大塚恭司 横須賀歌麻呂(大塚監督 横須賀歌麻呂)

地下芸人の帝王」横須賀歌麻呂の半生を描いた映画『東京アディオス』が、10月11日から、シネ・リーブル池袋にて上映される。

メガホンをとるのは、本作が初監督作品となる大塚恭司氏。『Mr.マリック超魔術』(日本テレビ系)、ドラマ女王の教室』(同)など、バラエティードラマの両方で視聴者を魅了してきた演出家だ。

しらべぇ取材班では、本人役で主演を務めた横須賀と大塚監督にインタビューを実施。映画の内容はもちろん、現在のお笑い界についても語ってもらっている。

■地下芸人との出会い

本作のテーマである地下芸人とは何か。明確な定義こそないが、そのように呼ばれる芸人たちに共通するのは、世間一般でいう「売れる」「売れない」を度外視し、自らが面白いと思うネタを追求している点。彼らはライブでこそ輝きを放つ。

一方、テレビマンとして数々の功績を残してきた大塚監督。テレビとは縁遠いように思われる世界線で生きる地下芸人を知ったきっかけは、たまたまライブハウスで見かけた白黒のチラシだった。

大塚監督:2003年とか2004年くらいかな。その頃はもう情報がネットになって、ネットで調べたら何でもわかるみたいな感じになっていました。そんなときに、白黒のチラシしかないお笑いライブがあることに気づいたんですよ。

そして、地下芸人の存在を知った大塚監督が最初に訪れたライブが、横須賀が出演する『嗚呼 お笑い 東洋・太平洋秘宝館タイトルマッチ』と、本作にも出演している柴田容疑者の単独公演『ダジャレ400連発』だ。

大塚監督:柴田のライブには、仕事で5、6分遅れて劇場に着いたんだけど、まだ始まってなくて。俺が入っていったら、奇妙な空気になって、そこに集まってた人がばぁーって掃けていったんです。

「なんだろうな」って思いながら席に座ったら、その掃けていった人たちは全員スタッフで、客がひとりも来ないから、やるかどうかを協議してたらしいです。

お題が書かれた400枚の半紙がステージに貼られていて、1枚1枚はがしてダジャレにするってライブで、それを1対1で観ました。忘れもしないんだけど、250枚過ぎから明らかに柴田のスタミナが落ちていって(笑)

そんな贅沢なライブを観て、「ネットで知れないライブが面白いんだ」ってことをすごい早い段階で直感して、他のライブも観始めました。自分が観たライブで面白いと思う人を数えてみたら、13組残って、その中のひとりが横須賀でした。

関連記事:柳ゆり菜、地下芸人を描いた衝撃作でヒロイン熱演 「愛おしく思った」

■生きた心地がしなかった

横須賀ライブで披露するのは、下ネタのみ。しかも、テレビで放送しようものなら、放送禁止ピー音が鳴り止まないようなエッジの効いたものばかりだ。

つまり、独自の世界観を持つ地下芸人のネタの中でも、近年のテレビとは極端に相性が悪い。それが今回、テレビを通り越して、映画で主演を務めることになった。

横須賀売れてない芸人の話は他にもあるかもしれませんけど、それを本人が演じるっていうのはありえないじゃないですか。撮影のときはついていくのに必死でした。俺以外、周りはみんなプロフェッショナルの役者さんなんで。

映画に出てくれた後輩の芸人に言われたんですよ、「横須賀さん、休憩中も一切座らないんですね。高倉健ぶりたかったんですか?」って(笑)。でも、そういうわけじゃなくて、普通に座れないというか、常に無我夢中でした。

だから、「俺が主演でやってんだ」って高揚感みたいなものは一切なくて、生きた心地がしなかったですね。まだ公開されてないってこともあると思うんですけど、撮影が終わった今もまだ現実感がないです。

■有名俳優が横須賀役の案も

横須賀歌麻呂

横須賀本人も「ありえない」と思うのだから、映画の制作側でも同じように思う人は少なくないだろう。いや、大多数がそうかもしれない。

それだけに、本作の映画化には8年の歳月を要した。そして、大塚監督の強いこだわりがあったからこそ、「主演 横須賀歌麻呂」の『東京アディオス』が実現した。

大塚監督:映画の脚本を書いたのは、『東京アディオス』が初めてなんですけど、これで映画監督としてデビューする以外には、自分としてはありえないだろうと思っていました。

