほど快適に動作するというわけです。

 Goエディションのアプリは「Android Go」の利用条件に合致した低スペックデバイスでしか利用できませんので、その条件を満たすために、わざとスペックを落としているようにも思えます。こうすれば一般的なAndroidに比べてライセンスの費用を下げ、価格の抑制につなげられるからです。

Google Playストアにも対応、任意のアプリダウンロード可能

 もっとも、高望みは禁物です。例えば動画配信アプリは、YouTubeAmazonプライムビデオは比較的安定していますが、低解像度でしか再生できないアプリも多くありますし、ポケモンGOは動作こそ可能ですがあらゆる動きがカクカクしています。またBluetoothイヤホンは機種によっては音がブチブチと途切れますし、バッテリーの減りが速いのも気になります。

 とはいえ、電子書籍のように、あまりCPUパワーを食わない用途であれば、こうした問題点はまず見られません。起動に時間がかかったり、またストア上でサムネイルが一括ではなく1枚ずつパラパラと読み込まれるような低スペック端末ならではの症状はありますが、ページをめくっている最中に反応がなくなるといった、致命的な問題はありません。

 また、プリインストール済みの4つの電子コミックアプリ以外に、Google Playストア経由で「Kindle」など一般的な電子書籍アプリを使えるのも利点です。本製品と同じ1万円前後のタブレットとして有名なAmazonの「Fire」はGoogle Playストアに対応せず、アプリ選択肢に乏しいのとは対照的です。4:3という縦横比ゆえ、見開き表示との相性も良好です。

microSDスロットHDMIポート、イヤホンジャックも搭載

 また、意外なところで「オッ」と思わせる仕様もあります。具体的には、microSDスロットHDMIポートの搭載や、最近のスマホでは少なくなっているイヤホンジャックを搭載していること、またこの価格帯のタブレットでは省かれがちなGPSセンサーを搭載していることです。実際には5GHz対応のWi-Fiが、スペック上は非対応となっているのも(Android Goの一件と絡めて考えると)興味深いところです。

価格もリーズナブルで手軽に遊べる1台

 以上のように、電子書籍などあまりCPUパワーを使わないアプリや、またGoエディションのアプリを使うぶんには、ハードウェアスペックからは想像できないパフォーマンスを発揮します。画面比率4:3タブレットは、現時点ではiPad miniシリーズくらいしか選択肢がなく、そうした意味で希少価値があります。

 また、この手のガジェットが好きな人にとっても、日本国内では非常にレアな、Android Go対応タブレットとしても興味深い製品です。通常のAndroidデバイスでは使えないことが多い「Gmail Go」や「Google Assistant Go」を体験するのにもぴったりです。

 9月下旬に発売されたばかりのこの製品、実売は1万円以下(税抜)というリーズナブルさで、手軽に試せるのも大きな魅力。ドン・キホーテの店頭でも(もともとの入荷数が少ないのかもしれませんが)かなり品薄になっているようですので、興味がある方は早めに探してみてはいかがでしょうか。

(山口 真弘)