とにかく横須賀のことを描くのに、主人公横須賀。ここを外したら次に進めないだろって。他の作品を書いて、こっちを2作目にするって選択肢も僕にはなかったです。直感なんですよね。

いろんなプロデューサーに脚本を読んでもらって、「面白いね」って言ってくれる人はいたんですよ。でも無名の芸人が主人公って、たぶん成立しないから、「この主人公を売れてる俳優ですれば?」って。

横須賀うんうん。小栗旬とかね。コークスクリュー手〇ンチョとかやってくれたんですかね(笑)

大塚監督:俺の中ではありえないんだけど、一応、候補が誰かを聞いてみたんですよ。じゃあ、「妻夫木聡さんで」って言うんだよ。

横須賀が公衆便所で射精するシーンを撮ってるときに、急にそのことを思い出して。「ここを妻夫木聡が…」って思ったら、あんな真面目なシーンなのに、俺、おかしくなっちゃって。

横須賀を妻夫木さんに演じてもらうってなったら、撮影前に「なんでここでオナニーしないといけないか」ってことを話し合って、すごい緊張感のあるシーンになるものなんですよ。

でも、オナニーシーンとかに関しては今回、一番生き生きとしてやってるから。「ここは任せて」みたいな(笑)

■柳ゆり菜をヒロインに選んだ理由

横須賀以外にも、柴田容疑者、チャンス大城など、本作に登場する地下芸人は本人が演じている。

そうしてキャストへのこだわりを貫く大塚監督がヒロインに選んだのは、女優としてのステップを着実に歩んでいる柳ゆり菜だ。

大塚監督:柳さんの役はある種、男の妄想だから、誰が見ても理想的な女性っていう風に見えないといけないので、幅広く、男だったら誰でも、女性的にいいなと思う人を選ばなきゃいけない。そういう意味で、彼女はピッタリだと思いました。

横須賀の高校時代を描いたシーンは厳密に言うと平成なんですけど、僕の中ではあれは昭和なんですよ。

そんな風に、平成でも昭和でも合うっていうようなイメージも含めて、プロデューサーの方から、いろいろな候補が挙がりましたが、「この役は彼女がいい」って頑なに言ってお願いしました。

横須賀の妄想の中で、何キャラか出てくるんですけど、その誰にも感じない男性はちょっとヤバいなと思います(笑)。どっかは絶対にハマるはずだっていう。

横須賀大塚さんはヤンキー系の女が好きですもんね(笑)

大塚監督:小学校のときからずっと好きだった子が高校に入ったら、いつの間にか(暴走)族の頭の女になってるんだけど、本当はこっちのことも気にかけてくれてたんだっていう最高のシチュエーションです(笑)

横須賀俺はどのシーンも好きですよ。売春婦のシーンも、客席で笑ってるところも。でも、やっぱり客席で笑ってるシーンですかね。下ネタに振り切り出した当時は女子高生とか若い女性が特に多かったんで、ネタをすると引かれるんです。

だけど、舞台袖で観てる芸人たちにはバンバンウケるから、最初は「こいつらを笑わしてたらいいだろ」「芸人を笑わせてるほうがすごくないか」って思ってました。なんですけど、ネタをやってて、女の人の笑い声はやっぱり興奮するんですよね。

俺のネタの中で、マ〇毛学園って高校が甲子園で優勝して、10番くらいまで校歌を歌うってやつがあるんですけど、最初は引いてた女性客が、5番くらいから笑いだして。

耐えきれずに笑いだしたっていうのが、してやった感というか、すごく興奮します(笑)。だから、舞台を観て笑ってくれてるシーンは刺さりましたね。

■面白いことが起こりつつある

大塚恭司

テレビにどれだけ露出しているか。これまで、芸人として成功しているかどうかは、そこで判断される部分が大きかった。しかし、少しずつではあるが、時代は確実に変わってきているように思われる。

いわゆるメインストリームを突っ走る霜降り明星、ハナコらを筆頭とする「お笑い第7世代」として、金属バットやランジャタイ、街裏ピンクといった芸人が取り上げられていることが、そのことを物語っている。

大塚監督:そのタイミングでこの映画が作れたってことですよね。横須賀が今まで長いことずっとやってきて、テレビを通り越して映画になったっていうのは、まさにそういう形だろうなっていう風に思うから。

ロックの時代だったら、ロックをやってる連中が今はお笑いをやってて、その中でもすごいコアなことをやってる地下芸人の連中がすごくロックっぽいですよね。だから、カリスマ性もあるし、そういうことに受け手が一気に気づくんじゃないですかね。

横須賀とか居島一平とかが先駆者として出て、そのやり方を手本にして新しいことをするっていうのが、金属バットとかAマッソとか、あの辺の連中なのかなって感じはします。僕らの年齢で観ても面白いと思うし、面白いことが起こりつつあるんじゃないかと思います。

■お笑いビジネスモデルの変化

横須賀歌麻呂

横須賀俺もこのタイミングで世に出るってことで、第7世代になるんですかね(笑)。金属バットとかがライブで評価されて、その相乗効果で客も増えてて、お笑い界のライブシーンが盛り上がってるなっていうのは感じます。

テレビのほうがネタ番組も減ったりだとか、やれることが少なくなってるんだけど、芸人になりたいってやつは増えてるわけで、ライブでは勢いのあるやつがどんどん出てきてます。

これまでに成功してる芸人のビジネスモデルは、ネタ番組かなんかから出てきて、ちょっとレギュラーを持てるようになって、冠番組を持てるようになったら成功みたいな。

わりとみんな、俺ら世代の芸人はそれを目指してきたと思うんですね。今は時代が変わってきて、そこを目指してない。

東京03みたいな単独ライブっていうショーケースを持って全国回って、それをDVD化してっていう、ミュージシャンみたいなビジネスモデルをやってる芸人も出てきています。お笑い芸人の在り方が多様化しつつあるときだと思うので、すごく面白いです。

ネタに関しても、今まで散々ネタのパターンなんかもやりつくされてんのかなと思ってたら、若手は斬新な切り口で来るんで、ネタを観てると、「これは見たことないないな」ってすごく勉強になるんですよ。

だから、お笑い界はすごくいい感じだっていうイメージがあります。今回の映画を観て、地下芸人を初めて知ったっていう方も多く出てくると思うので、その人たちにはやっぱりライブを観てほしいです。生で観るのが一番面白いと思うんで。

■「まだまだ大丈夫だから」と伝えたい

地下芸人である横須賀の生き様を描いた本作は、自分が信じたことをやり抜く美しさ、冷たく立ちはだかる現実のやるせなさなど、お笑いに特別興味のないという人の心にも訴えかけるものがある内容だ。

最後に、横須賀と大塚監督それぞれに、どんな人に特に観てもらいたいかを聞いた。

横須賀お笑いに興味ない、ライブハウスに足を運んだことがないっていう人に見てもらって、どう思うかを聞いてみたいですね。お笑い好きは言っても好きだと思うんですよ。

お笑いには興味ないけど、映画は好きだみたいな人にも観てもらいたいし、もっと言ったら、お笑いも映画も興味ないって人に見てもらって、そういう人の率直な意見を聞いてみたいです。

大塚監督:僕がこの映画を作ろうと最初に思ったとき、お笑いの状況がこういう風になるって思ってなかったんで、お笑いファンとかお笑い芸人に向けて作るつもりではなかったんですね。

当初は30代とか40代とかで、若いときに持っていた夢を諦めるだとか、挫折しちゃったとか、ここから先が人生面白くなくなるんじゃないかって思ってる人たちに対して、まだまだ大丈夫だからってことを伝えたかったんです。

横須賀が今になって映画の主演を初めて務めることもあるわけだから、ここから先頑張れば、まるで大丈夫だと思うんです。そういう人に見てもらって、「もう一発かますぞ」って思ってもらいたいですね。

・合わせて読みたい→『月曜から夜ふかし』片桐はいりの趣味に「かっこいい」の声 マツコも絶賛

(文/しらべぇ編集部・野瀬 研人

「公衆便所で射精」「生き生きしてた」 地下芸人を描いた映画に衝撃